<   2015年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
真琴さんのおいしいご飯@ボノホ
f0370669_00523120.jpg


初対面でこの爆笑ぶり。この写真を見ながらしみじみと思いました。こういう空気感って、今だからこそかもなーって。10代や20代の楽しさとはまた違う気がする。結婚し、子供を産み育て、仕事に家事にと日々忙しく過ごしているとさ、同じように(きっと)頑張っているであろう主婦なかまと知り合った時、言葉には出さずとも「毎日大変だよね、でも楽しいよね、そしてがんばってるよね我ら」みたな一体感が生まれる、気がする。そう思いませんか?

f0370669_00523152.jpg


ただ世間話をしているだけなのに、すごく励まされる。愚痴の言い合いとかしなくても、言外で語り合えている感じ。そうだそうだ、10代20代、そして30代前半くらいまでは、愚痴が多かった気がするなぁ。今はそうじゃない。大人になるって、ストレスと自ら距離を置けるようになるってことなのかも。

f0370669_00523286.jpg


真琴さんは、陶芸家・佐藤尚理(なおみち)さんの奥様で、ご自身も布ものの作家さん。そして、以前はボノホの喫茶部門も切り盛りしていたほどの料理上手さんです。おしゃべりしながらご飯の用意をしてくれていた真琴さんが不意に、「ねえ、おにぎり作るの手伝ってー」と、私たちをキッチンに誘ってくれた時は、びっくりではなく嬉しかったなぁ~。こういうこと言ってくれる真琴さんってサイコー!って、内心飛び跳ねて喜んだ。まあ結局、キッチンで立ち話が盛り上がり、おにぎりじゃなくそのままのご飯をお皿によそうことになったんだけど(笑)。

f0370669_00523230.jpg


真琴さんと山内商店の山内さん。絶対にこの二人を引き合わせたい!と思った理由は、二人がいろんな意味で似ているからです。二人とも布もの作家さんであるだけでなく、高身長、サバサバした性格、髪型まで似てる。そうしたらこの日、二人が着ていたトップスまで酷似。帰る間際に二人並んで記念撮影までしていて、可愛かったなぁ。
でもね、やっぱり二人が主婦であることも、大きな力を持つ共通点な気がするのです。

f0370669_00523263.jpg


素材の組み合わせはシンプルなのに、どうしてこんなに美味しくなるんだろう。ご主人の作品であるうつわ達の力もあるのだろうけれど、素朴で贅沢な味わい、美味しくて美味しくて。

f0370669_00523270.jpg


佐藤さんはコーヒーに関しても玄人裸足です。自分で焙煎したコーヒーに、適温まで冷ました湯をなんと、ぽたり・ぽたりと一滴ずつ垂らして蒸らす。「できる?あんなこと」「いや、できんよぉ~」って、私なんかは即答しちゃいます。

f0370669_00523361.jpg

f0370669_00523313.jpg


そのマメマメしさはやっぱり、作品にも表れていますね。等間隔に描かれた細かな点をみて、「やっぱり私にはできんわぁ~」と思うのでした。

f0370669_00523344.jpg


なんだかんだ言っても、娘ちゃんの可愛さが圧倒的で、佐藤家の記憶の半分くらいが「娘ちゃん、かわいかったなぁ~」であることを白状します。

ああ、主婦の集まりって楽しいよね。次回は豊見城でやろうねーと誓い合い、さようならしました。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-31 22:59
ボノホでの一日。
f0370669_00523462.jpg


2年ぶりにお邪魔しました。お店までの道中もおかしかった、笑った。道に迷って珍道中。おかしいなぁ、初めての道じゃないのに。どうにかたどり着いた「うつわ ボノホ」さんの玄関に入るなり、すっかり変わったその間取りにまず驚きました。新しい壁ができていたり、あったはずの壁がなくなっていたり。納品まで数ヶ月待ち必至の人気陶芸家・佐藤尚理(なおみち)さんは、家のリフォームだってお手の物なのです。

f0370669_00523409.jpg


f0370669_00523437.jpg


うつわだけじゃなくて佐藤さんの彫刻も、わたし好きだなぁ~。端正なフォルムで、一見するとシンプルに美しい作品なんだけど、佐藤さん自身に秘められた魅力的な棘(とげ)や歪みのようなものをじんわり感じられるところがたまらない。

f0370669_00523450.jpg


f0370669_00523523.jpg


佐藤夫妻の自宅でもあるお店は、開口部が広く、初秋のやわらかな光がたっぷり降り注いですごく気持ちが良い。うつわたちものびのび寛いでいるように見える。

f0370669_00523599.jpg


こんなウッドデッキがあるなんて反則だと思いませんか。マンション住まいの私は「いんちきー!」と足を踏みならしたくなります。

f0370669_00523565.jpg


あっ!
...ごめんなさい、本気で怒っているわけではないのよ。ただ羨ましいだけなの。そんな大きな瞳で見つめられたらもう、何も言えなくなっちゃうわ。
ご無沙汰していた間に、佐藤家に新メンバーが加わっていました。

f0370669_00523542.jpg


この棚の向こう側がお店、こちら側がプライベートスペース。今回、「こちら側」にもお招きいただき、おいしいあれこれまでご馳走になっちゃいました。その様子はまた次回に。



うつわ ボノホ
南城市 佐敷手登根65
open 水・土 (12:00~17:00 )
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-30 08:00
オイルクレンジングはアラフォーにはご法度?
f0370669_00523630.jpg


現在37歳のわたし。30歳になったばかりの頃、友人から「クレンジング何使ってる?」と訊かれ、迷わず「オイル一筋だよ~」と答えました。「ちょっとちょっと、アラサーが選んじゃいけないクレンジングだんとつ1位じゃない? オイルクレンジングは!」と笑われたんですが、しょうがないのよー。何度かミルクやジェルタイプに挑んだけど、その都度吹き出物に悩まされ、いつもオイルくんの元に戻っちゃうの。やっぱり私、あなたじゃなきゃダメなのよ、他の人がなんと言おうと...。

そんな私もアラサーに別れを告げ、いよいよアラフォーに突入。先日行った図書館では、こんな書籍に手が伸びました。

f0370669_00523640.jpg


どちらも30分くらいでササッと読めるし、筆者の個人的な価値観がぎっしり詰め込まれていて面白かったんですが、読んでいてドキっとさせられたのが「これからの暮らし方」。衣・食・住・緑・美 の五つのジャンルで活躍する女性が、それぞれのこだわりを語っているんだけど、そのなかで「美」の専門家が断言していたの。「クレンジングはミルクかクリームタイプで。ダブル洗顔は不要」と。さらに「クレンジングを変えるだけで肌はすぐに変わります。特におすすめなのはオーガニックのもの」とも。

私の数少ない長所は「なんでもすぐにやってみる」ところ(無謀とも言う)。これまで数々の非オイルクレンジングくんたちと悲しいお別れをしてきたけれど、わたしがアラフォーになった今なら、うまくやっていけるかもしれないじゃない。

そこで、美の専門家が勧めていた何種類かのオーガニック化粧品を検索、トライアルセットのあるニールズヤードをチョイスし、早速注文してみました。

f0370669_00523706.jpg


三日後くらいに届いた。箱が大きくてびっくり。だってトライアルセットだよ?

f0370669_00523786.jpg


なーんだ、中身はこんなに小さかった。そりゃそうだよね。

f0370669_00523778.jpg


クレンジングミルク、洗顔フォーム、化粧水、保湿クリームに、おまけとして2回分の美容液が入っていました。すぐに使い始めて今日で1週間くらいになるんだけど、なかなか良いです。今のところクレンジングによる肌荒れもありません。ざらつきが気になるときは、ぬちまーすでマッサージしてます。そうそう、ダブル洗顔もやってないよ。だから洗顔フォームが減りません。洗顔しなくても汚れはきちんと落ちている感じがするし、クレンジングあとのしっとり感がクセになります。夜はクレンジングだけして化粧水+クリーム、朝は化粧水ふきとり+クリーム。シンプルなので続けられています。
それと、ハーバル系の香りがすごく良い! 特に保湿クリームがしっかり香るので、普段クリームを塗るのを忘れがちな私でもしっかり使えています。これからの肌の変化が楽しみだなぁ。とりあえず、クレンジングミルクは現品注文しようと思っています。

暑くてやる気のそがれる夏が終わり、美容のことにも気が回る季節になりました。今年は少しだけ、「美容の秋」意識してみます。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-28 13:47 | 「キレイのレシピ」
むーんは私のことが大好き説
f0370669_00524009.jpg


遅めのお昼寝で子供と寝すぎちゃった日、目が覚めると外はもう薄暗くて、リビングに行くと空が綺麗でした。
息子がすぐに窓に駆け寄り、空を指して「むーん! むーん!」と。

f0370669_00524072.jpg


むーんはいずこ?

f0370669_00524187.jpg


あった、「むーん(moon)」。
息子だけでなく娘も、小さいときからずっと「ムーン」と呼んでいるけれど、別に英語が得意なわけではもちろんなくて単純に、「おつきさま」とか「つき」よりも発音が簡単だよね、ムーンのほうが。
そうそう、7歳の娘はいまだに、「ムーンは私のことが好きだから、家にまでついてくる」説を信じています。自然の摂理を本人が学び知るまでは黙っておこう。

f0370669_00524100.jpg


実際の暗さはこれくらい。日が落ちるのが早くなりましたね。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-25 21:00
カリホクおいもスティック
f0370669_00524103.jpg


なんだか最近レシピブログみたいになってる。でも、紹介せずにはいられないくらい美味しかったの。これまた人様のレシピだけど。→コチラ

スティック状にカットしたさつまいもに片栗粉をまぶして揚げ焼きにし、粉砂糖とシナモンと塩をまぶすだけ。最初は弱火で8分ほど焼き、最後はカリッとさせるために強火で。だから少し時間はかかるけど、工程はとっても簡単だし、調味料もシンプルなところがいいね。

f0370669_00524256.jpg


くれぐれも塩をお忘れなく。塩っけがポイントな気がします、このレシピ。癖のある香りが苦手な娘でも、シナモンシュガーは大丈夫でした。大人はもちろん好きですよね、シナモン。大きめのさつまいも一本丸ごと使ったんだけど、約半量を1歳の息子が、残りを私が食べちゃいました。夫や娘のぶん残らず。また作ろう。

ちなみに今朝は、朝食後のデザートに3分でできるチョコなしブラウニーまた作ったよ。飽きないわ~。初めてちゃんとボウルに入れて泡立て器で混ぜてみたら、ダマなしで綺麗にできました。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-24 18:53
クレマチス、撮りそびれ、なちぶさーのシンガーについて。
f0370669_00524233.jpg


「クレマチスがドライフラワーになるのは珍しいんですよ」
と、大好きな花屋さんで教えてもらいました。クレマチスという花も、ドライフラワーになりやすい花とそうでない花とがあることも知らなかったなぁ。店内に飾られている多種多様なドライフラワーはどれも魅力的で、華やかなものも秋らしくしっとりしたものもあったけれど、このしっかりと「枯れた」感じがたまらなくて即決めでした。

帰宅して、さあどこにどうやって飾ろうか、ただ棚に横たえてもいいし、吊るしてもいいなぁなどと迷いました。でもものすごく喉が渇いていたので、ちょっと炭酸水を飲んでから...それまでここで待っててと、アンティークのキャンドルホルダーにさしたら思いの外しっくりきて。しばらくここを定位置にしてみます。

Detail full
那覇市金城5-8-10
098-858-2828
定休日/日・月
11:00~19:00

昨日は生放送が終わったあと、ずっと楽しみにしていた美容室に行ってきました。何ヶ月もほったらかしていた髪の毛を整えたいのと、いつもおしゃべりが弾むオーナーさんに近況報告がしたくて。ああ、ちゃんとカメラを持って行ったのに、話に夢中ですっかりお店を撮りそびれました。今度きちんと撮影してからご紹介しますね。というか、Detail full さんでもおしゃべりに夢中で撮るの忘れたし...。私の一眼レフ、リマインダー機能とかないかしら。「ほら、早く撮れよ!」って(キムタクの声で脳内再生された)。


昨日ゲストとしてご出演いただいた甲斐聖子さん。

f0370669_00524302.jpg


武道館で3年連続歌われたという経歴を持つシンガーさんですが、そういうのを絶対に自分からは言わない甲斐さん。泣き上戸な私が「私より涙もろい人がいたのかぁ」と驚いたほどナチブサーな甲斐さん。娘のピアノの先生でもある甲斐さん。あーあ、転勤なくなればいいのになぁ...。寂しいけれど、甲斐さんにとってはシンガーソングライターとしても大きな転機になりそうです。沖縄から応援し続けよう。

甲斐聖子さんのblog
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-23 10:00 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
親子サーフィン@砂辺
f0370669_00524313.jpg


ラジオのオープニングでもお話したように、先週末は北谷までサーフィンしに行きました。息子、腕に何かを抱え込んだままめっちゃ走る。嬉しそう。

f0370669_00524396.jpg


サーフィンするのは夫と娘だけ、私と息子は応援係です。この日のために、しまいこんでいたロングボードを引っ張り出してきて、娘と一生懸命ワックスをかけていました。子どもが生まれてからというもの殆どやってないので、サーフィンは5年ぶりくらい、ロングボードを使うのは10年ぶりくらいとのこと。

f0370669_00524306.jpg


サーフィンと言っても娘はボードにしがみついている感じです。夫は何度か立っていたけど、波もそんなに大きくなくて、のんびり楽しんでいました。
私は未経験なんだけど、こうして波に押されて「さーっ」と進むだけでも楽しそうですよね。娘も夫もずっと笑顔でした。

f0370669_00524419.jpg


息子が腕に抱え込んでいたのはこれ。最近肌身離さず持っているお気に入りの3台を堤防に並べる遊びに夢中でした。抱き上げると、「ねえねー!ぱぱー!」と呼び、手を振ったりも。楽しいね~。

f0370669_00524472.jpg


海から上がるとかなり寒いらしく、ブルブル震えていた娘は1時間ほどで切り上げてお着替え。パパが一人で波に乗っているところを見て、「パパすごいね~」と感心していました。おお、サーフィン体験はパパへの尊敬の念が増すという面でも良いかもね。

f0370669_00524406.jpg


砂辺に来たらやっぱりランチは浜屋そばですよね。麺がちゅるちゅる、スープはあっさりとしていておいしかったです。

この日は朝から繰り出して、結局夜まで外で遊んだんだけど、子どもたちだけでなく私も夫も楽しめました。なんだか疲れてるなーっていう時こそ、家でゆっくり休むのではなく、自然に触れる時間を持つ方が疲労回復の面でも良いという話を読んだことがあります。それ、わかる気がするなぁ。この日は本当に休む間も無く遊んだ!って感じだったけど、不思議と疲れは感じなくて、逆にエネルギーがチャージできた気分だったもん。夫なんてね、何度も何度も「今日楽しかったねー」と言ってました。実はインドア派なのに!

それにね、こうして一日中子どもと外遊びできるなんて、長い人生のうちほんの少しの期間だけなんだよね。今週末もめいっぱい遊んじゃお~っと。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-22 11:00
チョコを使わず3分でできるブラウニー
f0370669_00524465.jpg


ここ2週間くらい、ほぼ毎日作ってるレシピです。ブラウニーなのにチョコを使わない、しかも3分もあればできちゃう!ラジオで紹介したいのはやまやまだけど、これ我が家のレシピじゃないんです。コチラを参考に作ってみたら、簡単でおいしくてヒット! 夫も子どもたちも喜んでたべます。作り方をご紹介~。

f0370669_00524504.jpg


①市販のミルクココア大さじ4を、湯大さじ2で溶かす。

f0370669_00524563.jpg


②片栗粉と小麦粉をそれぞれ小さじ2ずつ入れて混ぜる。

はい、ふゆーしてます。①の写真の通り私いつも、こうして計量スプーンで混ぜちゃいます。もれなくダマができます。その前に、材料入れるのが毎回お椀なのがまずいけません。ダマを作りたくない方はちゃんとボウルに入れて泡立て器で混ぜましょう。

f0370669_00524558.jpg


適当な大きさのカップに入れます。今回もやっぱりダマができています。全然気にならないタイプの私はまさかのA型です。

③500wのレンジで1分10秒温めたら出来上がり~。

f0370669_00524543.jpg


粉砂糖をふってダマを隠しちゃいます。

どうやら、片栗粉のおかげでもっちりした食感になり、チョコレートで作ったようなブラウニーになるらしい。とはいえ、片栗粉の入れすぎには注意が必要です。ふゆーしすぎて目分量で入れすぎてしまったことがあるんですが、もっちり通り越してパサパサになっちゃいました。

手順を見ても分かる通り本当にお手軽にできます。沖縄もようやく秋めいてきて、朝晩は涼しいですよね。温かい飲み物に合うブラウニーは、今の季節にぴったりなスイーツだと思います。今夜の食後のデザートにいかがですかー?
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-21 11:15 | 「我が家の定番100文字レシピ」
キッチンは楽し
f0370669_00524671.jpg


7歳の娘はものづくりが好き。というか、これくらいの年齢ってみんなある程度そうじゃないかな? ちょっとした箱とかも「ママ~、それちょうだい。工作するから~」と、なんでもかんでもとっておく(使われることがないまま、ほったらかしになっていることも多々)。私が台所に立っていると「お手伝いした~い」とやって来る(大抵、よけい手間がかかる)。休日ともなるとクッキーやらケーキやら、やたらとお菓子を作りたがる(計量・まぜまぜ・型抜きが特に好き)。

こういう好奇心は大事にしてあげたいので、骨身や時間を惜しまずにやらせてあげることにしています。思い返すと私は、母とおかし作りなんてした記憶ないなぁ~。やりたいなーと思った記憶もないけれど。母は仕事や介護に忙しい人だったし、私は田舎育ちで外遊びも大好きだったから、そういうことにあまりフォーカスすることがなかったのかもしれない。
だけど、台所に立ちたい気持ちはよく解る。自分もやっぱりそうだった。父に見守られながら初めて包丁を握ってやった事が、柿の皮むきだったことも覚えてる。フライパンを使って最初に作ったのがオムレツ(もどき)だったことも。

f0370669_00524683.jpg

右が娘作。左(私作)よりずっと可愛い。と思うのは親バカゆえ?

娘よ、そして台所仕事を手伝うにはまだ早い息子よ、キッチンは楽しいよ。自分で作った料理は格別においしいしね。家族が笑顔で食べてくれたりしたらもう、たまらないんだから。やけどしたりちょっと指を切っちゃったり味付けを失敗しちゃったり、そういうアクシデント付きなのも良いよ、思い出に残るからね。これからも一緒にいろんなものを作ろう。そして食べよう。

と、キッチンの女王は思うのでした。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-20 13:30
徹底討論 「(ふきん改め)台拭き」問題!
f0370669_00524676.jpg


台拭きって皆さんどうやって洗ってる? どれくらいの頻度で?
ラジオ番組が始まったら絶対にとりあげたいと思っていたテーマ、それはこの「台拭き」問題についてなのよ~。

人のお宅の台拭き事情、気にならない? わたしだけ?というのもね、うちのキッチンはちょっと油断すると2~3枚、ひどいときには5枚くらいの台拭きがぎゅっと絞られてコロンとした形になったまま、きれいに洗われるのをじっと待ってるんです。使ってすぐに洗えばいいのはわかってるんだけど、キッチンハイターでしっかり漂白したほうがいい気がして。しかも1歳児がいるのでお手ふきも毎食時使う。2~3枚なんてあっという間にたまって、シンク近くに身を寄せ合うことになる、というわけ。

我が家の台拭き・ふきん洗濯状況は、今の所こんな感じ。↓

台拭き:1日1枚使用、漂白後に食器用洗剤で手洗いして外干し
食器拭き:2~3日に1枚使用、洗濯機で洗って外干し。
お手ふき:1日2~3枚使用、食器用洗剤で手洗いして外干し。

ネット情報によると、台拭きに付着している雑菌ってものすごい量らしく、洗濯機で洗うのはおすすめできないとのこと。それを知る前は、台拭きは漂白後に手洗いして、さらに洗濯機で(台拭きのみ)洗ってましたが...。そこまでしていたら雑菌も死滅していそうな気がするんだけどどうだろう? 煮沸消毒も良さそうだよね。
「我が家はこうして洗ってるよー」っていう、日常を教えてください。おすすめ洗剤とか洗い方とか、特になくてOK! いや、あったらもちろん嬉しいけど、みんなどうしてるのかしら~っていうのが気になっている私です。そして、良さそうな洗い方があったらマネしたい⭐︎コメント欄でも、右サイドバーにある「メッセージ」からでも、FMとよみのメールアドレス宛(kitchen@fm-toyomi.com)でも大丈夫、お待ちしてます。

写真の布は布巾ではありません。山内商店でゲットしたお気に入りなので、汚したくないもーん。

それとそれと、美味しそうな焼き菓子、いいでしょ~。知る人ぞ知る豊見城の隠れ家的おかしやさん、le pomme(ルポンム)さんに久しぶり行ってきました。以前取材してご紹介したら、「たどり着かない」「詳しい場所を教えて」などなど、問い合わせを沢山いただいたお店です。土地勘のある豊見城市民なら辿りつける可能性高くてラッキーかも?! le pomme さんのお菓子は食のプロの方たちにも人気で、市外から通うフードスタイリストさんもいるほど。私もこちらのマカロンを食べて初めて、マカロンって美味しいお菓子なんだ!って知りました(それまではただ可愛いだけのお菓子だと思っていたの)。

le pomme
豊見城市我那覇383‐78
TEL:090‐1843‐0862
FAX:098‐850‐7005
open 11:00~19:00

お気に入りのカップは、那覇の「よかりよ」さんで。使うたびにうっとり眺めちゃう大好きなカップで飲むとまあ、適当に淹れたティーも非常に美味しく感じるのです。

さ、今日も布巾洗うか...。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-19 14:27 | 「my room rules」



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
メールスペシャル
そとごはん
こどもとごはん
メールスペシャル
話す仕事
未分類
最新の記事
アラフォーからのヘアケア事情
at 2018-01-22 21:07
大寒卵(だいかん たまご)収..
at 2018-01-18 20:43
インフルエンザ警報発令.....
at 2018-01-17 11:52
初夢のインパクトの強さ...
at 2018-01-13 09:02
キンカンを買ったものの...
at 2018-01-12 16:58
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル