アラフォーからのヘアケア事情
f0370669_15511527.jpg

ドライヤーの前に必ずこのオイルをつけます。単純に口コミサイトの評判を見て即買いしたルシードエル オイルトリートメント。ドライヤー前は毛先中心、翌日ヘアセットする時は少量を手のひらにつけて髪全体に馴染ませるようにつけています。

手触りが良くなって艶も出るし、何より香りが好きなので続いています。ふとした時に自分の髪からふわっと良い香りが漂ってくるのって、良いもんですよね。

f0370669_15511560.jpg

愛用しているドライヤーは Panasonic ナノケア EH-NA98 。冷風と温風が自動で切り替わる「温冷リズムモード」機能付きだけど、最近は手動で変えてます...。果たしてこのドライヤーにした意味はあるのか? 温風で9割型乾かした後に冷風で引き締めると、艶感がアップするのです。冷風と温風のモードさえついていれば、どんなドライヤーでも実践できるテクですね。

f0370669_15511562.jpg

そして、最近新たに投入したヘアケアアイテムがこれ。E STANDARD の「トリートメント メデュラニュートリション ダマスクローズ」(長っ)。手荒れで悩む美容師さん達が、自己ケア用に使用することが口コミで広まり話題になったシリーズだそうで。

上の三つのアイテムはどれも気に入って毎日のように使っています。確かにケアに力を入れる前と比べると、艶・手触り共に改善していますが、果たして本当に髪のためになっているのか...?

その辺のアンサーが美容師さんからも届いているので、今週木曜の生放送でご紹介しますね。

あなたのおすすめヘアケアアイテム含むヘアケア事情、ぜひ教えてください。白髪染めの頻度や染める時のこだわりなども歓迎。
白髪染めってみんなどうしてるの? 最近一番気になっているテーマです。

メールの宛先: kitchen@fmtoyomi832.com



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-22 21:07 | メールスペシャル
大寒卵(だいかん たまご)収穫イベントで、美味しい・ヘルシー・ラッキーをゲットすべし。野菜ソムリエプロ 桃原未希さん
f0370669_13522670.jpg

1月18日放送の「キッチンの女王」、ゲストは野菜ソムリエプロの桃原未希さんでした。

栄養やそのバランスなどの細部にとらわれすぎることなく、「好きなものを」「美味しく」いただく。ジャンクに偏りすぎなければそれで十分という言葉に、救われた気持ちになりました。

番組でもお話した未希さん主催の「たまご収穫イベント」が、20日(土)の午前中に行われますよ〜。

//////////////////////////////////////
f0370669_15004456.jpg
==============================
2018開運!大寒卵
〜滋養たっぷりの大寒卵を収獲しよう!〜
==============================

大寒卵とは『大寒の日に生まれた卵』のことです。

昔のニワトリは、寒くなるとなかなか卵を生まなかったため「寒さに負けることなく生まれた卵は滋養たっぷりで強運を持っている」と言われました。
また、黄身の黄色は風水でお金を呼び寄せる色とも言われていることから、大寒卵は縁起物とされ、開運を願って求める方が増えています。

大寒の日にニワトリさんに感謝をしながら大寒卵を収獲して、みんなで開運しましょう♡
==================
日 時:2018年1月20日(土)10:00-11:00
場 所:園芸ファームなかむら(糸満市糸洲)
参加費:1人1,000円(大寒卵1パックのお土産付)
※付添の保護者様と2歳未満のお子様は無料
申込み:このイベントページへの参加するボタンを押していただき、コメントやmessengerで参加人数をご連絡ください。
//////////////////////////////////////

「園芸ファームなかむら」のニワトリさん達は、農薬・化学肥料不使用で栽培した新鮮な野菜を食べ、平飼いでのびのびと育っています。そんな健康なニワトリが産んだ安心・安全・美味しいたまご、しかも大寒の縁起物「大寒卵」を自分の手で収穫するという、縁起が良くて美味しくて、子どもたちは興奮間違いなしのイベントです。年が明けて間もないこの時期にぴったりですね〜。

お申し込みはコチラから。

来週は1月最終週なので、テーマを設けてメールを募集するメッセージスペシャルをお送りしますよ。
今月のテーマはずばり!「大人の女性のヘアケア事情」。も〜〜ここ最近ヘアケアのことで頭がいっぱい!なので今回はテーマ即決です。

・抜け毛、白髪、髪にツヤがなくなった、コシがなくなりボリュームがなくなったなど、髪に関するお悩み。
・オススメのシャンプー、ヘアオイル、ドライヤーなど、ヘアケアに関するアイデアやオススメ情報、こだわり。
...etc

髪の毛に関する幅広い内容のメッセージを募集します。みんなで知恵を出し合って、髪に関する悩みの解消につながればいいなーと思ってますので、 kitchen@fmtoyomi832.com までどしどしお寄せください、待ってまーす。

私のヘアケア事情についても、またブログに掲載しますね〜。





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-18 20:43 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
インフルエンザ警報発令...。出でよ、発酵食品に県産野菜!今こそ力を発揮するのじゃ。
f0370669_10172803.jpg

昨日、素敵なご婦人からお手製の「発酵りんごジャム」なるものを頂きました。
早速朝食のトーストに、クリームチーズと添えて。

f0370669_10172985.jpg

瓶詰めの蓋を開けると、発酵食品の香りがブワッと鼻腔を刺激します。梅酒や甘酒を彷彿とさせるその匂い、決して嫌な感じがしないのですよ。嗅ぐだけで体が温まるような気になるこの発酵ジャム、パンにもよく合いました。
これ、ホットティーに落としても良さそうだなぁ〜。今日早速やってみよう。

そういえば、沖縄でもインフルエンザ警報が発令されましたね。1/11に記者発表も行われました。
沖縄県内のインフルエンザ流行状況はこちらからチェックできます。更新頻度が高く、リアルタイムの状況を知ることができて便利ですよ。

発酵食品は免疫力を高めるということは以前からよく言われておりまして。美味しく手軽に免疫力を高め、感染予防することができたら言うことないですよね。

美味しい発酵食品といえば、沖縄にはこんなドリンクもあるのです。

f0370669_10172982.jpg

忠孝酒造の「黒あまざけ」。
あ、今日で飲み切っちゃったのでこんな状態です...。

f0370669_10172992.jpg

「黒」と冠しているのは黒麹菌を用いたことに由来していて、あまざけそのものは黒色ではありません。私は青ぎりシークヮーサー味 黒あまざけを購入したので少し黄味がかっていますが、黒あまざけに至ってはさらに白っぽく、乳白色のようです。(リンク貼っていますがステマでもなんでもなく、私には1円足りとも入りませんよ〜。気になる方、通販できますので良かったら是非)

ノンアルコールで砂糖も甘味料も無添加。...だけど、結構甘いです。だから飲みやすい。私は炭酸が好きなので、暖かい日には炭酸水で割ってゴクゴク飲んでいたらあっという間になくなりました。

お友達が「風邪をひきづらくなったし便秘解消にも良いよ〜」と勧めていたので買ってみました。確かに、黒あまざけを飲み始めてからは体調崩してないな...。飲んで数分経つと、良い感じでお腹もゴロゴロしだします(お腹を壊すわけではありませぬよ)。


自分だけでなく、子どもや夫の健康も預かる主婦の身としてはこの時期、食にも一層気をつけるようになりますよね。インフルエンザにかからないように、毎日元気に学校へ行けるように。
食の大切さを、沖縄県産野菜の魅力を交えて伝えている女性が、明日1月18日(木)10時から放送の「キッチンの女王」のゲストです。生放送ですよ〜。

FM83.2MHz
メールアドレス:kitchen@fmtoyomi832.com
無料アプリでの聴き方はコチラ。(県外からも聴けます♪)

曲のリクエストや、簡単レシピ、「ネイティブ発音で一言中国語」のコーナーで習いたい中国語など、どしどしお寄せくださいね。

あれ、今日暖かいと思ったらなんだか冷えてきた?
明日、元気に生放送できるように暖かくして過ごそうっと。








第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-17 11:52 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
初夢のインパクトの強さ...
f0370669_17104242.jpg
今年の初夢はかなり躍動感のあるストーリーと脳内映像でした。

なぜか、「キッチンの女王」の収録スタジオがパレットくもじの一階にあり、ゲストはこれまたなぜか FM 沖縄の人気女性パーソナリティー・某Mトニーさんで、サービス精神旺盛なMトニーさんとガハガハ笑いながらトークを展開していたところ、スタジオの窓ガラスの向こうに、国際通り方面からカチャーシーを激しく踊りつつスタジオに向かって交差点を渡ってくる ISSA &DA PUMPの他メンバーを発見。
Mトニーさんと慌ててアイコンタクトで「これは...呼び込むよね?ラジオ的に」「行くでしょ、もちろん」と意見を合わせ、「来て!入って来て!生放送にこのまま出て!」と手招きすると「え、いいの?マジ?」という表情を見せつつ、カチャーシーを踊りまくりながら ISSA& DAPUMP が乱入。カオスになりながらも神回の収録になるという、まあ、ものすごい濃い内容でした。


...なんか全然わかんないけど、幸先良さげじゃないですか?

写真は、この夢の話を友達に聞いてもらった日に行った、南城市のタイ料理屋「シャム」のグリーンカレーです。スプーンをどかすのももどかしく、適当に撮ってさっさと食べ始めたことを、写真を見てから「...面倒臭がらずにどかせば良かった」と後悔するのは、まあ、いつもの事になりすぎてもはや気になりません。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-13 09:02 | 沖縄暮らし
キンカンを買ったものの...
f0370669_16335422.jpg
キンカンは娘の大好物なんだけど、スーパーでは結構な高値がつけられていませんか? 一個いくらで売っているキンカンなんて、とても手が出ません。
行きつけのアグリハウス東風平でこの値段だったので迷わず買ったものの、まだ時期が早かったのか少し酸っぱめ。甘露煮にしてみようかしら。

それにしても今週は、沖縄もキッチリ寒波に見舞われましたね〜寒い! 中部ではヒョウだかアラレだか、とにかく氷雨が降ったそうで。

南部でも雨は降っていて、一風変わった虹が見られたので慌てて連写。助手席でよかった〜。


f0370669_16444680.jpg

f0370669_16444754.jpg

こんなに低い位置に出る虹は初めて見ました。弧のカタチが独特。夢の国への入り口感漂ってます。

ちなみに私は、凍える寒さは苦になりません。沖縄に移り住むことを決めた時、冬の寒さと縁遠くなることだけが寂しかった。なので、今年の冬の寒さにはワクワクしています。









第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-12 16:58 | 沖縄暮らし
究極のバスケットボールエンターテイメント、「個人で戦う」バスケットボールリーグ「CROSS OVER」
f0370669_09262494.jpg
今年最初のゲストコーナーは主婦ならぬ「主夫・バスケットボーラー」が出演してくれたよ〜。

沖縄の「個人で戦う」バスケットボールリーグ「CROSS OVER」をご存知ですか?
とりあえず動画を観た方が早い。

https://youtu.be/Rocwr-fUj6c
(なぜか埋め込めなかったので、リンク飛んでください〜涙)

DJいるしダンスはあるしMCもカッコいいし、BMXをはじめとしてスペシャルパフォーマンスもあって...。これがバスケのゲーム? 既成概念が覆ります。
それより何より、選手との距離が近っ!
動画で観ていても臨場感半端ない。

クロスオーバーのボーラーの中から、既婚のお二人が番組に来てくれました。
f0370669_09262404.jpg
お二人のお子さんがいる TEBICHI(テビチ)さん。

f0370669_09262455.jpg

ねえ、まじでこの名前で呼んでいいの?って何度か確認した CHARA-O(チャラオ)さん(全然チャラくないことがトークで判明...)。

お二人とも家庭を持ちながらプロボーラーとして活動なさっているわけです。

クロスオーバーの基本的なルールから始まり、その魅力、そしてめちゃめちゃお得に観戦できる裏ワザも教えてもらいましたよ。いやほんと、放送聴いてからチケットとらなきゃ損よ!
※1/13(土)10時〜再放送もあります


やっぱり生(ナマ)で観るのと、なんらかの媒体を介して観たり聴いたりするのとでは全然違うよね。音楽もスポーツも木下大サーカスも(豊見城でやってるよ〜)。

子ども連れでの観戦も多いらしいんだけど、すごく良いと思う。プレーの激しさや美しさ、試合の面白さや臨場感。ルールをしっかり理解していなくても、肌で感じるその感度は、きっと大人以上に敏感だと思うから。クロスオーバーがきっかけでバスケに興味を持ったり、もともとバスケ部に入っている子なら新たな目標を見つけたりできそうだもんなあ。

大人はね、特に女性はね、イケメンボーラー揃いなのでその点でオススメらしいっすよ(観戦の常連さん談)。
f0370669_09262364.jpg

ご自身もラジオ番組を持っていらっしゃったというのに(むしろそのせいで?)番組終盤までずっと緊張していた全然チャラくないCHARA-Oさん、カメラ向けたらちゃんとチャラくなるやん。えらい。

夫以外の同年代の男性とゆんたくする機会ってほぼないので、全編テンション上がっております、私。
選曲もさすが、かっこいいナンバー選んでくださってますよ〜。
もちろん、100文字レシピもある!聴いてね〜

////////////////////

f0370669_09135370.jpg
CROSSOVER 2018 SEASON 開幕戦
日程:2018年1月12日(金)
会場:ミュージックタウン音市場3Fホール
時間:OPEN 18:00 START 19:00
料金:
【S席】2,500円
【立ち見券】1,000円
【立ち見券/高校生以下】500円
当日券 各500円up
【チケットプレイガイド】
イープラス(ファミリーマート)
ローソンチケット(Lコード:81535)
ミュージックタウン音市場
【お問い合わせ】
CROSSOVERZ(CROSSOVER実行委員会):tel 098-926-4551
ミュージックタウン音市場:tel 098-932-1949
主催:CROSSOVERZ(CROSSOVER実行委員会)
共催:ミュージックタウン音市場
協力:ステップバイステップ、CHAMPION、沖縄市観光物産振興協会、ロクト整形外科クリニック、浦添総合病院、ダンススタジオM.I.L.K、CHURA DESIGN、沖縄コカ・コーラボトリング(株)、オリオンビール(株)、楽学喜support ACCENDO、株式会社サンコー、炭火焼串焼き屋すみか




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-11 10:07 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
沖縄こどもの国は、新年早々楽しい。
f0370669_13372197.jpg

1月4日に放送した「キッチンの女王」のオープニングトークでも話しましたが、急に思い立って1月2日の朝からこどもの国へ行ってみたところ、想像以上に楽しかったです。

ねえ、いつの間に像舎増えたの?知らなかったー。遊園地ゾーンの奥の方にできていて、こんな間近で見られました。お鼻にも触らせてもらったよ〜(すんごいザラザラ)。

それにしても、朝から行くと園内が空いていてすごく良い。ゆったり見られるし、心なしか動物たちもリラックスしているように見えました。

f0370669_13372342.jpg

カバの餌やりも見られたし、

f0370669_13372632.jpg

トカゲさんのお食事も観察。生きているコオロギを捕食していました。

飼育員さんの解説がとても上手で興味深い。プロだなぁ。質問にも快く答えてくださいました。


f0370669_13372783.jpg

ふれあいコーナーでは毎回ひよこちゃんに夢中です。


f0370669_13372927.jpg

優しく両手で包み込んであげると、温かくて眠くなり、目をつぶっちゃうひよこちゃん。たまらんよなぁ、この表情。

f0370669_13382964.jpg

メリーゴーラウンドやゴーカートに乗り、

f0370669_13383257.jpg

遊具コーナーで何をしているのかと思いきや


f0370669_13383457.jpg

先ほど見た餌やりよろしく石を一生懸命口の中に入れている息子でした。


f0370669_13383659.jpg

100円フローズンで喉を潤しながら13時になるのを待ち、


f0370669_13383786.jpg

園内に隠された200個のゴールドボールを探すイベントも行われていたため、見つけたボールをお年玉と引き換え。お年玉の中身は内緒〜。

お正月に限らず、普段からこどもが楽しめるイベントを頻繁に企画している沖縄こどもの国、素晴らしいと思う。

f0370669_13394160.jpg

もちろんワンダーミュージアムにも寄ります。だってこども一人100円だし(大人200円だし)。

こちらも来るたびマストなアイロンビーズ。戌年にちなんで犬さんストラップを作りました(200円)。


f0370669_13394342.jpg

4歳になったばかりの息子ですが、3歳の頃から一人で作れます。上手〜。

f0370669_13394557.jpg

9歳娘は途中抜け出して、「尻尾フリフリ競争」に出場。「とにかく激しく尻尾を振って、テーブルの上のボールを早く落とす」という趣旨のゲームでしたが、自分の番が回って来るまで戦況を見守り、「ボールはだいたい一列に置かれるので、ゆっくりとほうきで掃くように、一度で下に払い落とした方が早い」ことを見抜いた娘。年下相手に遠慮なく本気で勝負。勝負以前に犬コスかわいい。

f0370669_13394726.jpg

1月8日までは1日に2回、『ワンダークリスタル』と称してシャボン玉が降って来る特別イベントも行われています。

f0370669_13394921.jpg
f0370669_13402599.jpg

泡だらけになって大はしゃぎ。


f0370669_13402628.jpg

巨人になったり、

f0370669_13402849.jpg

小人になったりも。


こどもの国に到着したのは朝10時。結局4時間半ほど園内で過ごし、大満喫しました。

今年も子どもたちと色んなところに行き、色んな表情を見たいなぁ。









第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-05 14:16 | 「家族でリッカ」
おせち覚書 2018
f0370669_10104192.jpg

正月料理覚書
<材料>
・ゆずはかねひでが安い
・レンコンはマックスバリュ
・栗の甘露煮は業務スーパー
<調理>
・紅白なますは30日に作って味をなじませる
・黒豆は一晩水に浸けずに作る
・黒豆の重さを控えておく
・ターンムは無しが良いかも

今年初めて、黒豆に失敗した。。
毎年クックパッドレシピにお世話になっていて本当にただ茹でるだけなんだけど、一晩浸けてしまったせいで皮は破けるしシワはできるし。なぜ一晩浸けたりしたのか...(袋に書いてあったからである)。

そもそも、年1回しか作らないため基本の作り方が頭に入っていないってのが問題。簡単だし、普段から作ろう、黒豆。

娘は朝から有頭海老を4尾食べ、息子は黒豆をお代わり。
「幸せな正月だね〜」と夫。本当にねぇ。
鹿児島の父からも元気な声で電話がありました。今年は脳梗塞再発しないようにねー(一昨年と去年、1年間で3回発症)と言うと「もう大丈夫だ!」と自信たっぷり。自信、大切。

我が家では元旦(つまり1月1日の朝)に正月料理を囲むのが恒例です。
お昼は毎年、義実家で美味しいお雑煮をご馳走になっています。
そして夕飯は一昨年から、外食に。

正月の夜の外食、オススメです。混雑してなくてのんびりできるし、主婦的には正月料理作った打ち上げみたいな気分でテンション上がります。
今年は夫が焼肉おごってくれるらしいです。ラッキー。

毎年2日は親族の集まり、3日はホテルランチ&初詣と決まっていますが、1日はのんびり。後で公園に行こうねーと話しています。

暖かく穏やか。まさに「イイ ソーグヮチ デービル」。








第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2018-01-01 10:35 | 沖縄暮らし
良い一年だったというのは。
f0370669_15085245.jpg
2017年も良い一年でした。

良い一年だったというのは、思わぬラッキーに頻繁に恵まれたとか、10年後にもすぐに思い出せるようなビッグイベントがあったとかではなくて。

やりたいと思えることがあり
チャレンジできる時間も気力もあって
実際やってみるとうまくいくことは稀で
「まだまだだなぁ」と思うことの方が多いために精進の余地があり
嬉しいことを報告したいと思える友人がいて
楽しい時間を共有できる友人にも恵まれ
時に人に求められてお手伝いをし
時に人に救いを求めると応えてもらい
大切に想っている家族に、同様に大切に想ってもらえていて
家族みな心健やかに過ごすことができた。

そんな一年だったからです。
来年もきっと良い一年になるだろうなぁということはなんとなくわかっていて、
そうなるようにやっぱり、生き生きと過ごそうと思います。

人生って素晴らしい。
みなさま、良いお年を。
年明け1月4日の生放送でお耳にかかりましょう。






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-12-31 15:11 | エッセイ
すっかり身軽になった、30代。
f0370669_17385926.jpg

塗りのお椀を新調しました。

クリスマスが終わってから大晦日までの約一週間が、一年の中で一番好きです。締めくくって、また始まる。その瞬間に備える、静かで少しだけ厳かな、心の状態が心地よくて。

来年で私は40歳になります。今月、忘年会よろしく友人たちと食事を愉しむ機会があるたびに、この一年を思い返すとともに、「この十年」についても振り返りました。それがとても興味深く、また意義深くて。私の場合はつまり、30代だったこの10年。

f0370669_17390052.jpg
初めて玄関に正月飾りを。福岡で一目惚れしたもの。

10年前の私はもっと、いろんなものが欲しくて、でも手に入らなかったり、手に入れた後に失望したり。目移りしては、飛んで。ぶつかっては、打ちひしがれて。

そんなもがきの時代を経て、今ではかなり身軽になりました。
求めるものがシンプルになり、余計なものが削ぎ落とされ、あまり悩んだり迷ったりしなくなった。動揺することも少なくなり、怒りを撒き散らすことも減った(多分)。

私も成長した!
...ではなくて、周りが教えてくれた。そんな10年でした。

そして2017年は、少しずつ自分のペースを取り戻していった一年。
だから2018年は、かなり突っ走る予定。YES!!

f0370669_17390000.jpg

あなたの2017年はどんな1年だった?
2018年はどんな1年にしようか? 教えて。聞きたい。私のも、もっと話しちゃうよ。

28日(木)のメッセージテーマは「この一年or10年の振り返り&2018年への期待」です。

メールの宛先:kitchen@fmtoyomi832.com

FMとよみのお隣の青果店、瑞々しいラフランスが1個あたり100円を切る値段で販売されているのでオススメ。年末の野菜や果物の調達がてら、私にも会いに来てね(FMとよみのガラス張りのスタジオは、外から観覧できます)。









第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-12-26 18:00 | メールスペシャル
インフルエンザの大流行をクラスみんなで回避できたのは、これのおかげ。
f0370669_12415752.jpg

「鼻うがい・鼻洗浄」
って、聞いたことありますか?
簡単に言うと、鼻から水やお湯を吸い込んで、口から吐き出すといううがい法です。想像するとめちゃくちゃ痛そうでしょ? 普通の水でやっちゃうとそりゃ痛いのですが、塩分を一定量入れることで全然痛くなくなるんです。

私が初めて鼻うがいを経験したのは小学校4年生の冬でした。当時インフルエンザが大流行。どの学年・学級にも感染者が出ていました。私たちのクラスを除いて。

我がクラスがインフルエンザの猛威をものともしなかったのはまさに、この鼻うがいのおかげに他ならないでしょう。担任の先生が毎日、給食後の歯磨きが終わってから生徒を一列に並ばせ、やかんで沸かしたお湯を全員のコップに注ぎ、適当に塩を混ぜてうがい液を作って、鼻うがいをさせていたのです。最初は恐る恐る行なっていた私たちも次第に慣れ、鼻から口へ、または右の鼻の穴から左の穴へなど、縦横無尽に塩水を鼻の奥に行き渡らせることができるようになりました。

鼻うがいをやっていたのは私たちのクラスだけ。看護師だった母も、鼻うがいの効果に目を見張ったものです。

そして、数年前にトップ画像として載せた「ハナクリーン」と「サーレS」のセットをアマゾンで見かけて即ポチ。これ、とても使いやすいです。鼻うがいも進化したものだなぁ。

f0370669_12415784.jpg

この「サーレS」が食塩の代わりです。ハナクリーンで行う鼻うがい一回分が個包されています。ハナクリーンにお湯を注ぎ、このサーレS一袋を入れてよく混ぜたら、すぐに鼻うがいができます。きちんと濃度を調整しているため、鼻が痛くなることはありません。また、ハナクリーンには入れた水の温度を表示する機能が備わっているので、適温になっているか否かも一目瞭然です。

娘はアレルギー性鼻炎なので、親が促さずとも日常的に自ら鼻うがいをしています。奥に詰まった鼻水が出てきてとてもスッキリするんだとか。

以下、サーレS商品説明からの抜粋。

///////////

■なぜ鼻洗浄が大切なの?
人は主に鼻呼吸をしているので、鼻粘膜に付着したウイルスや花粉などの有害物質は早めに洗い流すことが大切。
鼻洗浄は鼻粘膜に付着した有害物質だけでなく、詰まった鼻水も洗い流せて鼻がスッキリ気分爽快。

■こんな時にオススメ
花粉症・慢性鼻炎・副鼻腔炎・風邪・インフルエンザなどの原因物質を洗い流したい時。
黄砂・PM2.5・ほこりなど汚れた空気を吸った時。
鼻のムズムズや不快感などで鼻をスッキリさせたい時。
鼻の手術後のケア。

///////////

先日、数年ぶりにひどい、それはそれはひどい喉風邪をひいてしまった私。のどや鼻に異変を感じてから対処するのではなく、やはり「未然の防止」が大切だなぁと痛感、毎日鼻うがいをして、体調管理に務めることを誓ったのでした。

ああそれにしても、風邪の治りの遅いこと。寄る年波には勝てません。ほんの数年前までは一晩バーっと熱が出流だけで、翌朝にはスッキリ治っていたというのに。「風邪ぐらい」と気軽に構えていましたが、そうもいかないお年頃になってきました。

あなたの体調管理法もぜひ教えてください。
毎日の手洗いにオススメの石鹸や、風邪のひき始めにぴったりの体が温まるレシピ、意外だけど本当に効くよ!というおばあちゃんの知恵的対処法などなど...。
明日30日放送のキッチンの女王は、「私の体調管理法」をテーマに、メッセージを募集します。

メールフォーム または kitchen@fmtoyomi832.com まで送ってください。

健康に冬を越せるよう、みんなで知恵を出し合いましょ💖




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-11-29 13:09 | メールスペシャル
大阪仕込みの本格イタリアンランチが1000円で。「Italian Poco あまら」
f0370669_15225380.jpg

「海老のトマトパスタ」と聞いて想像していたのが、よくあるまったり濃厚なトマトソースだったので、一口食べてそのピリ辛な味わいにびっくり。でも、このスパイシー加減がすごく良い!辛すぎず、でもしっかり辛い。魚介と野菜から出る出汁もまた、しっかり麺に絡んでいて美味しいのです。
トマトパスタといってもトマトクリームでもミートソースでもなくて、ベースはオイル(かな?)。ちょっと体調を崩していた私には一層嬉しい、元気が出そうなパンチのある味でした。

大げさなことは言いたくないんだけど、こういうパスタって食べたことなかったなぁ。良いなあ、スパイシーなトマトパスタ。
とすっかり惚れ込んで、二回目に訪れた時もやっぱりトマトパスタをオーダーしたのでした。

f0370669_14583072.jpg
パンも一から手作りしていて、手間暇かかってます。ハーブがほんのり香る、パスタに合うパン。もっちり弾力があります。
最初に出てくるサラダにも一捻り。スターフルーツが添えられていたり、ドラゴンフルーツが入っていたり。

県産野菜をたっぷり使っているのはわかるのだけど、いわゆる「沖縄感」はそれほど強く感じさせなくて。うまいことイタリアンに採り入れているなぁと感心しちゃいます。

友人とのユンタクに花が咲いてすっかり撮り忘れてしまいましたが、デザートのパンナコッタも大人な風味で良かったです。バニラビーンズがしっかり香ります。

サラダ、パン、メインのパスタにデザート、さらにはコーヒーや各種ハーブティーなどのフリードリンクがついてジャスト1000円(税込)という手頃すぎる価格も嬉しい。

我が家のすぐご近所にあるので、「こんな名店、絶対よそに移って欲しくない!」と勝手に宣伝を頑張るつもりでいましたが、2回目に訪れた際にはひっきりなしにお客さんがやってきて、あれよあれよという間に満席に。私が骨を折る必要は全然なさそうです。

良店の噂がすぐに広まるのは、きっとどこも一緒なのね。

f0370669_14583034.jpg
Italian Poco あまら
豊見城市高嶺391-1 2F
open
11:30〜15:00(LO14:00)
18:00〜22:00(LO21:30)
close 水
駐車場2台分あり



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-11-20 15:18 | そとごはん
スタジオとラウンジで学び、動き、食を愉しむ。「Triangle」 さなえPさん
f0370669_12533924.jpg
10月にオープンしたばかり、沖縄市の「Triangle」からさなえPさんにお越しいただきました〜。

ヨガやズンバ、バレエストレッチにフラメンコのレッスンも行っている「スタジオ」と、食事やドリンクを提供するだけでなく料理教室や各種ワークショップも開催する「ラウンジ」、二つの広々としたスペースを擁するこれまでにない形態のスポットで、何やら楽しそうです。

f0370669_13380128.jpg
ラウンジと、

f0370669_13391705.jpg
スタジオ。
ひ、広っ!
エクササイズどころか、ウォーキングレッスンも撮影もできちゃいます。

f0370669_13380233.jpg
スタジオプログラムを受けずとも、ラウンジでのお食事やドリンクは誰でも楽しめます。

f0370669_08453746.png
f0370669_08453959.png
f0370669_08453852.png

美味しそうな画像は Triangle さんのインスタから。こちらも要チェックです。

体を動かすのが好きで色々なエクササイズに手を出して来た私ですが、みっちりレッスンを行なった後はつい、スーパーや飲食店によって欲望のままに飲んだり食べたりしがちなのです...。レッスンスタジオにヘルシーご飯が食べられるお店が併設されているなんて、渡りに船だわ。

f0370669_13380290.jpg
f0370669_13380200.jpg
f0370669_13380130.jpg
これこれ〜。
ベッドが並んだような、超ビッグサイズのソファー!
大きいだけじゃなく、座り心地もちゃんと追求して選んだそう。今度座らせてもらおー。

ラウンジでも「マヤ暦ワークショップ」や自分の名前と住所を美しく書くレッスン「美文字ワークス」、もっちりベーグルが人気の 「cuuma(クーマ)のパンとお菓子教室」など、ジャンルを超えた刺激的なレッスンが目白押しです。

ラウンジとスタジオ、それぞれのレッスンスケジュールはこちら
すでにキャンセル待ちの人気レッスンも〜〜。

沖縄市。
豊見城インターからペペッと高速乗っちゃえば30分で着いちゃうので、個人的には「近所」の位置付けです。
たっぷりとあるスペースをフレキシブルに使っちゃう Triangle 。ワクワクなイベントを次々と企画してくれそうで、これからの動向も楽しみだなぁ。
f0370669_13380266.jpg
studio and lounge Triangle
沖縄市園田1丁目2-29 2F
instagram→⭐︎


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-11-18 09:04 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
フレンチキュイジーヌとアートのコラボ。「『水と空に、触れる』 愛するものを一枚の皿に一滴の水に一筋の線に」
f0370669_12224725.jpg
お一人でも華やかな見目麗しいお二方が一緒にゲストに来てくださったもんで、それはそれはゴージャスでした。

美味しい食事って、アートとの相性が良いと思いませんか? 息を呑むような風景、心のずっと奥に染み込むような音楽、大切なことにハッと気づかせてくれるような絵画。食と芸術って互いにその価値を高め合える、ベストなパートナーのようにも感じるのです。

南城市・安座間の海を見晴るかすガラス張りの美しいアトリエで、フレンチキュイジーヌとビオワインに舌鼓を打ちながら、ライブペインティングを鑑賞できるというアーティスティックかつゴージャスなイベント「『水と空に、触れる』 愛するものを一枚の皿に一滴の水に一筋の線に」の告知に、プレシャスライフクリエイターの宮平亜矢子さんと、画家の梅原龍さんがお越しくださいました。

イベントプロデュースは亜矢子さん、ライブペインティングを行うのは旅をテーマにした絵を描いて日本各地で個展を行う龍さん、そして料理を提供するのはあの「名前のない料理店」の小島圭史シェフ。なんと豪華な組み合わせでしょう。募集開始後2週間と経たないうちに定員に達したのも納得です。

これからも様々なアートイベントを企画する予定だということなので、亜矢子さんの運営する「AI Terrace Co. 」の活動、要チェックですね。
亜矢子さんと龍さん、それぞれが行う12月のイベントも楽しみです。

私が「豊見城市ヘッドラインニュース」を読んでいる目の前で、内容にウケてくれているのが見えて密かに嬉しかったです。
本番前も本番中も終わってからも、3人で互いをいじりまくって楽しんでいた私たち、なんなんでしょうか(笑)。いじられて実は満更でもないっていう... 隠れMの集まり?楽しかったです〜。

Merry “Music” Christmas
2017年12月2日(土)
受付18:30  開宴19:00~21:00(予定)
場所:Pine Tree Bless (Tギャラリア沖縄3F)
申し込み→⭐︎

梅原龍 個展
日時:12月16日〜22日


AI Terrace Co.
FBページ ⭐︎

梅原龍

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-11-04 09:45 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
平均年齢71歳のロックンローラーたちを率いるゴスペルシンガー!

これはまさに、プロローグです。序章。
でも、かっこいいでしょ? ロックでしょ? 宮古のフェスが俺らを待っていて、目標はカーネギーホール。

1:44 辺りからコメントシーンが流れるコーラス指導の先生が、明日の「キッチンの女王」にゲストとしてご登場くださいます。

彼らが歌うブルーハーツの「人にやさしく」がものすごく良いんですよ。響くんです。


メンバーが皆さん本当にカッコいい!
動画の中で何度かコメントなさっている屋良博之さんは豊見城市在住。明日は彼の曲も流しますよ。

彼らのステージがどれほど感動的だったかは、以前アップした記事「平均年齢71歳のメンバーが歌うロックンロール! “ One Voice ”」をご覧下さい。
ていうか見て! お願い。この感動を(明日の生放送前に)少しでも分かち合いたい〜。

私は明日、初めて先生とお話しさせていただくんですが...すでに好き、大好き。絶対ステキな女性!
だから、明日午前10時FMとよみ83.2MHz、きっと聴いてね!約束だよ!
(お仕事やご予定アリの方は、土曜の再放送でお逢いしましょう💟)

豊見城市外・沖縄県外にお住いの方は、無料アプリで聴けますよ〜。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-18 14:56 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
圧巻!美しくしなやかな、浜辺を歩む生命体「ストランド・ビースト」に会える「テオ・ヤンセン展in沖縄2017」
f0370669_11540811.jpg
テオさんの説明を聴きながらのアニマリス・シアメシスの「リ・アニメーション」、盛り上がりました。つまり、テオ・ヤンセン氏による芸術作品「ストランド・ビースト」を、ご本人の解説と共に実際に動かして見せてくれるという企画。そんな魅力的なイベント、観に行かない手はありません。

f0370669_11540672.jpg
f0370669_11540751.jpg
メカニズムの説明の後、テオさんの合図でシアメシスが帆を張り、ばたつかせ始めました。圧巻です。

f0370669_11540797.jpg

そして無数の足をリズミカルに動かして前進。会場内で「おおっ!」という大きなどよめきが起こりました。

この時に、「キュキュキュ...キュキュ...」という音が絶えず鳴っているのです。ビーストのそれぞれの部位が動くときに発生する音なのだと思いますが、これがまるで鳴き声のようでした。シアメシスに声帯があれば実際にこんな声を発するのではないかな、と思うような音なのです。

f0370669_11540645.jpg
リ・アニメーションと解説の後、観客からの質問にもたくさん答えてくれていたテオさん。丁寧かつ優しい物腰で、お人柄が伝わってきます。
「キッチンの女王」にもご出演くださった実行委員の戌亥近江さんも、会場で忙しそうになさっていました。テオさんにマイクをつけてあげています。

展示のごくごく一部を写真でご紹介。
f0370669_11532344.jpg
f0370669_11532485.jpg
f0370669_11532527.jpg
オランダの浜辺のものでしょうか、砂がついているのが見えます。

f0370669_11532596.jpg

テオさんって絶対子ども好きだと思う。じゃなきゃ、こんなに子どもたちが目を輝かせる作品は作れないはずだから。

f0370669_11532524.jpg
f0370669_11532585.jpg

f0370669_11540692.jpg

「ホーリー・ナンバー(聖なる数字)」の妙。
ホーリー・ナンバーとは何か? 会場の説明をご覧ください。やっぱテオさんってスッゲーんだなぁ!と思います。

f0370669_11532233.jpg

子どもたちが展覧会を楽しめる工夫も盛りだくさんです。スタンプラリーの用紙、どの子どもたちもみんな手に握りしめていました。

f0370669_11532209.jpg

f0370669_11532362.jpg

テオさん直筆の設計図に惹かれた人は多いのではないでしょうか。私ももっとじっくり見たかった...。筆致の美しさ、丁寧さ、図形の流麗さ。そのまま飾っても絵になる様は、まさにアート作品そのものです。

f0370669_13112117.jpg

f0370669_11540861.jpg
会場でばったり会えたら良いけどなぁ〜...と思っていた人に、本当に会えちゃいました。 LITTAI metal works の仲地正樹さん!かれこれ6年ぶりの再会です。短い制作期間で完成させた LITTAI のビーストちゃん、なんと「ごめんなさい、化石になりました...」の張り紙がされているではないですか。

仲地さんも目を丸くしながら「だからよ〜、どうしてかね〜」としゃがみこみ、化石になった(=壊れちゃった)原因をその場で探り始めました。

f0370669_11543662.jpg


するとあっという間に人が集まってきて。「それ、壊れてるみたいですよ〜」とお客さんが仲地さんに声をかけているのも聞こえた...。作品を勝手にいじり始めた一般客だと思われているよなぁ、絶対。「この作品を作った作家さんなんですよ、すごい方なんです! 鉄で素敵な作品をたくさん作ってるんです」と説明する役をやりたかったのですが、でしゃばるのもアレなので我慢しました。

f0370669_11543618.jpg

この子が動くのも見たかったなぁ。なんと愛らしい姿をしているのだろう。

f0370669_11543750.jpg

夜になったら動き出して、勝手に美術館・博物館内を散策していそう。常設展示物の「沖縄に生息する生き物」たちと触れ合っていそうじゃないですか?

f0370669_11543741.jpg

会場ではビーストが海を歩く映像が映し出されていて、それをじっと眺める方々がすごく多かったのが印象的でした。

f0370669_11540865.jpg

その気持ちがすごくわかる。「ストランド(=砂浜)・ビースト(=生命体)」だもの。やっぱりビーチを歩いているところも見たいですよね。ビーストたちもきっと、沖縄の海の砂の感触をその足で確かめ、沖縄に吹く風を帆に受けて歩きたいと思っているだろうなぁ。素敵な美術館・博物館ではあるけれど、やはり生き物だから。室内にじっとしているというのは窮屈ではないかなと思ってしまいます。

そして実際に、沖縄の浜辺をビーストが歩くイベントを予定しているそうですよ。11月26日(日)、場所は「あざまサンサンビーチ(予定)」。アフター・エキシビジョンの位置付けで無料で観られるそう。詳細はHPをご確認ください。

子ども達も夢中になるテオ・ヤンセン展、お勧めですよ。次、沖縄で観られるのはいつになるか、、、というか、観られるかどうかもわかりません。この機会にぜひ。

f0370669_17393826.jpg
『テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017』
10月3日(火) 〜 11月11日(土)
9:00~18:00(金・土は20:00まで)
@沖縄県立博物館・美術館
那覇市おもろまち3-1-1
098-941-8200
※入場は閉館の30分前まで
〔休館〕月曜日<但し、10/9(月・祝)は開館、10/10休館>
※大人1200円、高校・大学・専門学生800円、小学生・中生生600円
※未就学児無料 *障害者手帳をお持ちの方は会場にて割引料金あり


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-10 13:06 | 沖縄暮らし
誕生日ケーキにシフォンケーキ? 全然アリです。
f0370669_15302583.jpg
今年の娘の誕生日ケーキは、本人たっての希望でキングスベーカリーさんのホールタイプのシフォンケーキでした。

シフォンケーキを誕生日ケーキに?! とちょっといぶかりましたが、お店の方に訊くと「結構いらっしゃいますよ〜」とのこと。

f0370669_15302582.jpg
キングスベーカリーといえばこの箱なのですよね。少しレトロなデザイン、良いわ〜。

f0370669_15302560.jpg
ほら、ちゃんとロウソクも立ちます。

f0370669_15302611.jpg
一度で吹き消せたからと大喜びで万歳までするなんて、まだまだ可愛いものですなぁ、3年生。

f0370669_15302604.jpg
キングスベーカリーさん、シャンメリーもしっかり置いてます。お店をはしごせずにパーティーの用意が整うので助かります。

以前キングスベーカリーさんの記事を掲載した時の反響が、とにかく凄かったです。
「ここのケーキで育ったから、我が子にも」。創業40年の老舗洋菓子店「キングスベーカリー」

当時は沖縄の某ローカルブログサイトで掲載したのですが、アクセス数もすごかったしコメントも。「懐かしい!」「私もここのケーキで育ちました」「中部在住ですが豊見城まで買いに行ってたの思い出しました」などなど。市民ばかりでなく、沖縄県民全体に広く愛されていることをとひしひしと感じました。

そして近々、お店の近くにカフェができるようで、そこではキングスベーカリーのケーキも食べられるとのこと。ご近所さんなので一層楽しみ。

娘が今回このケーキを熱望したのは、友だちの間でこちらのシフォンケーキ(カットされたもの。1個150円)が流行っていて、お小遣いで買って食べたらとても美味しかったから、とのこと。お店のスタッフさんにも「娘さん、何度かお友だちと来てくれてますよ〜」と言われました。
生活圏内に商店街があるって良いものですね。

同級生女子の間で流行っているというだけあって、誕生日会に来てくれた女の子たちも喜んで食べてくれました。よかった。

f0370669_15391826.jpg
こちらは家族だけでお祝いした日。娘の誕生日当日です。
娘はここ数年は毎年、「友達と」「家族だけで」「祖父母や伯父伯母も一緒に」と三回もお祝いしています。誕生日当日が平日だと、みんなで集まるのはなかなか難しいから。本人は何度も「おめでとう!」と言われるので嬉しそうですが... 家計のことを考えるとなかなか、ねぇ。
夫は「年に一度のことだから良いんじゃないの」。
ま、そういうことにしておこう。

f0370669_15391804.jpg
f0370669_15451589.jpg
この写真を撮影した辺りまでは超ハイテンションだった息子ですが、姉ばかりが祝われるのでプレゼントを渡すシーンで号泣。

うん、想定内。

f0370669_15391973.jpg
ちゃんと息子にもミニプレゼントを用意していた私、グッジョブ。

君の誕生日はもうすぐだねぇ。みんなでお祝いしようね。

キングスベーカリー

豊見城市高嶺399-2
open 10時ころから9時まで
close 正月三が日と旧盆期間中
098-850-4380





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-06 16:10 | 「キッズルーム」
スイーツ並みに甘く香る豚肉ステーキ。飼料からこだわった上質な豚肉料理を堪能。紅あぐー直売所「がんじゅうファーム」
f0370669_17092139.jpg
運ばれてきた時、アイスクリームみたいな香りがしたのよ、本当に。それほど甘いということか。
油が飛び散らないようシートが被せられて登場したのは....

f0370669_17092251.jpg
じゃじゃーん、出た〜。紅豚骨付きロースステーキ!
やっぱり香りが甘い。ギャートルズ的肉厚ステーキ、しかも紅豚! なんて贅沢...。

おそらく味付けはほとんどされてないのにすごく美味しい。十分旨味があるからそのままで良い。むしろ、味付けしたくない。紅豚本来の味をしっかり楽しめるから。


f0370669_17103005.jpg
私はこちらにしました。喜納農場で育った紅あぐーのハンバーグ。

f0370669_17103074.jpg
箸で切り分けたら、思わず鼻に近づけて香りを嗅いじゃいました。豚肉にありがちな臭みが一切ないの。丁寧に育てられた豚の肉ってこんなに良い香りがするんだ...って、しばらくボケーっとしてしまった。じゅわーっと溶け出した脂身が滴ります。

なんて美味しいの。一口食べるごとに元気になれる、力がみなぎって来るあの感じは、上質な肉を食べたときにしか味わえない感覚なんだよなぁ。

f0370669_17092121.jpg
なんとお得なビュッフェ付きだったんですが、ここの豚汁がものすごかったんです。

f0370669_17103043.jpg
融点が低いために溶け出した豚肉の脂が甘くて美味しい。しかも、サラサラしていて全然しつこくない。豚肉も厚みがあるのに、ほろほろ崩れるように柔らかくて、もう感動!
メインが運ばれてくる前から放心状態。「なにこれ、なんなの、美味しすぎる...」
ビュッフェが充実していてサラダもあるんですが、サラダは後でお腹に余裕があるときに食べるべし。(大きな声じゃ言えないけれど、でも書いちゃうけれど)野菜食べてる場合じゃない。豚、豚! こんな美味しい豚汁をビュッフェで食べられるなんてサイコーです。

「...家族に持って帰りたいね...」

と友達がポツリ。ほんとよ、「この美味しいの食べて!」って言いたくなるよね、大切な人に。次は家族を連れて来るしかないね!と頷き合いました。

f0370669_17092140.jpg
野菜ももちろん美味しいですよ!

f0370669_17092023.jpg
こんなして置いてあったら取りたくなるじゃん、野菜だってツヤツヤで美味しそうなんだから。

f0370669_17092027.jpg
満腹でもお代わりしました、豚汁。幸せ...
f0370669_17103161.jpg
ロケーションもサイコーなんです。読谷の渡具知ビーチを眺めながら食べられる。
このビーチがまたのんびりしていて良い。人もまばらで、外国人が犬の散歩していたり、お母さんと赤ちゃんが浜辺を歩いていたり。
空が青くて、遠浅の海には穏やかな白波が立っていて、静かで、平和で、豚肉は美味しくて。

穴場レストランかな?と思いきや、12時をすぎるとどんどん客席が埋まっていきました。そうだよね、これだけ美味しくて価格も良心的なレストラン、地元の人が知らないわけないか。年配のご婦人方が多くて、「やっぱり良い肉を食べている方はがんじゅー(=頑丈、元気)なのだわ」と納得しました。

f0370669_17103174.jpg

f0370669_17103150.jpg
海を見下ろすように建っています。予約すればバーベキューもできちゃいます。子どもたちがのびのび遊べそうなビーチがすぐそこに広がっているし、暑さの盛りを過ぎてこれからの季節サイコーだよ、絶対。観光客の方にはあまり知られていないのかしら、全力でオススメしたい。


f0370669_17092021.jpg
豚肉や加工品の販売もしているんです。紅あぐーに至っては、ここでしか店頭販売はしていません。通販はできます。

f0370669_17091965.jpg

f0370669_17092069.jpg
ここぞとばかりに色々買いました。
そのご紹介はまた今度。




f0370669_17103110.jpg

紅あぐー直売所「がんじゅうファーム」
読谷村字渡具知228 渡具知ビーチ
098-982-8877
HP http://ganjyu.co.jp/market






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-05 17:45 | そとごはん
母豚の餌のパパイヤ栽培も自ら。脂身が甘くとろける「紅あぐー」を育てる喜納農場・喜納忍さん
f0370669_11344091.jpg
なに、豚足ピース?
可愛い!

グルメな友人が「この豚肉を食べたら他は食べられなくなる」と絶賛していた紅あぐー。育てているのは沖縄市の「喜納農場」ただ一ヶ所だけなのです。

その喜納農場で、養豚に携わりつつサイト運営も担当している喜納忍さんが10月4日のゲストです。

忍さんの父であり、喜納農場二代目オーナーである喜納憲政(のりまさ)さんは、「母豚のおっぱいにパパイヤが良い」と聞けばパパイヤの木を数百本植えて、パパイヤ作りから始めるという徹底ぶり。まさに人生を養豚に捧げているような方なのです。

「そのせいで家族がどれだけ犠牲になったことか!(笑)」

と笑いつつ、忍さん含め家族総出で喜納農場を運営していることから、家族の仲の良さ、そして養豚へかける喜納ファミリーの熱意が伝わってきます。

さて紅あぐー、どれだけ美味しいの? なぜ美味しいの? オススメの食べ方は? などなど、余すところなくお聞きしています。「キッチンの女王」、聴いてね〜。

リスラジこと「リッスンラジオ」というアプリを使うと県外でも聴くことができます。
聞き方はコチラ

木曜朝10時からです。よろしく〜

喜納農場
facebookページ→⭐︎
通販サイト→⭐︎

紅あぐー直売所「がんじゅうファーム」
読谷村字渡具知228 渡具知ビーチ
098-982-8877
HP http://ganjyu.co.jp/market




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-04 23:35 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
だって奥さんがニコニコしていた方が旦那さんは絶対、良いでしょ?チューイチョーク株式会社・豊田里絵子さん
f0370669_08583475.jpg

自分が前に出る!ということはまずしない女性。取材でも自身のSNSでも、映像や写真に自分が積極的に写ることはしないけれど、ご主人や会社を支え、導くその力はとてつもなく大きいことを、周囲の人は(きっと)よく知っているに違いない、そんな人。

8月24日のゲストは、フルーツタルト専門店[oHacorte]や雑貨屋[oHaco]を運営するチューイチョーク株式会社の豊田里絵子さんでした。

取材で初めてお会いしたのが6年ほど前。それからタルト専門店「オハコルテ」はあっという間に5店舗にまで増え、さらにはオハコルテベーカリー、そしてチューイチョークホームセンターがオープンし、来年から喜如嘉小学校跡地でシークヮーサーを原料にしたシードルの生産も始めちゃうっていう...。その勢いはとどまることを知らないようです。

で、ね。

私の番組は「働く主婦」に光をあてるのがコンセプトですから、実業家の妻という立場からのお話をぜひ、ぜひお訊きしたかったのですよ。だってこんなに手広く様々な事業に着手して、どんどん新しいことを始めて。これが我が夫なら...と想像すると、色々訊きたくなるじゃないですか。

f0370669_08583334.jpg
オハコルテベーカリーで扱うクッキー。分厚くてザクザクっとした歯ごたえがいい。オリジナルブレンドのコーヒーに合わせれば、軽めの朝食にも。

f0370669_08583578.jpg
優しい里絵子さんがたっくさんお土産にくださったのですが、FMとよみスタッフにもオハコルテの焼き菓子の美味しさを伝えたくておすそ分け。我が家では案の定取り合いに。

f0370669_08583423.jpg
料理上手な里絵子さん手製のカヌレまで!(涙)ほろ苦く、コーヒーとの相性抜群。いくらでもいける...。商品化希望。


里絵子さんのお話を聞いていていつも「見習いたい...」と思わせられるのが、ご主人の一番の応援者であること。どんなチャレンジも手放しで応援する姿勢。だってだって、万が一失敗したら...?
「これまでに色んなことがあったから。どんな状況でも私は割とやっていけると思うので、大丈夫」

まだ幼い乳飲み子を含め、三人の子育てに忙しい。仕事漬けのご主人に不満や愚痴をぶつけることもない。
「だって奥さんがニコニコしてた方が、旦那さんは絶対良いでしょ?」

そして子どもたちは皆、お母さん同様にお父さんのことが大好き。
「うちでは、一番頑張っているのはちち(父)という認識」

こんな奥さんだったらね、そりゃ旦那さん楽しく頑張れるし、夢もどんどん実現させちゃいますよ。里絵子さんの言葉にはいつも、学ばされてばかりです。


チューイチョーク株式会社
HP http://www.chewi-choak.com

オハコルテ
■港川本店
浦添市港川2丁目17-1 #18
098-875-2129
open 11:30〜19:00
■泉崎店
泉崎1-4-10 喜納ビル2F
098-868-5657
open 10:30〜20:00
■小禄店
那覇市赤嶺1丁目4-1
098-851-3215
open 11:00〜20:00
■松尾店
那覇市松尾1-9-47
098-866-4454
open 10:00〜19:00
■那覇空港店
那覇市鏡水150番地
那覇空港国内線旅客ターミナルビル2F
098-840-1276
open 6:30〜20:30
HP http://www.ohacorte.com/index.php
facebookページ →⭐︎
instagram https://www.instagram.com/ohacorte

オハコルテベーカリー
那覇市泉崎1-4-10 喜納ビル1F
098-869-1830
OPEN 7:30-20:30(L.O. 19:30)無休
HP http://ohacorte-bakery.com

チューイチョークホームセンター
那覇市泉崎1-4-10 喜納ビル3F
TEL:098-866-8707
FAX:098-869-1840
HP https://chewi-choak-homecenter.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-02 16:39 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
本格エスニック料理にキリムに雑貨... 。那覇市の中心地で中近東の空気を味わう。

f0370669_11522900.jpg
扉を開けるやいなや中近東のムードに包まれるお店「Lamp」は、那覇市の中心地・松尾にあります。お店で会うのは久しぶりですね〜と言いながらにこにこと出迎えてくれた店主の綾子さん。ふわ〜この笑顔。

店内には、綾子さんが世界各地で集めた雑貨が所狭しと並んでいて目移りしちゃいます。
f0370669_09534162.jpg
f0370669_09534163.jpg
f0370669_09534250.jpg
f0370669_09534167.jpg

ここまで見ると、品数豊富な雑貨屋さんかな?と思われるかもしれませんが、本格的なエスニック料理を味わわずに帰る手はありません。

カウンターに座っていた常連さんと思しきお客様たちが、「この日はテオ・ヤンセン展初日だから、行ってこようかなーと思って」「そっか。初日に行くの?」と、綾子さんを交えて話しているのが聞こえました。

Lamp では、ヤンセン展覧会 in 沖縄2017 の前売り券を取り扱っています。異国情緒溢れる雑貨や食事を楽しんで、帰りに前売り券をゲットするのも良いですね。
f0370669_09552090.jpg
奥にある部屋で、食事や飲み物をゆっくり楽しめます。

f0370669_09552021.jpg
f0370669_09552220.jpg
f0370669_09552037.jpg
f0370669_09552174.jpg
Lamp では、毎年恒例のキリム展も始まりますよ。たーっくさんのキリムを携えてトルコのイスタンブールからやってくる日本語堪能なオスマンさんは、キリムのことを話しだしたら止まりません。我が子を慈しむ父のような面持ちなんです。
10月13日金曜日〜22日 日曜日まで。

f0370669_09552266.jpg
那覇高校の角を国際通り向けに左に曲がるとすぐに見えてきます。

Lamp cafe+zakka(ランプ)
沖縄県那覇市松尾2-3-25 1F
098-863-2491

f0370669_16274014.jpg

そしてこちらが、Lampから徒歩10分ほどにあるカフェプラヌラ。テオ・ヤンセン展覧会の主催者である戌亥近江(いぬい ちかえ)さんの営むお店です。
f0370669_09534085.jpg
f0370669_09533844.jpg
テオ・ヤンセン以外にも、近江さんのアート好きな一面が垣間見えるグッズがあちこちに。
f0370669_09533842.jpg
カウンターにミニ・ビーストちゃん!展覧会期間中、美術館博物館で購入することができますよ。

他にも、前売り券を販売している個人経営の素敵なお店がたくさんあるので、近江さんによる紹介文も一緒にそのまま掲載しておきます。
展覧会の話題を振るときっと話が盛り上がるだろうなぁ。そんな魅力的な店主ばかりです。

前売り券取扱店
発売は10月2日まで(ソカロカでは1日まで)。
Lamp
色んな国の雑貨と愛のご飯とデザート、素敵なカフェです。
ソカロカ
牧志にひっそり佇む、店主とのお話しが面白楽しいBAR🎶
Mahou coffee
事務局ご近所、すでに老舗感漂う珈琲の名店です。
SMORK
那覇のはしご酒終着店!BARですが、密かにミロが飲めたりもします。
さぼらみ
やさしく美味しいご飯と音楽の素敵な五感をくすぐる楽しいお店
マリセリ
陶・よかりよ
mati-cafe
CAFE UNIZON
Cafeプラヌラ(事務局)



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-10-01 10:40 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
世界的アーティストに直談判、沖縄に招聘した女性。「テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017」実行委員・戌亥近江(いぬい ちかえ)さん

f0370669_17122709.jpg
※9月30日(土)朝10時から再放送あります※(アプリでの無料視聴法はこちら

現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称されるオランダのアーティスト、テオ・ヤンセンさんの展覧会を、個人で企画して実現に結びつけるという偉業を達成した女性、戌亥近江(いぬい ちかえ)さんをゲストにお招きしました。

テオさんの代表作であり、今回沖縄に初上陸する作品「ストランドビースト」は、これなんです。度肝抜かれます。




歩く姿を映したテレビCMを観て一目惚れし、長年ストランドビーストを想い続けてきたという近江さん。収録中にも語り口の端々に、深い「ストランドビースト愛」が感じられました。ものすごく愛おしそうに話すのですよ。

素晴らしいと感動する、実際に見てみたいと熱望する、そういう強い気持ちを持つことは、誰しもあると思います。「強く思う」こと自体は珍しいことじゃない。そこから行動するか否か。ゼロか、一歩踏み出すか。その違いは天と地ほどに大きい。だってこうやって、テレビの画面を通じてしか観たことのなかった作品を、そしてその作り手までも、自分が住む街に呼び寄せることができたのだから。

ストランドビーストは造形物として素晴らしいというだけではなく、多義的な存在意義を有しているように私は感じるのです。テオさん本人と会って話をしてきた近江さんに訊いてみようかと、喉まで出かかった
「ストランドビーストは、なぜ生まれたのですか。その存在にはどういう意味があるのですか」
という質問を、私はどうにか飲み込みました。

なぜならそれは、実際にストランドビーストを見て、触れて、感じることで、私たち自らが答えを見つけなければいけない問題だから。

これまでに世界各地で行われてきたテオ・ヤンセン展覧会とは異なり、子どもたちも理解し楽しめることを重視して企画された『テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017』、ぜひ子どもたちと一緒にお越しください。動く姿を見られます。実際に触れられます。動かせます。彼らの息吹を感じられるはずです。


f0370669_17393826.jpg
『テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017』
10月3日(火) 〜 11月11日(土)
9:00~18:00(金・土は20:00まで)
@沖縄県立博物館・美術館
那覇市おもろまち3-1-1
098-941-8200

前売り券販売は10月2日まで
※入場は閉館の30分前まで
〔休館〕月曜日<但し、10/9(月・祝)は開館、10/10休館>
※会期中10/3からは当日料金(大人1200円、高校・大学・専門学生800円、小学生・中生生600円)にて販売 ※未就学児無料 *障害者手帳をお持ちの方は会場にて割引料金あり
※50枚以上ご購入の方は割引あり(お問い合わせは事務局:098-943-4343 まで)



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-09-27 17:41 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
薬ではなく、カウンセリングで根治を目指す。心療内科を受診せずともダイレクトに相談できる臨床心理士・屋良りかさん。
f0370669_14100416.jpg

一番のうちあたいは、「子どもの食べこぼしを親が拭いてしまうのではなくて...」の部分でした。子どもには割と何でもやらせるべく試みている方だと自負していましたが...。
いやぁ、全くそんなことなかったですね。お恥ずかしい。

だってね、食べこぼしなんて大人が拭いてしまえば一瞬で済む作業なんですよね。布巾を持ってきてサっと拭く、20秒とかかりません。
それを子どもにさせるとなると、実はかなり大変なのですよね。
まず布巾のある場所を教える、水で洗って絞らせる、汚れているところを拭かせる...というふうに、作業を段階分けして細かくやり方を教えなければいけない。しかもその全段階において、例えば「布巾をとるときに収納状況を乱してしまう」「蛇口を捻るときに水量の調節がうまくいかず、周りに水が飛び散ってしまう」「握力が足りず、しっかりと布巾を絞れない」「こぼしたものを綺麗に拭き取ることができない」などなど、発生しうる問題は無数にあり、一筋縄じゃいかないのは予想がつきます。

だから、親が拭いちゃう。一瞬でね。

つまり、子どもに何でもさせるっていうのは決してラクなことじゃないのですよね。
まずは信じてあげること。
手を出さずに見守ってあげること。
失敗しても叱らずに、励ましてあげること。
どれもなかなか根気が必要なことです。だけど、これが子育てなんだなぁと思いました。子どもを自立へと導く、小さなステップの積み重ね。

普段何気なくやってあげてしまっていること、たくさんあると思うなぁ。子どもに関係する自分の行動の一つ一つを、しばらく観察してみようと思いました。

9月21日のゲストは、臨床心理士の屋良りかさんでした。病院を受診せずとも相談に乗ってくださるという、個人で活動している臨床心理士さんというのは日本では珍しい存在のようです。臨床心理士とは、心の問題を扱う専門家。いま心に何か重いものがのしかかっているのなら、ご相談してみてはどうでしょう。ラジオでの語り口調からも伝わったかと思いますが、とても穏やかで、思いやりに満ち、優しい雰囲気の(そして美しい!)女性なんです。

心の問題を専門的に学び、そしてこれまでに何千人というクライエントさんのカウンセリングを行ってきた経験から、「友達に相談する」のとは全く違う、プロのアプローチをしてくださいます。育児のことに限らず、夫婦関係、学校や職場での人間関係、DV、アルコール依存、存在意義、婚活、妊活...。様々な悩みに対応してくださいますよ。

普段あまり育児で悩むことはない私でも、ちょっとお話を伺っただけでたくさんの気づきがありました。これがねぇ、悩んでいる方なら本当に、大きな救いの手になるんだろうなぁと思うのです。具体的な対処法ももちろん大切ですが、物事に対する根本的な「考え方」の転換って、すごく大事ですよね。ともすると、「あれ?私が悩んでたのって、何だったんだろう」なんてことにも。

「(色々とあって)心が晴れないのよね...」
というとき、「臨床心理士さんに相談してみよう」というチョイスがパッと浮かぶような社会になっていくと、いいなぁ。

屋良りか
blog http://doublelicca.ti-da.net
お申し込みはコチラ→⭐︎






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-09-26 14:34 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
大好きな人への贈り物も、我が家の居心地をアップさせる家具も。module(モジュール)・禰覇(ねは)由美さん
f0370669_23540780.jpg

8月10日のゲストは、module の禰覇(ねは)由美さんでした。
じっくりとお話を伺うのはおよそ6年ぶりでしたが、番組が始まる前に二人でおしゃべりしていると、仕事に対する真摯な姿勢や情熱が6年前と同様にひしひしと伝わって来て、密かに感動していました。

由美さんは家具や文具、雑貨といったご自身のお店で扱う品々のことになると、話し方が明らかに熱を帯びます。「そりゃ自分の仕事のことだから当たり前じゃん?」と思うかもしれないけれど、割とこれがそうでもなくて、みんなやっぱり大人だから、普段と変わらない口調でさらりと話される方も多いのです。

どっちが良いとか悪いとかではなくて、私は由美さんのそういう手にとって重さを測れるような、はっきりと明確な仕事愛というか、強い気持ちや姿勢が、好き。

那覇市旭町の目立つ場所にあって、店構えも大きくて、「どこぞの金持ちが始めた店」だとか「大きなグループ会社がやってる店」などと誤解されることも多いという module(まあ、そう見えちゃうよね確かに)。実際は完全なる個人事業だし、大変なことはこれまでにたくさんあって(つい最近の苦労話もオフレコでうかがいました)、あの規模のお店を維持していくには人並みならぬ努力がもちろん必要だと思うのです。

しかも維持(キープ)し続けるにとどまらず、進化し、新しいことにチャレンジする生き方、簡単じゃないのがわかっているからこそカッコいいなと思います。そういう姿を見せてくれるのが自分と同性で、しかも自分より先輩だとさらに勇気をもらえますね。
f0370669_23540853.jpg

pain de kaito(パン ド カイト) さんの商品のお取り扱いも始まっているそうですよ。お土産にいただいたのですが、ラスクに目がない我が子らがあっという間に平らげました。
今後の module と由美さんの進化、楽しみです。

番組でも話しましたが、私と夫は大事な贈り物を探すときはまず module にうかがいます。何を買うにも慎重な夫、普段は何店舗かハシゴした上で熟考するのですが module に対する信頼は厚く、必ず即決です。贈り物に迷ったら、まずは足を運んでみて。

module(モジュール)
那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎1F
TEL. 098-988-0865
HP http://module-okinawa.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-28 10:53 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
直径7cmのこだわりから、新しいお店、そして出版されたばかりの本にまつわる話まで。


f0370669_13274890.jpg

明日、8月24日(木) 放送の「キッチンの女王」にゲストとしてお越し下さる女性からなんと、本を贈っていただきました。
「あのお店」を作った会社の「軸」を、美しい写真とともに余すところなく伝えた一冊。
チラ見せ、行きます。

f0370669_13274955.jpg

50のこだわりのうち、やっぱり一つ目はこれだよね、と勝手に納得。「直径7cmのこだわり」。

f0370669_13274995.jpg

「7cm」が並ぶショーケース。
小さな子どもたちのみならず、私たち大人の目もきらきらと輝かせてくれる光景。

f0370669_13274942.jpg

「落ち着く」「留まる」なんて言葉とは、どうやら無縁な会社のようです。
新たにこんな楽しいお店も始めちゃいました。

とまあ、本当にわずかなチラ見せですが、実際に本を手にとっていただきたいのでこの辺で。

ねえ、どうしよう。毎回そうだけど明日はより一層、時間内に終わらせる自信がなくて困っています。リスナーさんにお届けしたい、ゲストさんの抽斗(ひきだし)が多すぎる。
そんな状況で、新コーナーまで始めようとしちゃっている私、チャレンジャー。

あす 8月24日(木)、午前10時からFMとよみ83.2MHz でお会いしましょう。

※先週、先々週放送分のブログを更新しておらず、ごめんなさい。仕事と父の病院へのお見舞いに追われる日々です(言い訳)。今週父が退院し、来週子どもの学校が始まれば、更新頻度は戻るのではないかと思います。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-23 13:54 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
妊婦さんへサプライズプレゼント。
f0370669_16022223.jpg

久しぶりに撮影のお仕事でした。お客様は北海道からお越しのご夫婦。臨月間近のお腹にきらめくのは、MALIBU の美紀さんが施したボディジュエリーです。

f0370669_16022258.jpg
f0370669_16022386.jpg

自然な笑顔の写真が好き。
このお二人の間に生まれる赤ちゃんは幸せだねぇと、パシャパシャ撮りながら考えていました。
「喧嘩はまずしない。それは違うなぁと感じることがあったら、それをちゃんと伝えるだけ。激しい言い合いとか黙り込んだりとか、そういうのはないなぁ」
だって。
...うん、それ理想。それができなくて困っちゃうんだけど、ちゃんと実践できる夫婦がいるのですね、見習いたい。

f0370669_16022347.jpg
f0370669_16022363.jpg

今回は、お二人のお友達からのサプライズ企画だったので、最後に美紀さんがネタばらし。「えぇ〜〜~っ!」「マジっすか〜〜〜?!」と、ご主人の反応が良すぎて(笑)。

f0370669_16022499.jpg

一方奥様は感動で落涙。妊婦のお友達へのサプライズプレゼントとしても良いですね、ボディジュエリー。詳しくは、MALIBUさんにお問い合わせください。


MALIBU
豊見城市内(詳しい住所はお問い合わせください)
080-2759-1271
mail eyelashmalibu@i.softbank.jp
blog http://mikimalibu.ti-da.net


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-08 16:56 | 沖縄暮らし
平均年齢71歳のメンバーが歌うロックンロール! 「One Voice」
f0370669_13592146.jpg

一緒に観に行った実父(77歳。二度目の脳梗塞により沖縄で入院・リハビリ中)が、感動のあまり号泣してました。涙と鼻水に濡れ、「顔を拭くものがない」と困るくらい泣いてました。


8月6日(日)、浦添市のてだこホール(小ホール)で行われた「おじいとおばあの沖縄ロックンロール」に、義母が出演するため張り切って応援に行ったのですが、はっきり言って度肝を抜かれました...。曲数の多さ、舞台構成、パフォーマンスのクオリティ、そして何よりもパフォーマーである「One Voice」のメンバーの皆さんがあまりにも素敵で...!!
40名ほどのメンバーの平均年齢は71歳、参加条件は「65歳以上」、最高齢はなんと御歳83歳(彼がソロをとった ”Amazing Grace” の歌声の美しかったこと)。

オープニングは THE BLUE HEARTS で「人にやさしく」(...だったかな、、もしかすると二曲目?)。アンコールでも歌っていたので、これは One Voice のテーマソングのような位置付けなのかもしれません。


気が狂いそう
やさしい歌が好きで
ああ あなたにも聞かせたい
このまま僕は
汗をかいて生きよう
ああ いつまでもこのままさ
僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中からガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも ガンバレ!


普段は家族から「おじい」「おばあ」と呼ばれる年齢のメンバーたち。老後の楽しみに歌を歌っている? 自分たちの満足のためだけに?
もちろんそんなモチベーションで歌うのも悪くないでしょう。けれど彼らの場合は違うのです。「誰か」を思い、「誰か」の為に、「誰か」を応援する気持ちを込めて歌っているのです。「ガンバレー!」と拳を振り上げて。

f0370669_13585557.jpg

ダンスも本格的でした。約40名のメンバーの中でセンターを任され、生き生きと踊る義母の姿を見て、私も大興奮。お義母さんすごい、上手、かっこいい!
ああ、どうして一眼レフを、望遠レンズを持ってこなかったんだ私よ。

約1時間半のライブでは、20曲ほど(数えていないので定かではありませんが相当の曲数でした)が披露されました。AI、B’z、かりゆし58、THE BLUE HEARTSにゴスペルソング、桐谷健太の「海の声」...。選曲もカッコいいのです。

藍色のTシャツとストール、ジーパン、頭にはハットという揃いの衣装で登場し、後半はトップスを白シャツにチェンジ、アンコールでは(もちろんアンコールだってあります!)オリジナルTシャツを着て登場。60、70、80代のデニム姿のカッコいいことと言ったら。

世界のウチナンチュ大会でパフォーマンスを披露し、海の日コンサートでは BEGIN の伴奏で歌うなど、すでに大舞台の経験を重ねているOne Voice。結成1周年を迎えて晴れて今回、単独ライブを開催するに至ったそうです。目標は東京オリンピックで歌うことだということですが...。その夢、絶対叶うでしょう? だってこの勢いはきっと止められない。


限界って誰が決めるんでしょう。
そろそろ落ち着かなきゃいけない年齢なんてあるのでしょうか。
歌うことに限らず、何かにチャレンジしたいという思いに「遅すぎる」ことなんてありますか?
退職したら、孫が生まれたら、舞台から降りて観客にならなきゃいけない? そんなはずがありません。自分の人生の主人公は、自分以外にはいないのだから。

平均年齢71歳の彼らが歌うからこそ、新たな意味が生まれる。若者の声では揺さぶることのできない、私たちの心にある特定のポイントを、大きく温かく刺激してくれる。

終演後、会場の外で対面した父と義母。父の涙に濡れた顔を見て義母ももらい泣き。同年代の輝かしい勇姿は、リハビリに励む父にも素晴らしい刺激になったようです。


「僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中からガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも ガンバレ! 」


One Voice
facebookページ ⭐︎


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-07 14:38 | 沖縄暮らし
夕焼けの理由
f0370669_22265086.jpg


見て、お空が綺麗だよーと私が言うと
「台風がくるからだよ」
と3歳息子。

どうして色んなことをそんなによく知っているの?
(海辺のカフカ風)

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-05 22:15 | 「キッズルーム」
中学生は、思っていたよりずっと...可愛かったです(どんなイメージを抱いていたのか)
f0370669_13452234.jpg

ご依頼をいただき、伊良波中学校の放送委員の皆さんの前でお話をしてきました。

私みたいなペーペーが「ラジオとは」「パーソナリティーとは」なんて偉そうな話はできないので、仕事の選び方について主に喋って(マシンガントークして)きました。


内容については割愛しますが、今回もしっかり準備して行ったつもりです。大学で数百人を前に講話するときも、披露宴で司会するときも、4人の受講生のためにセミナーをするときも、16人の中学生の前で話すときも(今日のことです)、下準備にかける時間や労力は一切変わりません。絶対に手を抜きません。私が伝えられることすべてを出し切るようにします。また最後までしっかりと、定められた時間中は集中して耳を傾けてもらえるように、飽きさせないように、心に残るように、話の内容を考え、構成を決め、必要な資料を準備します。

なぜか?

....

そのなぜかの答えもすべて、生徒たちに伝えました。


笑って欲しいところでちゃんとウケて、納得して欲しいところで頷き、時に真剣な表情で、時にニヤニヤしながら、最後までみんなが私の目を見て話を聞いてくれていたので本当に良かったです。


このブログを見てくれる生徒さんが果たしているだろうか。ブログについては一切触れなかったけれど。

伊良波中学校放送委員会のみんな。

うんこの言葉には耳を貸さず、そして自分もうんこにはならないように。日曜の夕方にサザエさんを見るたびに、人生の2分の1について思い出してくれたら嬉しい。
私も頑張る。
10年後、みんながどんな社会人になっているのかが、私が10年後にどうなっているのかと同じくらい楽しみです(私は笛を吹いているかもしれませんね)。


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-04 14:01 | 話す仕事
吸い付くようなしっとり生地のシフォンケーキ。コトリ焼菓子店・岸本啓子さん

f0370669_23395946.jpg

これなんです。ラジオで話した「も〜、これは!...ずるいよぉ〜〜〜」と、思わず嘆きたくなるシフォンケーキは。

f0370669_23395994.jpg

手に吸い付くようにしっとりとした、繊細な生地のシフォンケーキ。こんなに美味しいんだもの、みんな二度、三度と足を運んで当然だわ。あーずるい。どうしてかくも美味しいのか、その理由については今日の放送でたっぷりお話してくださいましたね。

ブライダルで使いたいというご依頼もあるそうです。わかるなぁ、心を込めて贈り物をしたいときに選びたくなるその気持ち。

f0370669_23400136.jpg

贈った相手の笑顔をきっちり約束してくれる、信頼の置けるお菓子だもの。

f0370669_23400019.jpg

ビスコッティやクッキーもあります。

f0370669_23400037.jpg
2017年3月、宜野湾から移転して那覇市樋川にオープンした「コトリ焼菓子店」のオーナー、岸本啓子さんが今週のゲストでした。

f0370669_23400144.jpg
f0370669_23400130.jpg

こちらはスタッフのまきちゃん。ちょっと天然キャラなところが可愛く、しっかり者で頼りになるとのこと。

f0370669_23400005.jpg
写真を撮っていたら「今日は暑いから〜」とレモネードを出してくれました。最初にお会いしたのは5年ほど前。美貌とはじける笑顔、優しい心遣いは全く変わっていませんでした。

f0370669_23404986.jpg

珈琲シフォンとイチジクシフォン。ふんわり感が伝わればいいのだけど。

f0370669_23404959.jpg
コーヒーやカプチーノに浸して食べるビスコッティ。

f0370669_23400239.jpg
私は今回、コトリ焼菓子店さんのクッキーの美味しさに目覚めました。何これ何これ、サイコーじゃないか。ザクザクとした歯ざわり、程よくスパイシーな風味。大人の楽しみに買い置きして、家事の合間のティータイムにこっそり愉しみたい。

f0370669_23404951.jpg
ああ、そしてこれですよ、ラムレーズンのレアチーズ。上に挿してあるビスケット(ローズマリービスケット、なはず)がまたたまらない。それだけかじっても美味しいし、ラムレーズンがしっかり香るレアチーズをすくって口に運ぶのもいい。キンキンに冷えたレモネードやアイスコーヒーと共に味わえばもう、至福のひとときです。シャワシャワと降り注ぐ蝉たちの賑やかな鳴き声が少しずつ遠ざかっていく....。わたしいま、しあわせ。この猛暑も乗り越えられそう...。

f0370669_17383558.jpg

そして生放送当日、お土産までいただいてしまいました。しっとり濃厚なブラウニー!(クッキーもいただいたんだよ...帰りの車内で一瞬で完食しちゃったよ...)

場所は、与儀十字路を樋川の方に曲がったら、またすぐ左折。この看板が目印です。

f0370669_23400124.jpg
コトリ焼菓子店
那覇市樋川1-28-16
080 8395 8452  
OPEN 11:30〜17:00
CLOSED 日・月・火
blog http://kotoriyakigashitenn.ti-da.net
instagram https://www.instagram.com/kotori2012




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-08-03 17:47 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
メールスペシャル
そとごはん
こどもとごはん
メールスペシャル
話す仕事
未分類
最新の記事
アラフォーからのヘアケア事情
at 2018-01-22 21:07
大寒卵(だいかん たまご)収..
at 2018-01-18 20:43
インフルエンザ警報発令.....
at 2018-01-17 11:52
初夢のインパクトの強さ...
at 2018-01-13 09:02
キンカンを買ったものの...
at 2018-01-12 16:58
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル