カテゴリ:そとごはん( 30 )
大阪仕込みの本格イタリアンランチが1000円で。「Italian Poco あまら」
f0370669_15225380.jpg

「海老のトマトパスタ」と聞いて想像していたのが、よくあるまったり濃厚なトマトソースだったので、一口食べてそのピリ辛な味わいにびっくり。でも、このスパイシー加減がすごく良い!辛すぎず、でもしっかり辛い。魚介と野菜から出る出汁もまた、しっかり麺に絡んでいて美味しいのです。
トマトパスタといってもトマトクリームでもミートソースでもなくて、ベースはオイル(かな?)。ちょっと体調を崩していた私には一層嬉しい、元気が出そうなパンチのある味でした。

大げさなことは言いたくないんだけど、こういうパスタって食べたことなかったなぁ。良いなあ、スパイシーなトマトパスタ。
とすっかり惚れ込んで、二回目に訪れた時もやっぱりトマトパスタをオーダーしたのでした。

f0370669_14583072.jpg
パンも一から手作りしていて、手間暇かかってます。ハーブがほんのり香る、パスタに合うパン。もっちり弾力があります。
最初に出てくるサラダにも一捻り。スターフルーツが添えられていたり、ドラゴンフルーツが入っていたり。

県産野菜をたっぷり使っているのはわかるのだけど、いわゆる「沖縄感」はそれほど強く感じさせなくて。うまいことイタリアンに採り入れているなぁと感心しちゃいます。

友人とのユンタクに花が咲いてすっかり撮り忘れてしまいましたが、デザートのパンナコッタも大人な風味で良かったです。バニラビーンズがしっかり香ります。

サラダ、パン、メインのパスタにデザート、さらにはコーヒーや各種ハーブティーなどのフリードリンクがついてジャスト1000円(税込)という手頃すぎる価格も嬉しい。

我が家のすぐご近所にあるので、「こんな名店、絶対よそに移って欲しくない!」と勝手に宣伝を頑張るつもりでいましたが、2回目に訪れた際にはひっきりなしにお客さんがやってきて、あれよあれよという間に満席に。私が骨を折る必要は全然なさそうです。

良店の噂がすぐに広まるのは、きっとどこも一緒なのね。

f0370669_14583034.jpg
Italian Poco あまら
豊見城市高嶺391-1 2F
open
11:30〜15:00(LO14:00)
18:00〜22:00(LO21:30)
close 水
駐車場2台分あり



[PR]
by okinawa-sayo | 2017-11-20 15:18 | そとごはん
スイーツ並みに甘く香る豚肉ステーキ。飼料からこだわった上質な豚肉料理を堪能。紅あぐー直売所「がんじゅうファーム」
f0370669_17092139.jpg
運ばれてきた時、アイスクリームみたいな香りがしたのよ、本当に。それほど甘いということか。
油が飛び散らないようシートが被せられて登場したのは....

f0370669_17092251.jpg
じゃじゃーん、出た〜。紅豚骨付きロースステーキ!
やっぱり香りが甘い。ギャートルズ的肉厚ステーキ、しかも紅豚! なんて贅沢...。

おそらく味付けはほとんどされてないのにすごく美味しい。十分旨味があるからそのままで良い。むしろ、味付けしたくない。紅豚本来の味をしっかり楽しめるから。


f0370669_17103005.jpg
私はこちらにしました。喜納農場で育った紅あぐーのハンバーグ。

f0370669_17103074.jpg
箸で切り分けたら、思わず鼻に近づけて香りを嗅いじゃいました。豚肉にありがちな臭みが一切ないの。丁寧に育てられた豚の肉ってこんなに良い香りがするんだ...って、しばらくボケーっとしてしまった。じゅわーっと溶け出した脂身が滴ります。

なんて美味しいの。一口食べるごとに元気になれる、力がみなぎって来るあの感じは、上質な肉を食べたときにしか味わえない感覚なんだよなぁ。

f0370669_17092121.jpg
なんとお得なビュッフェ付きだったんですが、ここの豚汁がものすごかったんです。

f0370669_17103043.jpg
融点が低いために溶け出した豚肉の脂が甘くて美味しい。しかも、サラサラしていて全然しつこくない。豚肉も厚みがあるのに、ほろほろ崩れるように柔らかくて、もう感動!
メインが運ばれてくる前から放心状態。「なにこれ、なんなの、美味しすぎる...」
ビュッフェが充実していてサラダもあるんですが、サラダは後でお腹に余裕があるときに食べるべし。(大きな声じゃ言えないけれど、でも書いちゃうけれど)野菜食べてる場合じゃない。豚、豚! こんな美味しい豚汁をビュッフェで食べられるなんてサイコーです。

「...家族に持って帰りたいね...」

と友達がポツリ。ほんとよ、「この美味しいの食べて!」って言いたくなるよね、大切な人に。次は家族を連れて来るしかないね!と頷き合いました。

f0370669_17092140.jpg
野菜ももちろん美味しいですよ!

f0370669_17092023.jpg
こんなして置いてあったら取りたくなるじゃん、野菜だってツヤツヤで美味しそうなんだから。

f0370669_17092027.jpg
満腹でもお代わりしました、豚汁。幸せ...
f0370669_17103161.jpg
ロケーションもサイコーなんです。読谷の渡具知ビーチを眺めながら食べられる。
このビーチがまたのんびりしていて良い。人もまばらで、外国人が犬の散歩していたり、お母さんと赤ちゃんが浜辺を歩いていたり。
空が青くて、遠浅の海には穏やかな白波が立っていて、静かで、平和で、豚肉は美味しくて。

穴場レストランかな?と思いきや、12時をすぎるとどんどん客席が埋まっていきました。そうだよね、これだけ美味しくて価格も良心的なレストラン、地元の人が知らないわけないか。年配のご婦人方が多くて、「やっぱり良い肉を食べている方はがんじゅー(=頑丈、元気)なのだわ」と納得しました。

f0370669_17103174.jpg

f0370669_17103150.jpg
海を見下ろすように建っています。予約すればバーベキューもできちゃいます。子どもたちがのびのび遊べそうなビーチがすぐそこに広がっているし、暑さの盛りを過ぎてこれからの季節サイコーだよ、絶対。観光客の方にはあまり知られていないのかしら、全力でオススメしたい。


f0370669_17092021.jpg
豚肉や加工品の販売もしているんです。紅あぐーに至っては、ここでしか店頭販売はしていません。通販はできます。

f0370669_17091965.jpg

f0370669_17092069.jpg
ここぞとばかりに色々買いました。
そのご紹介はまた今度。




f0370669_17103110.jpg

紅あぐー直売所「がんじゅうファーム」
読谷村字渡具知228 渡具知ビーチ
098-982-8877
HP http://ganjyu.co.jp/market






[PR]
by okinawa-sayo | 2017-10-05 17:45 | そとごはん
絶景カフェのさきがけ。浜辺の茶屋
f0370669_09413789.jpg

気持ち良かったなぁ〜この日。気温は低かったけど日が射して、キラキラしてて、私たちのテンションが超高くて。

今では県内でもいくつか見かけるようになった「絶景カフェ」ですが、こちらがさきがけだと思います、「浜辺の茶屋」。以前オーナーの稲福さんにお話を伺ったことがあり、ご本人もそうおっしゃっていました。「当時は景色を楽しむためのカフェなんてなかったんだよ。だから、やろうとした時は周りに相当反対されたね。そんなカフェ聞いたことないって」

f0370669_09415370.jpg

先見の明ありだよねぇ。今や長蛇の列だよ。この日も平日だったけど、外国人含めたくさんのお客さんがいらしていました。

f0370669_09414386.jpg

寒い日だったので、温かいカフェオレが沁みた〜。

我らアラフォー女性3名、この日異様にテンションが高く、中学生が盛り上がるような話でいちいちお腹抱えて笑った。お店の雰囲気を壊さないように笑うの大変、声を殺して。
かと思うと急に沈黙が降りる。海をぼーっと眺めて、
「...綺麗だね〜」
「だからよ〜...」
「気持ち良いね〜」
「ねー」

f0370669_09420020.jpg

お会計時にはまたテンションアップ(笑)

f0370669_09421294.jpg

入り口からすぐ、海。
順番が来るのを待っている間、浜に降りてお散歩を楽しんでいる人も多かったよ。

f0370669_09421390.jpg

わたし以外の二人の写真がすごくキュートで楽しいんだけど、事務所の許可取ってないから(?)わたしの写真でごめんあそばせ

年明けから良い時間だったわ〜と思った一日でしたが、この後まんまと色々あったよ。1月は割と激動でした。まあそれも次会うときのネタになるからね、いいんだよね。



浜辺の茶屋
南城市玉城字玉城2-1
open 10:00〜20:00
(ドリンクLO/19:30) (フードLO/19:00)
※月曜日は14:00
close 年中無休
blog http://hamabenochaya.com


[PR]
by okinawa-sayo | 2017-02-18 10:07 | そとごはん
地元の有名クレープ店と、わたしの海。
f0370669_15013500.jpg

思いがけず、1時間ほどぽっかり時間が空いたので、次の目的地とは逆方向に車を走らせてクレープを食べてきました。先日の帰省の話の続きです。

f0370669_15014011.jpg



f0370669_15014270.jpg

初めて選んだ「バターシュガー」。値段、一番お安かった(笑)シンプルなので写真映えがしなくて残念...。

でもね、わたしこれ絶対次もオーダーする。ものすごく美味しかったよ! バターが贅沢に使われていて、生地からじゅわ〜っと溢れてくるの。わたし、食べながらポタポタこぼしてしまったよ...笑 それくらいたっぷり入っていて、そこに砂糖の素朴な甘み。砂糖よりはバターの香りが印象深い、なかなか大人なクレープです。ちょっと食欲を失っていたんだけど、とても美味しく食べられたよ。

先日の帰省はかなりハードでした。
限られた滞在期間、しかも息子を保育園に預けている平日昼間に、父に関する様々な手続きを全て終わらせなければいけない。頼れる人は誰もおらず、わたし一人で全部やらなきゃ... そんな風に気を張り詰めて、todo リストとボールペンをポケットに忍ばせ、片っぱしからタスクを片付けていく日々でしたが、4日目だったかなぁ、気がつくと1時間ほどぽっかりと時間が空いたのです。次の予定は市役所の福祉課に行くことだったけれど、担当者との約束までに1時間ある。父はケアハウスでお昼ご飯を食べている時間だし、わたしも小腹が空いたし、ちょっと美味しいもの食べたい...。

そこで思い出したのが、車で5分ほどの場所にあるこのクレープ屋さんでした。数年前は違う場所で営業していたとある有名店ですが、わがふるさとに(なぜか)移転してきてくれたのです。

土日ともなるとお客さんが列をなしていることもあるので、やはり今でも有名な人気店なんだろうなぁ。

f0370669_15021465.jpg
店の裏に広がる海。わたしの家も同じ海岸からそう離れていない場所にあるので、慣れ親しんだ風景です。

f0370669_15021808.jpg

沖縄の海とは全くちがうのよね。特に匂いが違う。浜辺に降りた瞬間に鼻をくすぐる潮の香りは、わたしにとってはまさにふるさとの匂いなのです。野生的な香り。

f0370669_15022946.jpg
日本最大の石油備蓄基地と桜島が並ぶこの風景、好きです。この写真じゃよく見えないけれど、備蓄基地の前にヤシの木が等間隔で並んでいる様子がものすごく可愛いのです。

気温が低く海風も冷たくて、20分ほどで食べ終えて車に乗り込んだけれど、すごくいい時間でした。美味しいものと美しい自然って、かなり効率よく元気をチャージしてくれるよね。疲れたときはお外ご飯に限ります。もしくは、気の合うお友達とのご飯 or ゆんたく(おしゃべり)、ね!



f0370669_15022223.jpg
Plage(プラージュ)
鹿児島市喜入生見町2357-8
open 11:00~20:00
close 水曜(祝日の場合は翌日)

第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by okinawa-sayo | 2017-02-07 10:45 | そとごはん
スパイスで芯から温まる。クンチのつくタイ料理の名店「シャム」    (くらし部門)


f0370669_14022750.jpg

外食投稿が続いてますが、撮りためたものでございます(連日外食できる身分ではございませんで...)。

タイ料理でクンチをつけたくてたまらず、玉城の名店「シャム」に行きました。ここには夫の両親や姉夫婦、うちの子ども達と大人数で行き、品数をたくさん注文してシェアするのが常なのですが、今回初めて!私と夫の二人だけでランチを食べてきましたよ。二人ともそんなにお腹が減っていたわけではなかったので一品ずつ注文。カシューナッツの炒め物は夫の好物です。中華料理でもあるよね。そういえば夫、中華料理店でも必ず注文しているなぁ。ちなみに中国語では「腰果丁(ヤオ・グゥオ・ジー・ディン)」。...って、写真はタイ料理ですけどね。(調べたところ「チャイニーズ・タイ料理」の一種で、タイにいる中華系の人々が広めてタイ風に発展を遂げた料理であるとのこと。納得)

f0370669_14022730.jpg

こちらは私が大好きなトムカーガイ。ハーブたっぷり、肉のココナッツミルクスープですな。どちらも肉になってしまいましたが、スパイスが効いていて奥深く、元気のでる味。「辛いー、でも超美味しい〜!」「ねー本当に美味しいんだけど?」って、何度も来たことあるくせに美味しい美味しい連発しながら箸を進めました。

私ね、本格的かつ美味しいタイ料理を初めて食べたのがここ、シャムだったの。初めて来た時ももちろん、夫の家族みーんな一緒だったなぁ。その時も美味しかったけど、それよりみんなで来られて楽しかった・嬉しかった記憶の方が色濃く残っています。
沖縄は結構タイ料理屋さん多いよね。今はあちらもあるし、あちらにも...といくつか美味しいお店を思いつくけれど、私にとってはここがタイ料理のふるさとみたいなもの。末長くお世話になりたいお店です。自宅からもほんの15分ほどで着いちゃうしねぇ。玉城って近いのよね、距離的にも心理的にも。

そして、食べる前にはちょっと風邪気味で元気がなかった私も、食べ終わる頃にはチャージ完了! やっぱりスパイスたっぷりのタイ料理は、良い。沁みる。

f0370669_14022761.jpg

シャムといえば大人数で〜のイメージが強かったらしい夫、少ない品数でも満足したようで「また二人で来ようね!」とホクホクでした。うん。でも、次はやっぱりみんなで来たいかなー。トムヤムクンもパッタイも食べたいんだもん。


シャム
南城市玉城字富里136-1
098-948-2057
11:30〜14:30 17:00〜22:00
close 月曜・第4日曜






[PR]
by okinawa-sayo | 2017-02-01 14:04 | そとごはん
毎年この日は必ずここで。約束の店「le Bistro Montmartre」 oishii
f0370669_12405824.jpg

写真で受ける印象より、ずっとヴォリュームがあるメインのステーキ。編み目の焼き跡も美しく、香ばしい匂いがふわっと漂う。これよ〜、これこれ。待ってました〜! 一気にテンションアップ。ナイフで切る時間すらもどかしい、早く食べたい。しっかり赤みの残った絶妙な焼き加減を確認してから口に運ぶ。あぁ、肉ってこんなに旨みがあるんだわと毎回再認識させてくれる味わいなのです。二口目は、前もって運んできてもらっていた岩塩をつけて。この塩がまた素晴らしい。初めて食べたときに夫がスタッフさんを呼んで塩について尋ねたくらいおいしいの。

「最高だね」
「やっぱり、間違いないね」

毎年この日は必ずここに来ると決めています。モノレールおもろまち駅近くの le Bistro Montmartre(ビストロモンマルトル)。本格フレンチをカジュアルな雰囲気と値段で楽しめる良心的なお店です。腕をふるうのは、東京やパリの名店で修行を積んだ押しも押されぬ実力派シェフ。ああ、沖縄に来てくださって本当にありがとう。

f0370669_12404824.jpg

「去年もジャガイモのスープだったよね」と夫。「そして温かいポタージュとビシソワーズをそれぞれ頼んでシェアしたんだよ。それも一緒」。そうだったっけね。

f0370669_12405483.jpg

私はここのステーキと同じくらい、魚料理のファンでもあります。どちらか一つと言われてもどうしても選べないので、メインが二種選べるランチに決めてます。どこまでも丁寧に調理されているから、これ以上ないくらいシンプルな味付けなのにハッとするほど美味しい。
f0370669_12410734.jpg

予約の時点でコースを注文しているからか、必ず奥の席に通してくれます。ゆっくりできるのでもちろんありがたいんだけど、写真の事を考えると自然光が気持ちい入り口近くの席の方がいいんだろうなぁ。とこれまた毎年のように思っています。

夫婦の大切な記念日はここで、という約束の場所みたいなお店があるって幸せです。「ねーどこに行く〜?どこか良いところ知らないの〜?」と店選びの重責を押し付け合わなくて済むし、今年も二人でここに来られたねという幸せも感じられるから。「これからもよろしく」と、来年もまたここでグラスを上げようね。
f0370669_12411082.jpg
le Bistro Montmartre
那覇市真嘉比1-1-3 エリタージュK1F
098-885-2012
open 11:30~14:00(日・祝 11:30~14:30)/18:00~24:00
close 月
HP http://www.montmartre-cafj.com
blog http://www.montmartre-cafj.com/blog/bistro


[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-13 18:22 | そとごはん
人気の理由はおいしさ、だけじゃない。悩むママたちの駆け込み寺的純喫茶。
f0370669_00450244.jpg


すごくまろやかなアイスコーヒー。店主といっしょね、角がないの。酸味が強いのも、ガツンと苦いのも嫌いじゃないけど、毎日飲むならこういう口当たりのいいコーヒーがいいなぁ~。

f0370669_00450343.jpg


朝ごはん抜きで来たので、トーストサンドを。とろーり目玉焼きが挟んであって、シンプルそうでしょ? こーれーが、バジルが効いててカッコイイ味わいなのよ。...カッコイイ味わいって何よって感じ?(笑) でもそうなの。「こういうの、うちでも作れそうだな」と見せかけて、ところがどっこい、卵の焼き加減からカリカリぐあい、パンの厚さのセレクトやトーストの仕方まで、いちいち完璧なんです。これぞ純喫茶の技。

f0370669_00450328.jpg


ほろほろスノーボールは文句なくコーヒーに合う。

f0370669_00450456.jpg


器もひとつひとつちゃんと凝ってるところが好き。アイスコーヒーのグラスも素敵だったでしょう? 時間をかけて探したんだって。

f0370669_00450426.jpg


ってゆんたくしてたら、赤ずきんちゃんみたいな籠を下げて(たぶん病気で寝込んでいるおばあちゃんへのお土産が入っている)、cuuma の春ちゃん登場。ここでは cuuma のベーグルを使ったベーグルサンドも食べられるのです。

f0370669_00450571.jpg
 

なんと幸せなモーニング。

f0370669_00450591.jpg


那覇市具志にある「純喫茶 プッペ」。純喫茶の名にふさわしく、レトロな雰囲気の店内で落ち着きます。ここは長居しちゃう系空間ね。

f0370669_00450690.jpg

f0370669_00450631.jpg

f0370669_00450769.jpg

f0370669_00450791.jpg


こちらが店主。ラジオにゲスト出演してくれるので、今は名前は伏せておこうかな。

プッペは、コーヒーやサンドが美味しいレトロな喫茶店というだけじゃなく、育児に行き詰まったり悩みを抱えたりしているお母さんたちの駆け込み寺にもなってるのよ。
その理由は明日、じっくりきいていくね。

f0370669_00450892.jpg


「千と千尋の神隠し」のあのシーンみたいじゃない?この春ちゃん。 本筋と全然関係ないけど、可愛くてつい載せてしまいました。

あーラジオ楽しい!嬉しい!私の癒し!
最近(超めずらしく)お疲れモードなので、ラジオで元気チャージしよーっと。


プッペ
那覇市具志2−25−3
open 平日10:00~14:00
blog http://puppe.ti-da.net
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-07-06 23:36 | そとごはん
ピパーチキッチンの大人味ティラミス
f0370669_00453784.jpg


あらまーこれもいつだったかなぁ。ひさ~しぶりにピパーチでランチしてきました。
徒歩圏内に気の合うママ友がいるって、いいよねぇ~。おやすみが合ったので誘い合って出かけました。

ランチ後に「え?食べるよね?」って当然頼んだデザート。わたしはピパーチのティラミス初めてだったんだけど、おいしいって有名なんだね!南大東島のラム酒「コルコル」を使用しているそうで、そのヒトクセがたまらなく美味しい! こりゃ評判になって当然だわ。

f0370669_00453898.jpg


わたし以外の二人は県産豚肩ロースのソテー。んも~やっぱりー? 鉄板だよねぇ~。

f0370669_00453896.jpg


わたし一人反抗してハンバーグ(何への反抗?)。これが正解だった! ぎゅっぎゅっとかみごたえのあるひき肉が最高に美味しい。じゅわーっと肉汁の溢れるジューシーなハンバーグに、上に乗った焦がしチーズ、トマトソース。たまりませんがな。

f0370669_00453992.jpg


お店の外観を撮ったこの一枚を最後に、ずっと使ってきたレンズが湿気理由でご臨終しました...。止むを得ず新しいレンズ購入、痛い出費だった...。沖縄の湿気恐るべし。
送料のかかるネットで買うより店頭買いの方が安かったのでカメラのキタムラで買ったんだけど、レンズ渡されるときに「湿気だけは注意してくださいね」と店員さん。経緯をはなしたら、黙ってクレラップ一本おまけにつけてくれた(笑)。


ピパーチキッチン
那覇市西2−6−16
098-988-4743
月~木
11:00~16:00 (LO15:30)
土・日・祝
11:00~16:00 (LO15:30)
18:00~22:00 (LO21:00)  
close 金
○駐車スペース 5台
blog http://piparchikitchen.ti-da.net
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-06-20 15:22 | そとごはん
ご近所会は楽し。そしてやっぱり、キングスベーカリーは裏切らない。
f0370669_00464499.jpg


前日の残り物「チキンのトマト煮」で作ったピザです。この日は3種類のピザを焼いたんだけど、一番味に自信がなかった一枚。でもちゃんと美味しかった。ピザって最後にとりあえずチーズたっぷりかけて焼けば、そこそこ美味しくまとまる気がするのでありがたいです。

f0370669_00464595.jpg


手前は、ヨガ講師増川貴子さんのレシピを真似っこして、スライスポテトで作ったピザ。奥はクックパッドからレシピを拝借したネギピザ。どちらもリピート確定の美味しさでした。ネギピザを作るときに七味唐辛子とマヨネーズを混ぜるのを忘れてしまい、後から適当にふりかけたので、食べる箇所によって「辛っ!」ってところがある、ロシアンルーレット的ピザになりました。私のふゆーさーぶりを物語る一枚です。

f0370669_00464691.jpg


この日は、山内商店の山内さんと、最近越してきてご近所仲間になった某美容師さんと三人でご近所会を我が家で開きました。美容師さんが手土産に持ってきてくれたのはキングスベーカリーのショートケーキ、しかも大きいサイズのワンホール!豪華~、きゃ~! 「この薔薇がいい味出してるよね~可愛い~」とか「ちゃんと切り分けやすいようにイチゴが配置されてるよね、さすが~」とか、食べる前から大絶賛です。

f0370669_00464660.jpg


「買うときにさ、『ちゃんと中にもイチゴ入ってますか?』って聞いたもんね、私」と美容師さん(笑)。ぬかりありません、さすがです。さっぱりした生クリームをたーっぷり使った贅沢なショートケーキ。「そうそう、この味だよね~」「懐かしいんだけど、古くない。これぞ老舗のケーキだわー」と名言も飛び出しました。

キングスベーカリーの創始者の娘であり、現在お父様の後を継ぐべく修行中の山口みどりさんも、ラジオのゲストとしてお越しくださいましたが、キングスベーカリーを紹介した記事は当ブログの最人気記事です。反響がものすごかったです。色んなひとに「ねえねえ、キングスの記事見たよ~」「うちも小さい頃からずっとあっちのケーキだった~」「ケーキといえばキングスなんだよね、今でも」などなど声をかけられました。びっくりしたのは中部で生まれ育った人たちもその中にいたということ。沖縄全土にファンを持つ人気店です。

ケーキの味はもちろんですが、愛される理由はスタッフ全員が共通して備えている「誠実さ」にもあると思うんだなぁ。一度行ったらきっとリピーターになると思う。接客が気持ちよくて。と、ついついキングスについて語ってしまいましたが、それくらいファンです私も。

それにしても、近所に楽しい女友達がいることほど嬉しいことはありません。この日は「次はさ、あっちに新しくできたあの店にご飯食べに行こうよ~」と、ちゃんと次回の約束をして別れました。楽しみだなぁ~。
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-04-23 18:22 | そとごはん
パサパサしてないベルギーワッフル、那覇で買えます。
f0370669_00464701.jpg


「日本のワッフルって大抵パサパサしてるけど、ここのは本場ベルギーのレシピで作ってるからモッチリしてるんだよ~」という言葉に、食べたら納得しました。なるほどね、これと比べたらよくあるワッフルってパサパサ感が強いわ、確かに。カリっとした食感+表面にまぶされた砂糖のシャリっとした歯触りの次にやってくるのが、ほどよいモッチリ感。ワッフルの厚みも絶妙で、パサパサ感を一切感じさせません。一枚が大人の手のひら分ほどもあるのに(写真は半分にカットしたもの)、クリームチーズ、チョコチップ、プレーン...とどれも美味しいので立て続けに4枚分くらい(もっと?)食べてしまった。

こんな美味しいワッフルを持って遊びに来てくれたのは、フリーパーソナリティの玉城愛ちゃんです。OCNで放送中の「あまくま歩人(あっちゃー)」で取材に行ったワッフル屋さんが超おいしくてさぁ~! とのこと。パッケージを見てびっくり。ちょっとした縁で私も知っているステキ男子が店主を務める「Waffle Factory Liege(リエージュ)」のワッフルでした。

f0370669_00464755.jpg


あまくま歩人の放送後、反響がものすごくて売り切れが続いていたそうです。私もお店まで買いに行こう~。那覇高近くで平日は朝8時から開いてますよ。

Waffle Factory Liege(リエージュ)
那覇市楚辺1-2-74 1F
(那覇高校旧正門向かいです)
098-851-8600
open
8:00-18:00(平日)
12:00-18:00(土・祝)
※完売しだい終了
close 日

ブログ http://liege.ti-da.net
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-04-18 15:58 | そとごはん



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
メールスペシャル
そとごはん
こどもとごはん
メールスペシャル
話す仕事
未分類
最新の記事
アラフォーからのヘアケア事情
at 2018-01-22 21:07
大寒卵(だいかん たまご)収..
at 2018-01-18 20:43
インフルエンザ警報発令.....
at 2018-01-17 11:52
初夢のインパクトの強さ...
at 2018-01-13 09:02
キンカンを買ったものの...
at 2018-01-12 16:58
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル