<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ベランダだってお外ごはん。でしょ? mamalife
f0370669_13430750.jpg

私がパーソナリティーを務めているFMとよみ「キッチンの女王」。昨日の放送で「保育園の連絡帳もんだい」について触れたのですが、放送でも話したように私は完全に育児日記として連絡帳を記入しております。そしたら昨日ね、連絡帳に「夜ごはんをベランダで食べました」って書いたら先生から、「テラスがあるんですか?すごいですね!」ってお返事がきた...。先生ごめんね、こんなフツーのマンションのせっまいベランダだよ...。

ベランダと言えどお外でしょ? 私、屋外でごはん食べるのが好きなのよ〜。そして子どもたちももちろん大好きなの。特に息子。 「おしょとでごはん、たべる? きょう? いま?」とみるみる表情が明るくなるのが可愛いのです。

今朝もお外で食べました。塩鯖ごはんとデザートのかき氷(朝から...)。どちらも手抜きメニューだけど、外で食べるだけでちょっとおいしさがアップする気がするのよねー。テンションも上がる!

大喜びの息子が「ねーねーのおちゃ、いれるね。まってね、もちょっといれる? もちょっと?」と延々とさんぴん茶を注いでました。

f0370669_13431248.jpg

パンダ女現る。

きょうはパパと1日デートとのことで、勝負服着てます(誕生日のときと一緒)。いってらっしゃーい。




[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-26 14:03 | 「キッズルーム」
抹茶スイーツ!


f0370669_22042895.jpg

パレットくもじに入っている「ベルギーワッフル マネケン」。息子がマネケンのワッフルファンであることを知っている義姉が旧盆中に買ってきてくれました。オーブンで温め直して皿に盛ると、あっという間になくなる、写真を撮る間もなく...。義姉は私が抹茶味を好きなことも覚えてて買ってきてくれました。嬉しすぎる...。
息子がすぐに手を伸ばしたのは8月の限定品、「桃と木苺のワッフル~ピーチメルバ仕立て~」。希少性とおいしさ、わかってるなぁ〜。

f0370669_21585738.jpg

抹茶つながり。我が家ではほぼ通年、かき氷を食べています。普段はシンプルにスーパーで買ったシロップをかけて食べてるんだけど、夫が最近新しい食べ方を開発しました。見ての通り抹茶味なんだけど、抹茶シロップじゃないの。グリーンティのパウダーをかけています。水で溶いてかけるのでなく、そのまま振りかけて粉っぽさを感じるのが好き。黒糖かき氷みたいな食感がたまらんのです。これまた旧盆中に義母が手作りしてくれたぜんざいを添えて。


[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-25 22:46
Surf girl in 糸満
f0370669_00365871.jpg

とにかくトンボと蚊が多くて、刺されやすい息子は虫よけパッチを貼っているそばから3匹くらい刺されてしまった。台風が日本付近にいたからか、少しドラマチックな夕景。夫と娘は暮れ行く太陽の日差しを惜しむように、サーフボードを抱えて足早に海へと入って行ってしまった。

f0370669_00370377.jpg
f0370669_00370587.jpg

残された僕も忙しいんだよ。キレイなガラスを拾ってひとつひとつ海へ投げなきゃいけないんだからね。

「イノー」があるからここで遊んでいたら良いよという夫の言葉に従ったけれど、苔の生えた岩場は滑るので息子は入りたがらなかった。それでも海は好きなようで、本人なりに楽しんでいた模様。

私たち同様、家族の波乗りに付き合ってやってきたと思しき女性が一人、3匹の小型犬たちと一緒に浜辺にいた。その中の一匹が相当のがちまいで、何度も私のそばまでやってきてバッグの中身を物色しようとする。美味しいものは入ってないよ〜と言いながら、頭や背中をなでなで。

f0370669_00380363.jpg

到着後一時間ほどで日が落ち、沖から浜辺へと帰っていく他のサーファーたちを尻目に、ギリギリまで粘っていた夫と娘。夕方から夜へと空の色が変わり始めた頃にようやく戻ってきた。「今日は3回(波に)乗れたよ〜! ママ、見えたぁ〜?」と大はしゃぎしているのが可愛い。ボードの上に立とうとしている様子も見えたし、前回より進歩している。

「めっちゃ楽しいからさー、ママもやったら良いのに」

と言うけれど、そして私もサーフィンに興味が(実は)あるけれど、今はまだやめておくね。パパと二人の時間は邪魔しないでおくよ。

[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-24 20:36 | 「キッズルーム」
やっぱりプロが好き。
f0370669_00143454.jpg

撮影前。ながーーい「待ち」の時間。
何もしていなくても熱気で頭がぼんやりしてくるほど、暑い暑い、本当に暑い一日でした。

仕事をしている人というのは皆、それぞれがその道のプロなわけだけど(そうだよね?)、いろんなジャンルのプロが集まる現場は好きだなぁ。
モデルや芸能人のように表に立つ人ももちろんカッコイイけどね。プランナー、ディレクター、カメラマン、スタイリスト、マネージャー...。いわゆる「スタッフ」陣がかっこいいな〜と思ってしまうのはやっぱり、私もそちら側だからかしらね?(笑)

ただひたむきに、でも苦労の陰は見せずに、きっちり仕事をするみなさんを見ていると、私もちゃんとお役目を果たさねばと背筋が伸びる思いがします。面と向かっては言わないけどさぁ、心から尊敬しているし、すんごい好きだったりします、このヒトたち。




[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-23 09:48
寂しい気持ちはしまっておくね。 mamalife
f0370669_11115260.jpg

もう8歳になるだなんて、本当に参ってしまう。正直に言ってしまうと、認めたくない。「あの頃に戻りたい」とか「若かったあの頃は良かった」なんて考えることは一切ないけれど、この子をもう一度育てたいと思ってしまうことは時々ある。それくらい、楽しい楽しい8年間だった。

もちろん育児はこれからも続くわけだけれど、いつか必ず終わりがくる。その日はゆっくりと、しかし確実に近づいている。そのことをひしひしと痛感させられる1日でもある、我が子の誕生日。「おめでとう、健やかに成長してくれてありがとう!」の気持ち半分、「嘘でしょう、寂しいよ...」の気持ち半分。いや、もしかしたら後者の気持ちの方が強いかも...。

毎日毎日、あなたを育てる幸せを私にくれて本当にありがとう。寂しい気持ちはちゃんとしまっておくね。心から、お誕生日おめでとう!



[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-22 15:05 | 「キッズルーム」
大勢の来客時は座卓に変身。オーダーメイドのダイニングテーブル。
f0370669_23311352.jpg

娘たっての希望で、お友達を呼んで誕生日会を開きました。今までは、家族・親族でのお祝いのみだったので初の試みです。夏休みにも関わらず10名ものお友達がお祝いに来てくれたので(写っていない子もいる)、急遽、ダイニングテーブルを座卓に変形させました。どういうことかというと、こういうことです。

f0370669_23312546.jpg

普段のダイニングテーブルはこの高さ。椅子に座って使っています。でも、10名が椅子に座って並ぶにはテーブルの大きさが足りない。そもそも、10脚も椅子がありません。


f0370669_23312325.jpg

そこで脚を取り替えます。このテーブルは、我たち夫婦の意向を細かく伝えて作ってもらったオーダーメイドなのです。普段は椅子に座ってご飯を食べたい。でも、親族の集まりや夫の同僚の集まりなど、たま〜〜に多くのお客様が集うときもある。とはいえ、年に数回のパーティーのためだけに、大きな座卓は買いたくないし、小さなマンションの中にそんなテーブルをしまう場所もない。

そこで夫が考えたのが、脚を2パターン作ってもらうこと。普段は座卓用の脚だけを、クローゼット内に収納しています。

f0370669_23311951.jpg

はい、でーきた。なかなかのアイディアだと思いませんか? 真似していいよ〜(笑)
私はココ↓にお願いして作ってもらいました。

WOODVILLE HOUSE
宜野湾市大山1-10-6
098-890-0304
open 11:00〜20:00
close 火
blog http://woodvillehouse.ti-da.net



[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-22 00:05 | 「my room rules」
「魔法の質問」で心の声を引き出す。自分発見ナビゲーター 我那覇綾子さん
f0370669_16592034.jpg

カードを使い、「魔法の質問」を実際に私に投げかけてくれたのですが、面白かった〜〜〜。質問自体は突飛なものではなかったですよね。非常にシンプルな問いかけなのに、答えていくうちに自分で自分のことに気づいていくっていうプロセスがありありと分かって、ちょっと鳥肌が立ちました。8月第1週のゲストは、自分発見ナビゲーター「あややん」こと 我那覇綾子さんでした。

個人的には、ご主人との関係性についてのお話も印象的だったなー。娘さんはもう高校生、夫婦になってすでに長い年月が過ぎているけれど、「この人は私にとってベストのパートナーなんだ」と気づいたのはここ数年とのこと。ご主人を無理やり自分好みに変えたわけでもはなく、「自分が変わったからかな。ありのままの自分を見せられるようになったからかも」。

子どもや夫だけじゃなく、私たち女性にとってのベースもやっぱり「おうち(家庭)」にあると思うんです。学校や仕事など外の世界がハードでも、おうちが穏やかで寛げる場所であるなら、また明日も頑張れる。逆におうちが荒んでいたら(散らかっていたり、息苦しい雰囲気に包まれていたり...)、回復するどころかダメージが進行する。心がパワー不足で傷つきやすい状態のまま外へ出て、またダメージを受けて帰って来る...っていう悪循環にも陥りかねない。

帰りたくなるおうちを作るのは大人の役目の一つだと思うんだけど、夫婦間がギスギスしていたらお話にならないわけですよね。綾子さんを見ていると、いかにも穏やかで楽しそうな家庭が透けて見えるようでした。自分のことが分かっていれば、自分のご機嫌を保つのが難しくなくなるから。他者を責めることもなくなってくるから。

冒頭で触れた魔法の質問ですが、たった1つか2つの質問で、自分に思いやりが欠けていることに気づかされた私です。ちょっと心に余裕がなくなっていたかもしれないなぁ。綾子さんが投げかける質問で、これまであなたがその存在に気付かなかった別の自分に出会えるかもしれません。


[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-18 16:05 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
マタニティフォト。白肌に映えるボディジュエリー。


f0370669_08563967.jpg

肌が白く儚げな雰囲気の妊婦さんに、MALIBU・仲宗根美紀さんが施したボディジュエリーがよく合っていました。

f0370669_10340609.jpg
f0370669_10360325.jpg

お一人で撮ると「女神さまみたーい!」とおもわず声が出てしまうような、神聖な雰囲気で美しかったけど、ご主人と一緒だとまーっこれが可愛い!自然な笑顔がキュートだし、この表情を引き出すご主人との関係が良いなぁ〜と。

ご主人もイケメンだったので、かぶっていたハットを「顔が隠れてもったいないから」という理由で脱いで脱いでー!とお願い(命令?)。ハット無しが断然良いです!(自己満)。

f0370669_10335582.jpg

撮影料金はコチラ。MALIBUさんでボディジュエリーの施術を受けると、かなりお得な金額になりますよ〜。

さて。今日はウンケー(沖縄旧盆の初日。「お迎え」の意)ですね。私は午後から義実家へ行き、ウンケージューシーづくりのお手伝いしてきます。





[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-15 09:14
「キッチンの女王」って料理番組じゃないよ。女王って実は、あなたのことです。
f0370669_10510886.jpg


キッチンの女王とは私がパーソナリティーを務めるラジオ番組のタイトルなのですが、「キッチンの女王っていうから料理番組なのかと思ってたー」と言われること、多々あります。「SAYOさん、女王様にご即位なさったんですね〜」などと茶化されることも...(笑)。どうやら誤解を招きやすいタイトルのようです。タイトルの由来については第一回の放送でお話ししたのですが、聴いてない方が殆どですよね。

主婦に役立つラジオ番組をやりたい。

これが一番最初に考えた番組コンセプトでした。楽しいゆんたくに終始する番組も素敵だけれど、忙しい主婦がわざわざ耳を傾けてくれるのだから、何かしら得るところのある番組にしたかったんです。番組を聴いたことで普段のくらしがちょっと便利になったり、やりたいことが見つかったり、作ってみたいレシピに出会えたりと、主婦にとって有益な「情報」を伝えるラジオにしたい。そういう想いから「主婦を応援する情報番組」を自称しています。

私個人の主婦の定義は、「外で働いている・いないを問わず、子供の有無を問わず、結婚して(または離婚して)家庭を持っている女性」を指します。言い換えると、配偶者か子どもがいる女性です。そういう方のお宅ではほとんどの場合、キッチンにいる時間が家族の中で一番長いのは「主婦」だと思うのです(稀にご主人が主に調理を担当している家庭もあるでしょうけれど)。

つまりキッチンを国に例えるならば、我々主婦はその国の女王のようなものだなぁと思ったのです。キッチンにおいては主婦こそがすべてを司る主人であり、主役でもありますよね。家庭においては「妻」や「母」、職場においては「社員」や「店員」などいろんな肩書きを持っていると思うけれど、いかなる主婦もひとたび自宅のキッチンに立てば女王さまになれるのよ!...という、そんな考えからこのタイトルをつけました。今でも気に入っています。

「SAYOさんって料理が好きで得意だからこんなタイトルにしたと思っていたー」って? いやいやとんでもない。むしろ料理ベタなので、みなさんの得意レシピを教えてもらっちゃおうと思い、「我が家の定番100文字レシピ」というコーナーを番組冒頭でやっているくらいです。

でもね主婦である同志のみなさん、キッチンって愛おしくないですか? 私はお好み焼きすら失敗することがあるほどの料理ベタですが、決して料理が嫌いなわけではありません。毎日毎日ご飯作るのって面倒臭いなーと思うことも正直言って多々ありますが、自分のために家族のために、冷蔵庫の中身と相談しながら献立を考えたり、きれいに食べたあとの弁当箱を洗ったり、子どもと一緒にお菓子を焼いたりする嬉しい時間はキッチンにあります。

f0370669_10513227.jpg


決して広いとは言えない集合住宅に住んでいる私にとって、キッチンは書斎でもあります。我が家に来たお友達がキッチンを見ると、大抵目を丸くしてこう言います。「SAYOさんってパソコンそこにおいてるんだねー」と。クックパッドを見ながら料理を作ったり、仕事のメールにぱっと返信したり、ふと頭に浮かんだアイディアをメモしたりと、キッチンにパソコンを置くと何かと便利なのです。それはひとえに、私たち主婦がキッチンにいる時間が長いという状況が導いたベストポジションなのでしょう。

キッチンは私の王国なの。本当にそうなんです。あなたのキッチンはあなたの王国です。そして私たちはその国の女王です。我々の気分ひとつで夕飯の品数が減ったり、逆に豪華な食卓になったりする。我々の元には時に小さな民が「お料理手伝わせて〜」とやってきたり、学校でのできごとを事細かに報告しに来たりする。疲れて帰宅した民に冷えたビールを注いで出したり、洗い物をしながら民の話に耳を傾けたり。一人静かな時間にはそこで書き物をし、淹れたてのコーヒーを立ったまま飲んで一息つく。気が向いたら普段より念入りに掃除をし、使いやすいように用具の配置を変えてみたりする。少しでも居心地のいい国にするために。

そんな愛おしい場所で、我われ女王たちは今日も気高く野菜を刻み、フライパンを振るのです。



[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-14 17:57 | ※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
毎年この日は必ずここで。約束の店「le Bistro Montmartre」 oishii
f0370669_12405824.jpg

写真で受ける印象より、ずっとヴォリュームがあるメインのステーキ。編み目の焼き跡も美しく、香ばしい匂いがふわっと漂う。これよ〜、これこれ。待ってました〜! 一気にテンションアップ。ナイフで切る時間すらもどかしい、早く食べたい。しっかり赤みの残った絶妙な焼き加減を確認してから口に運ぶ。あぁ、肉ってこんなに旨みがあるんだわと毎回再認識させてくれる味わいなのです。二口目は、前もって運んできてもらっていた岩塩をつけて。この塩がまた素晴らしい。初めて食べたときに夫がスタッフさんを呼んで塩について尋ねたくらいおいしいの。

「最高だね」
「やっぱり、間違いないね」

毎年この日は必ずここに来ると決めています。モノレールおもろまち駅近くの le Bistro Montmartre(ビストロモンマルトル)。本格フレンチをカジュアルな雰囲気と値段で楽しめる良心的なお店です。腕をふるうのは、東京やパリの名店で修行を積んだ押しも押されぬ実力派シェフ。ああ、沖縄に来てくださって本当にありがとう。

f0370669_12404824.jpg

「去年もジャガイモのスープだったよね」と夫。「そして温かいポタージュとビシソワーズをそれぞれ頼んでシェアしたんだよ。それも一緒」。そうだったっけね。

f0370669_12405483.jpg

私はここのステーキと同じくらい、魚料理のファンでもあります。どちらか一つと言われてもどうしても選べないので、メインが二種選べるランチに決めてます。どこまでも丁寧に調理されているから、これ以上ないくらいシンプルな味付けなのにハッとするほど美味しい。
f0370669_12410734.jpg

予約の時点でコースを注文しているからか、必ず奥の席に通してくれます。ゆっくりできるのでもちろんありがたいんだけど、写真の事を考えると自然光が気持ちい入り口近くの席の方がいいんだろうなぁ。とこれまた毎年のように思っています。

夫婦の大切な記念日はここで、という約束の場所みたいなお店があるって幸せです。「ねーどこに行く〜?どこか良いところ知らないの〜?」と店選びの重責を押し付け合わなくて済むし、今年も二人でここに来られたねという幸せも感じられるから。「これからもよろしく」と、来年もまたここでグラスを上げようね。
f0370669_12411082.jpg
le Bistro Montmartre
那覇市真嘉比1-1-3 エリタージュK1F
098-885-2012
open 11:30~14:00(日・祝 11:30~14:30)/18:00~24:00
close 月
HP http://www.montmartre-cafj.com
blog http://www.montmartre-cafj.com/blog/bistro


[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-13 18:22 | そとごはん



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
メールスペシャル
そとごはん
こどもとごはん
メールスペシャル
話す仕事
未分類
最新の記事
アラフォーからのヘアケア事情
at 2018-01-22 21:07
大寒卵(だいかん たまご)収..
at 2018-01-18 20:43
インフルエンザ警報発令.....
at 2018-01-17 11:52
初夢のインパクトの強さ...
at 2018-01-13 09:02
キンカンを買ったものの...
at 2018-01-12 16:58
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル