カテゴリ:「my room rules」( 8 )
大勢の来客時は座卓に変身。オーダーメイドのダイニングテーブル。
f0370669_23311352.jpg

娘たっての希望で、お友達を呼んで誕生日会を開きました。今までは、家族・親族でのお祝いのみだったので初の試みです。夏休みにも関わらず10名ものお友達がお祝いに来てくれたので(写っていない子もいる)、急遽、ダイニングテーブルを座卓に変形させました。どういうことかというと、こういうことです。

f0370669_23312546.jpg

普段のダイニングテーブルはこの高さ。椅子に座って使っています。でも、10名が椅子に座って並ぶにはテーブルの大きさが足りない。そもそも、10脚も椅子がありません。


f0370669_23312325.jpg

そこで脚を取り替えます。このテーブルは、我たち夫婦の意向を細かく伝えて作ってもらったオーダーメイドなのです。普段は椅子に座ってご飯を食べたい。でも、親族の集まりや夫の同僚の集まりなど、たま〜〜に多くのお客様が集うときもある。とはいえ、年に数回のパーティーのためだけに、大きな座卓は買いたくないし、小さなマンションの中にそんなテーブルをしまう場所もない。

そこで夫が考えたのが、脚を2パターン作ってもらうこと。普段は座卓用の脚だけを、クローゼット内に収納しています。

f0370669_23311951.jpg

はい、でーきた。なかなかのアイディアだと思いませんか? 真似していいよ〜(笑)
私はココ↓にお願いして作ってもらいました。

WOODVILLE HOUSE
宜野湾市大山1-10-6
098-890-0304
open 11:00〜20:00
close 火
blog http://woodvillehouse.ti-da.net



[PR]
by okinawa-sayo | 2016-08-22 00:05 | 「my room rules」
お片づけのゴールは「綺麗にすること」ではなく「綺麗をキープできる仕組み作り」
f0370669_00470987.jpg


どどーんと(恥ずかしげもなく)見せちゃいますよ。こちらが Before 。

f0370669_00471193.jpg


そして、After 。

はやりの「断捨離」ではありません。ものは一切捨てていません。
でも、減ったように見えませんか?

「お片づけ日」から半月以上経ちますが、先ほどチェックしてみたところ、この状態をほぼキープできています。それが何よりうれしい。だって「片づけてもリバウンドしないこと」が、ライフオーガナイザーうえはらなつこさんへの一番の要望だっから。

f0370669_00471109.jpg


なつこさんのお片づけサポートは、かなり綿密なヒアリングから始まります。今回は子供スペースのみの片づけでしたが、夫婦のクローゼットなど大人スペースともなると、ヒアリングと計画を立てるのに数時間かけるそう。目指すゴールの設定が最も重要かつ、難しいところなんだろうなと思いました。

子ども相手といえど手抜きはありません。
「学校から帰ってきたら、ランドセルはどこに置いてるの?」
「宿題するときはどこが一番やりやすいかな?」
「ママに片づけて~と言われたとき、困っていることはない?」
など、優しく丁寧にしっかり聞き取りしてくれます。
ガミガミ叱るお母さんとは違って優しいなつこさんの雰囲気に、娘もすぐに心を許して話し始めました。
ここで大切なのは、母である私は一切口出ししないこと! 透明人間になることに徹します。

ちなみに娘の困ったことは
「使いたいときに文房具が見つからないこと」
でした。
「じゃあ、おもちゃも文房具も使いたいときにすぐに出せて、しまうときも片付けやすい場所にできたら良いかな?」
となつこさんが尋ねると、「うん」とうなずく娘。

目指すゴールが決まったら、早速お片づけ開始です。まずはクローゼットの中のものを一旦全て外に出します。まー出るわ出るわ。もとは洋服を収納するスペースであるため、相当の収納容量があります。

f0370669_00471270.jpg


「今まで見たどのお宅よりもおもちゃが多いですね。これだけ収納スペースがあるから、つい入れてしまうのかもしれません」
となつこさん。ひゃ~~~、おもちゃ多すぎかぁ~。でも確かに、おもちゃしまう為だけにこのスペースは広すぎだよねぇ。

f0370669_00471373.jpg


「収納スペースが広すぎる」という盲点に気づかせてもらいました。

f0370669_00471415.jpg


全部出したら次は「仕分け」です。何色もの色布を出して、「この中で一番好きな色なあに? 次に好きなのは?」と、娘に四色選ばせてくれました。選んだ布を敷いたら、「いつも使うもの」「あまり使わないもの」「全然使わないもの」「宝物・思い出の品」の四つに分類していきます。

ここでも私は目からウロコ。いるか・いらないかという「感情」ではなく、使っているか・いないかという「現状」を問う。これはすごく良い!と思いました。また「使ってないもの=捨てるもの」と直結させないため、現在の使用頻度を思い返して娘も心置きなく「使ってない」に分類していきます。その様子にびっくりしました。娘のお気に入りでかな~り大事にしているものでも、躊躇なくポイポイ「使ってなーい、これも使ってなーい」と分けていくから。

逆に、え~これってもうゴミ箱行きじゃない? と思っちゃうようなものでも「よく使っているもの」スペースに分類されたりしています。用途不明の空き箱やら、紙のきれっぱしやら...。
私から見たらゴミ箱行きのものでも、娘にしたら宝物だったりいつも使う大切なものだったりするのです。娘がいないところでコッソリ捨てたりしてはいけないなぁと反省(よくやってた)。だって、自分が同じことされたらやっぱり腹が立ちますよね。

f0370669_00471555.jpg


相当の量があるため、途中でつい遊びに走りそうになる娘。なつこさんがすかさずおもちゃを手にとって「これは使ってるかな?」と一個ずつ確認してくれます。子どもが仕分けに飽きてきたら、大人が訊いてあげるのも有効だそうです。

2時間ほどかけてすべてのおもちゃの仕分けが終わりました。なかなか大変な作業ですが、子どもが頑張るのはココまで! なつこさんが「よく頑張ったね~、えらかったね!」と褒めてくれ、娘も誇らしげです。

「全然使ってない」ゾーンのおもちゃを指し、「これはもう要らないかな、誰かにあげても良いかなっていうおもちゃ、ある?」と訊くと、娘は「ない!」と即答。なつこさんが私をチラっと見て小さくうなずきました。「娘ちゃんはそう判断したので、今のところはこのままにしておいてあげてください」という意味でしょう。

ここで「これはもう要らない」というものが出てきたら処分しても良いようです。今回は不要物が無いということで、透明の蓋つきケースに入れてクローゼットの最上段の端っこに入れました。透明なので中が見えるんですが、「えー、これ全然使ってないんだー」と、親からすると意外なものが沢山見えます。

f0370669_00471569.jpg


「いつも使っているもの」は取り出しやすいところに収納するわけですが、その前にさらに分類します。娘のよく使うものは大まかに「文房具」「工作関連」「その他小物」に分けられることがわかりました。それぞれケースに入れ、自分でラベリングさせます。

「自分で書くことで、『ちゃんと分けて入れるぞ』という意識づけにもつながります。好きなシールなどを貼るのもいいですね。お気に入りのケースを使うともっとモチベーションが上がりますよ」

f0370669_00471736.jpg


娘が取り出しやすい棚の位置はどこか、実際に置いてみて確かめます。

f0370669_00471784.jpg


「宝物・思い出の品」も、たーっくさん出てきました。これらは「遊ぶもの」というよりは「たまに出して眺めるもの」。それもしっかり分類してケースに入れ、二番目に取り出しやすい場所に。一番下は2歳の息子のおもちゃを収納。すると、棚がまるまる一段余りました。そこはなんと、工作好きな娘の製作物を飾るためのスペースに生まれ変わりました。

「飾るスペースはここだけと決めて、入らなくなったらどれかとさよならするなど、約束ごとを決めておくといいですね」

そもそも収納スペースが広すぎるため、こうして飾るためのスペースを確保すれば、収納スペースの減少にもつながるわけです。いいねいいね。

f0370669_00471998.jpg


すぐに息子が引っ張り出してきてバラバラ~っと撒き散らかしていたブロックや積み木、車の道路セットなどは手の届かない上の棚へ配置換えです。息子が遊びたがったら取ってあげる方式になりました。毎日のように遊ぶミニカー類はクローゼット内には入れず、ケースごと外に出して自分で出したり片付けたりしやすいように配置しました。

「お母さんが好きなカゴなど、目にしてストレスにならず、逆にテンションが上がるような物に入れて出しておくといいですね」

f0370669_00472098.jpg


14時から17時半まで、約3時間半で完成です。娘も実に満足そうです。

「とりあえずこの状態で使ってみて、実はあのおもちゃはよく使うものだったとか、逆にこれはあまり使わなかったなというように、実際の使用頻度がまた新たにわかってくると思います。その都度見直して、位置を入れ替えたり、ケースの大きさを変えたりしてみてください」

となつこさん。了解です!

f0370669_00472171.jpg


お勉強スペースもスッキリ。本人も相当嬉しかったようで、勢いあまってアルファベット表を壁に貼り、本棚の側面には「ここで宿題をしようね!」とポスターを手描きして貼っていました。これまでは食卓で宿題をすることが多かったけれど、最近はもっぱらこの机で勉強しています。どれだけ片付けても3日と開けずにまた散らかり、勉強場所も食卓へと戻っていたのに。半月経った今もこの場所が好きなようです。嬉しい!

私はお片づけは嫌いなほうではありません。でも今回、プロのなつこさんにお願いして本当に良かったし、私がどれだけ頑張っても同じ結果にはなかなか到達できなかっただろうなと思いました。やはり、親ではなくて「他人」が指導してくれるというのは大きな違いです。娘が適当なところに物を片付けようとしたら「なつこちゃんとお約束したんじゃなかった?」と訊くとはっ!としています。また片づけの知識だけでなく、色々なお家をサポートしてきた豊富な経験があるからこそ、なるほどとうなずかされるアドバイスや目からウロコの収納方法を教えてもらえます。

そしてなにより、なつこさんが目指すゴールが素晴らしい。「その場が綺麗に片付くこと」ではなく、「綺麗な状態をキープできる、仕組み作り」をすることが最終目標なので、なつこさんが帰ってもちゃんと娘は片づけができるし、リバウンドしないのです。

おもちゃスペースが片付いた今、気になっているのは夫のスペース...。一旦洋服を全部出し、「要るか・要らないか」ではなく「着ているか・いないか」で分けて~! ...などと、妻が言ったところで聞く耳を持つはずもありません。なつこさんにお願いしたいなぁ~~。

f0370669_00472173.jpg

ライフオーガナイザー うえはらなつこ
お片づけサポートメニューはこちら⭐︎
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-04-06 16:16 | 「my room rules」
真鍮+磁器。その組み合わせの妙を存分に。「地力(ちりき)」@ decco
f0370669_00473272.jpg


マットな、でも微かな艶を感じさせる白の磁器の上で、真鍮の「菓子切り」が鈍く輝いて。

磁器+真鍮の組み合わせがこんなに素敵だとは思いもよらなかった。それぞれの独立した美しさや佇まいの良さは、もちろんある。でも、二者が寄り添うことで生まれる新たな魅力が、確かにある。

f0370669_00473357.jpg


f0370669_00473345.jpg


f0370669_00473321.jpg


f0370669_00473482.jpg


f0370669_00473480.jpg


f0370669_00473595.jpg


f0370669_00473553.jpg


f0370669_00473633.jpg


磁器という容れ物を得た真鍮と、真鍮というジュエリーを得た磁器。
相手の良さをより引き立てる力を互いに持っているみたい、この組み合わせは。

f0370669_00473634.jpg


華奢で、どことなくユーモラスなかたちをしたモール。ci.cafu(チ・カフー)の 尚子さんがゆっくり歩み寄ってきて教えてくれる。

「これね、いろんなところが回るんですよ。あ、全体をぐるっと回せるだけじゃなくて...」

f0370669_00473707.jpg


「ほら、この丸いやつもクルクルっと。ね?」

作っている本人たちが楽しそうなのだから、作品もそりゃあ幸せそうなはずである。

f0370669_00473714.jpg


f0370669_00473844.jpg


f0370669_00473884.jpg

左からdecco(デコ)の仲村聡子さん、ci.cafuの喜舎場智子さん・平澤尚子さん

ふらりと寄ったが最後、予想以上に長居してしまいました。だってねえ、画像で伝わっているといいのですが、この吸引力が。
会期中、decco さんが配信するFacebookの写真を見るたびにドキドキしていたので、「人気でしょう? だいぶ売れちゃったでしょう?」と尋ねると、そうなんですよ~というお返事。やっぱり、な。

わたし同様に画像を見ただけで胸が高鳴った方、次の日曜までですよ。お早めにどうぞ。


f0370669_00473949.jpg

地力 ちりき
~ 地戻れば 素材違えど 皆同じ ~
ci.cafu X decco
2016.3.18 (金)- 3.27 (日)
12:00 – 19:00
会期中はお休み無し、また最終日は18:00までです。
会場: decco
首里鳥堀町4-89-5 久場アパート1F
098-884-8587
HP http://decco.jp

ci.cafu(チカフー)
那覇市首里儀保町3-9-1
098-886-8093
HP http://cicafu.jugem.jp
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-03-24 17:15 | 「my room rules」
調理台に欠かせないポイポイアイテム & レジ袋収納、ベストな方法見つけました。
f0370669_00482105.jpg


「これ良いね~!」と、我が家のキッチンを見た後すぐに購入した友達がこれまで数名います。「わたしも持ってる~、便利だよね!」と既に愛用している人もちらほら。なんてことない商品なんだけど、コレなしで料理はできないわーというほど気に入って使っています。山崎実業の「ポリ袋エコホルダー ・タワー」。背景も商品も白く見づらい画像になっちゃった、ごめんなさい。

f0370669_00482143.jpg


スーパーで生鮮食品を入れてくれる小さなポリ袋をセットして使います。調理中はここにスタンバイ、野菜の皮や切り屑をポイ、外したラップをポイ、油を拭いたペーパーをポイ。調理中に出る小さなゴミは何でもここに捨てちゃいます。また、調理中でなくても食べ残しやレシートなど、キッチン周りで出た小さなゴミを捨てるにも便利。

調理中にゴミが出るたびゴミ箱に捨てに行くのは億劫だし、濡れた手で捨てに行って床に水滴が落ちるのもイヤで、何か良い方法はないかなーとずっと思っていたんです。そうしたら、イタリア料理教室「アンジャーリー」主宰・赤木葉子先生のご自宅でこの「タワー」を発見!先生にどこで買ったか伺うのを忘れ、ほうぼう探して見つけた場所は古島のmaxplusでした。現物見たい方は行ってみてね。

ネットで簡単にポチりたい方はこちら。



え? こんな簡単な造りのものに972円?と思うかもしれないけれど、滑り止めが付いていたり畳めたりと、なかなか気が利いてます。類似品を100均で探したけど、(当時は)見当たらなかったのよ。毎日使う物だし使いやすいし、この値段も惜しくないなというのが2年以上使ってみての感想です。

ところで、この「タワー」にセットするようなポリ袋やレジ袋、みなさんはどういう風に収納してますか? わたしはいつも引き出しにごちゃごちゃっと詰め込んでいたんだけど、ふと思いついて入れ方を変えてみました。

f0370669_00482368.jpg


タンスの引き出しに洋服を並べるように、折って立てて収納。これがすごく良い! レジ袋をいちいち三角折りにするのは手間がかかるけど、縦長に折ったらあとは三つ折りするだけ。端からぎゅっと入れていくのでけっこう入ります。取り出すときも断然取りやすくなった! こんな小さな変化だけど、毎日使うところなので使い勝手が良くなりテンション上がりました。夫に見せたら「お~、えらい」の一言で済まされちゃいましたが(笑)。まあ、そんなもんですね。

画像では分かりづらいんですが、引き出しの一番手前(写真でいうと右)がポリ袋、奥2列は大きめのレジ袋を収納していて、2種類をしっかり分けるために間に100均の木製ブックスタンドを挟んでいます。このブックスタンド、あった方が良いのか無くても大丈夫なのか。様子を見てそういう小さい調整もやっていこうっと。「レジ袋収納、ベストな方法見つけました」ってタイトルにつけちゃったけど、「私にとってベスト」という意味です。みなさんはどうしてるのかなぁ? それもまた聞いてみたい。

今はそれより、この無印のポリプロピレン製収納の素材感が気になっています。見えるところにプラスチック類を置きたくないのですが、キッチンのラックにぴったりの大きさなので買い換える気はなく...。ポリを塗装するのは難しいみたいだから、カッティングシートでリメイクしてみるかね~。メイクマン見てみよう。
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-03-01 11:39 | 「my room rules」
プリントはその日にポイ。
f0370669_00494611.jpg


娘が学校から毎日持ち帰るプリントだけで、すぐにファイルがパンパンになっていました。学校のプリント以外にも、「これって取っておいたほうがいいよねー」というような紙類を「とりあえず...」とファイルに挟んでおくと、いざという時に見つからず、結局用無しになったころに出てきたりして「なんだかなぁ~」と思っていました。

そんな折、あるきっかけがあって我が家にペーパーレスを導入することにしました。プリント類はもらったその日にスマホでカシャッ。


f0370669_00494682.png


一番下の「プリント各種」というフォルダにぜーんぶ放り込んでいます。

f0370669_00494755.png


学校関連だけでなく、習い事や説明書、公共料金の領収書など、なんでもここに入れちゃってます。この後、もう少し細かく分類するかもしれないな。「学校」「習い事」「保育園」「その他」くらいな感じで。

ポイントは、もらったその日にやっちゃうことです。そして、撮影したら即座にゴミ箱へポイ。そうすると、もらった時系列にデータが並ぶので、必要なときに見つけやすいのです。そしてたまにフォルダ内をチェックして、不要になったデータは削除、ポイ。らくちんです。

学校の行事など、夫と共有したいものは LINE のノートに入れておけばいいしね。「学芸会って何時から~?」など、「そんなの自分でちゃんとプリントチェックして把握しといてよ~、いちいち私に訊かないで~」と嘆息したくなるような(私だけ?冷たい妻?)質問にも答えなくて済みます。もしくは、「 LINEのノートに入れてあるよ(ニコッ)」と簡潔に返せます。

なぜプリントの原本保存をやめたかというとね、先日、仕事で県内有数の大企業を訪れる機会があったんです。最新鋭の設備が整えられた美しい社屋に入ると、ワークスペースはおどろくほどガランとしていて、書類棚やファイル類が一切ないのがとても印象的でした。というのも、この企業では個人の座席を固定しないフリーアドレス制を導入していて、そのためには社内のペーパーレス化は避けて通れないからです。つまり、増え続ける書類の山によって個人の居場所が特定されてしまうことを防いでいるわけです。

家は会社じゃないけれど、書類に振り回されるのはまっぴらごめん、そこは同じですからね。

ただ、こういうのは写真撮ってすぐにポイっとはいきませんな、やはり。

f0370669_00494824.jpg


f0370669_00494847.jpg


家に飾って眺め、一定期間を過ぎたらスキャンしてデータで保存、原本は破棄。...というのが理想ですが、やはりどうしてもゴミ箱にさよならすることができないのです。「思い出」のペーパーレス化は、我が家はもう少し先になりそうかな。
[PR]
by okinawa-sayo | 2016-01-19 16:19 | 「my room rules」
私たちが子どもの頃もそうだったように...
f0370669_00503420.jpg


今日の我が家の一角です。恥をしのんで、ありの~ままを~公開してみました。いうまでもなく子どもスペースです。

ラジオネームるりさんからお悩みメールが届きました。

////////////////////


子どもにかたづけを促すいい方法ってあるんでしょうか?
我が家は娘二人に息子一人、おもちゃがどんどん増えていって、収集がつかなくなってきています。
処分するタイミングや方法も知りたいし、子どもがお片づけ得意になる方法があればそれも知りたいな~。



////////////////////


世のお母さんで、子どものお片づけに関して悩んでいない人が果たしているでしょうか?
「うちの子は、何も言わなくても片付けるのよね~」
なんてお母さんが居たらお会いしてみたい。そしてそんな子に育てた方法をぜひ伝授してほしい。

自分たちが子どもの頃そうであったように、大多数の子どもが「言われないとかたづけない」タイプだと思うのですが、言い方や促し方、片付けの方法や工夫次第できっと、今よりよくなるんじゃないかと思うんだよね。我が家も我が家なりに色々試行錯誤している途中です。チェックリストを作ってシールをはるポイント制にしたり、家族で一斉かたづけタイムをもうけたり。

あなたの家の「お片づけの工夫」、教えて下さい。というか、みんなで教え合おう~。大晦日の生放送で、皆さんからいただいたメールをご紹介します。そうそう、その日はビッグゲストもお招きしていますので、ぜひ聴いてね⭐︎
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-12-29 12:50 | 「my room rules」
徹底討論 「(ふきん改め)台拭き」問題!
f0370669_00524676.jpg


台拭きって皆さんどうやって洗ってる? どれくらいの頻度で?
ラジオ番組が始まったら絶対にとりあげたいと思っていたテーマ、それはこの「台拭き」問題についてなのよ~。

人のお宅の台拭き事情、気にならない? わたしだけ?というのもね、うちのキッチンはちょっと油断すると2~3枚、ひどいときには5枚くらいの台拭きがぎゅっと絞られてコロンとした形になったまま、きれいに洗われるのをじっと待ってるんです。使ってすぐに洗えばいいのはわかってるんだけど、キッチンハイターでしっかり漂白したほうがいい気がして。しかも1歳児がいるのでお手ふきも毎食時使う。2~3枚なんてあっという間にたまって、シンク近くに身を寄せ合うことになる、というわけ。

我が家の台拭き・ふきん洗濯状況は、今の所こんな感じ。↓

台拭き:1日1枚使用、漂白後に食器用洗剤で手洗いして外干し
食器拭き:2~3日に1枚使用、洗濯機で洗って外干し。
お手ふき:1日2~3枚使用、食器用洗剤で手洗いして外干し。

ネット情報によると、台拭きに付着している雑菌ってものすごい量らしく、洗濯機で洗うのはおすすめできないとのこと。それを知る前は、台拭きは漂白後に手洗いして、さらに洗濯機で(台拭きのみ)洗ってましたが...。そこまでしていたら雑菌も死滅していそうな気がするんだけどどうだろう? 煮沸消毒も良さそうだよね。
「我が家はこうして洗ってるよー」っていう、日常を教えてください。おすすめ洗剤とか洗い方とか、特になくてOK! いや、あったらもちろん嬉しいけど、みんなどうしてるのかしら~っていうのが気になっている私です。そして、良さそうな洗い方があったらマネしたい⭐︎コメント欄でも、右サイドバーにある「メッセージ」からでも、FMとよみのメールアドレス宛(kitchen@fm-toyomi.com)でも大丈夫、お待ちしてます。

写真の布は布巾ではありません。山内商店でゲットしたお気に入りなので、汚したくないもーん。

それとそれと、美味しそうな焼き菓子、いいでしょ~。知る人ぞ知る豊見城の隠れ家的おかしやさん、le pomme(ルポンム)さんに久しぶり行ってきました。以前取材してご紹介したら、「たどり着かない」「詳しい場所を教えて」などなど、問い合わせを沢山いただいたお店です。土地勘のある豊見城市民なら辿りつける可能性高くてラッキーかも?! le pomme さんのお菓子は食のプロの方たちにも人気で、市外から通うフードスタイリストさんもいるほど。私もこちらのマカロンを食べて初めて、マカロンって美味しいお菓子なんだ!って知りました(それまではただ可愛いだけのお菓子だと思っていたの)。

le pomme
豊見城市我那覇383‐78
TEL:090‐1843‐0862
FAX:098‐850‐7005
open 11:00~19:00

お気に入りのカップは、那覇の「よかりよ」さんで。使うたびにうっとり眺めちゃう大好きなカップで飲むとまあ、適当に淹れたティーも非常に美味しく感じるのです。

さ、今日も布巾洗うか...。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-10-19 14:27 | 「my room rules」
「20個ゲーム」で床に何もない部屋をキープ
f0370669_00530281.png


いつもスッキリきれいなお部屋にしていたいけど、現実はこうやって色んなものが散乱していませんか?ちなみにこれ我が家ですが、これでも綺麗なほうです。この状態を一気に解消するために、我が家でやっているゲームがあります。何かで読んで「こりゃイイ」とマネっこして以来、すっかり定着した我が家のルール。それは、なんでもいいから20個のモノをあるべき場所にしまうこと。
20個って多いように思えるかもしれませんが、実際にやってみると1分とかからず終わりますよ。では、よーいドン!


f0370669_00530391.png



これが約50秒後、20個のモノをあるべき場所に戻した状態です。よく見ると、四角いソファーの上にはドキンちゃんのお面(って、そこまでは判別できませんね)が残っているし、まだまだ完璧じゃありません。でもこのゲーム、普段は家族みんなでやるんです。だから20個×3=60個のモノが片付くというわけ。うちは60個も散乱してないわ~と思うかもしれませんが、例えば鉛筆一本も1個と数えます。リモコンを定位置に戻すのも1個、脱いだままの洋服を二枚洗濯機に放りこんだら2個。こんな具合にやっていくと、あっという間にノルマ達成、お部屋もすっきり。
でもそれって、普段いかに「モノを元の場所に戻してないか」ってことですよね。

床やダイニングテーブルなど、広い平面の上にモノを置かないようにするとお部屋が一気に片付いて見えるし、ゲーム感覚でできるので子どもたちが張り切ってやってくれるところも◯。20個ゲーム、お勧めですよ。
[PR]
by okinawa-sayo | 2015-09-06 21:30 | 「my room rules」



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
メールスペシャル
そとごはん
こどもとごはん
メールスペシャル
話す仕事
未分類
最新の記事
アラフォーからのヘアケア事情
at 2018-01-22 21:07
大寒卵(だいかん たまご)収..
at 2018-01-18 20:43
インフルエンザ警報発令.....
at 2018-01-17 11:52
初夢のインパクトの強さ...
at 2018-01-13 09:02
キンカンを買ったものの...
at 2018-01-12 16:58
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル