沖縄こどもの国って、実はすごくない? GW直前!オススメお出かけスポットを大募集。
f0370669_10564678.jpg
今週木曜生放送の「キッチンの女王」は、月末メールスペシャルです。
今月のテーマは「ゴールデンウィークにオススメ、子どもが喜ぶお出かけスポット」!

...ってさぁ、去年も同じテーマでGW直前だか夏休み直前にやったよねぇ。
夏の連休が近づくにつれて「あ〜どこ行こう〜」って悶々としちゃうのは私だけかしら。

きっと、あまり知られていない穴場スポットだったり、大人の想像以上に子どもが楽しめるスポットってあると思うんだよね。
「うちの子たちが小さい時はよく行ってたよ〜」という先輩ママさんからの投稿も待ってます。
有名どころでもモチロンOKよ!

ってことで、先週も先々週も私と子どもたちは沖縄の代表的なお出かけスポットの一つである「沖縄こどもの国」へ行きましたよ。先々週は動物園メインに見て、先週はワンダーミュージアムでの製作目当てに。

f0370669_10264734.jpg

こいのぼりが作れるの良いなーって思ったのが行ったきっかけ。3歳の息子はこいのぼり大好きなので喜んでいました。これ、200円だったかなぁ。お手頃だよね。3歳でも意外と上手に作れていたよ。作りやすいように下地に色がマークされています。

いつも思うんだけどワンダーミュージアム含め、沖縄こどもの国ってものすごく企画上手です。コンスタントに新しい企画を考えて、実行して、素晴らしいよ。この日もワンダーミュージアムだけで10時から13時までみっちり3時間楽しめちゃったもん。子どもが帰りたがらないの、すごいと思う。

f0370669_10264770.jpg

アイロンがけはスタッフのお姉さんがやってくれます。

f0370669_10264804.jpg

金具付けも「最後はお手伝いお願いねー」と、子供を参加させるのが上手!
8歳の娘はかなり作りごたえのあるモビール制作に熱心に取り組んでいました。年の差のあるきょうだいでも同じ場所で楽しめるのが嬉しい。どっちかが我慢して付き合わなきゃいけないって場所や企画も多いからね。ほんと、よく考えられていると思うなあ。

この日はあいにくの雨模様だったけれど、どうしてもひよこちゃんだけは抱っこしたいと言うので(前の週も抱っこしたけどねぇ)、ワンダーミュージアムを出てから「ふれあいコーナー」まで歩きました。

f0370669_10264847.jpg

ちょっと肌寒かったこの日、蓋つきの暖かいケースで待機していたひよこちゃんです。寒くないように優しく両手で温めるように抱っこさせました。
「ピヨピヨ」と大きな声で鳴いたらケースに戻そうね、と注意書きがあります。不安だったり体調が悪かったりする可能性があるので、静かに気持ちよさそうに抱っこさせてくれる子を選ぼう。

f0370669_10264811.jpg

えさやりも楽しいよね。


あのね、1つだけいつも気になることがあるので言わせて!
ふれあいコーナーで我が子が動物と触れ合っている時に、親がスマホゲームに熱中するのだけはやめようよ〜。お子さんが触れているのは命なんだよ〜。親がスマホに夢中になっている横で、加減を知らない子の手でひよこちゃんが潰されそうになっているのを何度とめたことか...。かなりの高さからコンクリートの上に落としそうになったのを私がキャッチしたり。

動物はおもちゃじゃないよ、生きてるよ。そういうことを教えるために来てるんじゃないのかー親御さんよー。



...最後は説教くさくなっちゃいましたが。。
GW直前対策!と言うことで、オススメお出かけスポットのメールを募集してます。
ブログへコメントで入れてくださっても良いし、メールでも。
kitchen@fmtoyomi832.com
明後日、4月27日(木)朝10時からの放送です。放送中に送ってくださってもOKよ〜



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-25 10:46 | 「家族でリッカ」 | Comments(1)
一口1,000円からの就学支援。「にじのはしファンド」糸数未希さん
f0370669_16454577.jpg

一口1,000円からの就学支援? 千円ってそりゃ協力しやすいけれど、少なすぎて申し訳ない気持ちにもなるんですが...。

「いえ、そんなことは全くありません。にじのはしファンドでは、1,000円が1,000円以上の意味を持つんです」

にじのはしファンド代表・糸数未希さんのこの言葉には、はっとさせられたなぁ。

「沖縄県内にある児童養護施設やファミリーホーム、里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体」
これが、にじのはしファンドの紹介文です。

様々な理由の元に児童養護施設などで育つ子供たちは18歳までが支援の対象であり、高校卒業と同時に国からの支援がない状態で社会に出ることになります。でも... もっと学びたいことがあったら? やりたい仕事の為に資格取得が必要な場合は? そもそも、ほとんどの18歳が同じ理由で大学や専門学校に進学するのではないでしょうか。そんな、ある意味「普通の選択」をすることが難しい子ども達が沢山いるのです。

未希さんが「にじのはしファンド」を立ち上げるきっかけになった後嵩西 優(しいたけにし・ゆう)さんは、福祉の仕事に就く為に進学し、ファンドの支援を受けながら勉強を続け、協会の会長賞を受賞して表彰されたほど優秀かつ意欲に満ちた学生でした。今は夢を叶え、ご結婚もされて幸せな家庭を築いていらっしゃるそう。
しかし就学中は、金銭的な理由によって夢を諦めなければならないほどの状況だったのです。にじのはしファンドによる支援がなければ、優さんの人生は今とは違う道を辿っていたのではないでしょうか。

実際に途中で夢を諦めざるを得なかった学生や、そもそも進学自体できなかった学生がこれまでにどれほどいたのでしょう。優さんのように情熱を胸に抱きながら、学ぶ喜びを享受できない子ども達が沖縄にもたくさんいるのです。

一口1,000円からの支援、始めてみませんか。
申し込みフォームに記入し、送られてきた書類に記入して投函するだけ。
銀行手続きなどはファンドの担当者がやってくださいますよ。


にじのはしファンド
那覇市繁多川4-22-6
080-6482-8484
nijinohashi.okinawa@gmail.com
blog http://nijinohashi-fund.blogspot.jp
サポーターのお申し込みはコチラ→⭐︎





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-24 10:39 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
まさかの初・男性ゲスト
f0370669_09320612.jpg

年度はじめの放送だからさ、普段と趣向が違っても良いかなって思ったの。

…っていうのはまあ分かりやすい単なる言い訳で、「出たい!」と言ってくださってたし、私も「超出て欲しい! この人のお話をたくさんの方に届けたい」と思ったから、即お願いしちゃいました。

主婦のための情報番組を目指していて、ゲストさんにはこれまで「主婦であり仕事人でもある方」をお呼びしてきました。今回、初の男性ゲスト。枠を飛び越えてでもお呼びしたかった方なので、ぜひ聴いてください!今日10時からです。(再放送は8日10時から)

とりあえず、楽しすぎて私が浮かれまくってます。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-06 09:16 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
貰って嬉しかった、忘れられないプレゼント
f0370669_12260957.jpg


粋だなぁ〜と思わせる贈り方をできる女性が多くて、憧れます。見習いたいけどこういうのって持って生まれたセンスなのかしら、真似しようと思ってもなかなかできませんね。

台湾から買って帰ったスープの作り方が中国語で読めないので、訳せない?とメールが届いたのです。簡単な文章なので訳して返信したら、「ありがとう!FMとよみにSAYOさん宛てに送っとくねー」との返事が。

decco の聡子さん、粋ですなぁ。
ものすごくびっくりしたし、嬉しかった。ありがとうございます!

f0370669_12261083.jpg


ところで今、鹿児島にいます(スマホからの更新だから、画像サイズとか心配だなぁ)。父の引越しを手伝いに。娘と息子も連れての帰省、やることも山積していて怖いー! どうなるのー!と頭を抱えていたら、今度は近所に住むお友達からこんな…こんなプレゼント。

疲れたらコーヒー飲んでゆっくりしてね、鹿児島行きの荷物に入れてね、と。こういう贈り方、私にはまだまだ出来ないなぁ。いつかできるようになるかなぁ。

さて、明日の放送はプレゼントにまつわるメールをご紹介しますよ。感動だよ、幸せ伝染するよ。このテーマもう毎月やりたいくらいよ。

あなたにもありますよね?忘れられないプレゼント。

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-29 10:42 | Comments(0)
下半身太り・肩こり・生理痛・代謝の低下... 骨盤から見直してみませんか?「こらりどピラティス」Kyokoさん
f0370669_19292712.jpg

ピラティスって「骨盤」が肝なんですね。どんなメソッドなのかなんとなくは知っているつもりだったのに、「えー知らなかった〜」な内容がたくさん聞けました。

見てよ、Kyoko さん。ゲロマブ(死語)なんですけど...!

ご自身の体型に悩みを抱えていたことがピラティスを始めたきっかけの一つだそうですが、そんなことは一切感じさせないすっきりした体型ですよね。これもピラティスの賜物か。

f0370669_19292752.jpg

Kyoko さんのスタジオ、「こらりどピラティス」のお写真を Kyoko さんブログから拝借しました。

f0370669_19292789.jpg

小さいお子さんを育てている Kyoko さんならではの、ママさん&子どもたちへの配慮が感じられるスタジオです。

出産し、育児を始めてしばらくするとハタと気付くんですよね。「あれ? 自分一人になる時間って全然無いや...」って。それまでは当たり前に持てていた自分のためだけの時間が出産を境に皆無になる。24時間赤ちゃんと一緒だから。お父さんはそんなことないのにね。お母さんとお父さんでは同じ親でも生活変化の振り幅が全然違うんですよね。

それが不幸というわけではないけれど、ちょっとした息抜きは幸せな育児に不可欠だと思います。息抜きとともに身体を整えられるなら言うことない。

マンツーマン指導で自分の身体のクセを知り、そのクセを改善するための指導を受ける。一度身につけてしまえば、それは一生もののセルフ・ボディワークになる。

なーんか調子が悪いのよね最近。
とか、
もすこしご機嫌に子育てしたいんだけどな。
なんて時に、ピラティスというチョイスはいかがでしょう?


こらりどピラティス
場所:那覇市内
(詳しくはお問い合わせください)
mail kirakiraokinawa@excite.co.jp
blog http://pilates38.exblog.jp
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-23 23:24 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
もらって嬉しかったプレゼントって?
f0370669_20005287.jpg

お世話になった人に何かお礼をしたくなる季節だと思いませんか、年度末。
いつも孫を可愛がってくれ、嫁の私にも本当に優しくしてくれる義両親に、食事券を贈ることにしました。

孫たちとわいわい楽しむいつものご飯もいいけれど、仲良しな二人でゆっくりと、ホテルご飯もいいよねと思ったのです。


f0370669_20005179.jpg

こういうときいつも感じるんだけど、プレゼントを贈るのってサイコーの自己満足だと思う。相手が喜んでくれるところを勝手に想像して勝手に嬉しくて。だからこそ、最近はモノというより「時間」を贈りたくなるのです。二人でちょっとおめかしして出かけ、ホテルで食事を楽しむ姿が想像できる、時間という贈り物を。

そういえば私も、最近はモノをもらうより時間が嬉しいなぁ。
普段とは少しだけ違う、ちょっとだけ特別な時間が。

でも、贈り物上手にも憧れるのです。
あなたの周りにもいませんか? 気の利いたものをさり気なくプレゼントできる贈り物上級者が。

私がここ数年で一番心に残っているのは、同世代の子どもがいるお友達からのプレゼント。ファンデーションを肌につける為に使うブラシでした。「産休中に仲良くなったお友達に、復職して最初のお給料でプレゼントがしたかった」と。自分ではなかなか買わないけれど貰ったら嬉しいモノという最高のチョイスもさることながら、贈るタイミングも彼女らしくて素敵だなぁと思ったのでした。

あなたの心に残っている、もらって嬉しかったプレゼントってなあに?

月末の「キッチンの女王」で取り上げる月間テーマです。
このブログにコメントを入れてもよし、FBページでもよし、メール( kitchen@fmtoyomi832.com)で送って頂いてもよしです。
あなたからのプレゼントエピソード、待ってます。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-22 20:18 | エッセイ | Comments(0)
花に触れること。それが花を楽しむ暮らしの第一歩。フラワーコーディネーター・越前多恵さん
f0370669_14185252.jpg

今週のゲストはフラワーコーディネーターの越前多恵さんでした。

お花をアレンジするときの多恵さんならではのこだわり、聴けてよかった。これまでに幾人かのフラワーコーディネーターの方にインタビューしてきましたが、みなさんそれぞれ異なるポリシーを持っていておもしろいです。

ご自宅でも花を飾るけれど、「グリーンだけを生ける時もある」という一言。おおお、そうか。花の部分がなくとも、葉だけでも楽しめるんだと目からうろこが落ちました。家には常に花を絶やさないようにしている私、そういう発想がなかったなぁ。次はぜひ、葉物を買ってみよう。

f0370669_14185393.jpg

多恵さんから、大きな白い紫陽花をいただいて。普段は常に目につくリビングのテーブルに飾るのですが、深緑の壁の前に置きたくなりました。

枯れたらドライフラワーにして、長く長く楽しみます。





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-18 14:26 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
沖縄いぶり暮らし・冷凍餃子編
f0370669_10370168.jpg

漫画「いぶり暮らし(作・大島千春)」を愛読しておりまして。
冷凍餃子も燻製すると美味しい!という情報を得て、早速燻してみましたよ。

漫画の中で登場人物が「餃子が...アメ色になってる」と驚愕していたその通り、ちゃんとアメ色に仕上がりました。


f0370669_10370237.jpg

市販の冷凍餃子でできちゃうのが、お手軽で嬉しいですな。
皮にも具にも燻香がしっかりついて美味しかったですよ。

我が家では、雨の降る日を燻製日和と位置付けています(近隣住民が洗濯物を外に干していないであろう日=雨天)。というわけで、最近は燻製日和が続いていましたが、今日は久しぶりに気持ちよく晴れましたね。今日はお子さんの卒園日という友人もいたなぁ。雨の日も楽しいけれど、やっぱりお日さまが顔を出すとうきうきしますね。みなさま、良き春の一日を。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-15 09:00 | 沖縄暮らし | Comments(0)
ホワイトデーと成城石井。
f0370669_15531596.jpg

ごーり・ごーり・ごーり。
最近は日に三度は豆を挽いています。挽いている時間も美味しいよね、香りが。子どもたちがいるときは「やらせてー!」と取り合いになります。

f0370669_15522972.jpg

「はい。1日早めのホワイトデー」と、夫が贈ってくれました。「いつもありがとう」だって。嬉しい、優しい。
「ミルク紅茶ガナッシュに紅茶葉」とか「ミルクレモンガナッシュにレモンピール」とか、変わり種もあって美味なこと美味なこと。夫と二人で半分ほど食べちゃったところで「これは!コーヒーと!!」。
慌ててまた、ごーり・ごーり。
f0370669_15535917.jpg


美味しいものといえば。今日サンエーで、成城石井コーナーを発見しました。成城石井! 田舎生まれ田舎育ちの私にとってはなんと心踊る響きでしょう。思わずいくつか買ってしまいましたよ。手前はメープル100%のメープルバター。明朝が楽しみでなりません。

f0370669_15522976.jpg


最近、レトルトのグリーンカレーがどれもこれもイマイチだったので、成城石井ならきっと...と期待を込めて。そして、カップヌードルでも大好きなシンガポール風ラクサを。

f0370669_15522828.jpg


原材料名のシンプルさが素晴らしいですね。レトルトと言えど安心して食べられます。

で、食べました。...が。

ごめんね、これまで食べてイマイチだと思ってきたレトルトタイカレーさんたち。決してあなた達が悪いのじゃないと判ったわ。そもそも私はタイカレーをそれほど好きではないのねきっと。私が愛してやまないのはタイカレーではなく、トムヤムクンなのだわ。

この成城石井のタイカレー、かなり辛めです。お好きな方はたくさんいると思います。ただ、私には合わなかった... 無念...。辛いからというわけでもないんだけど。シンガポール風ラクサに期待。

食べたらまた、感想載せます。

それにしても、どこのサンエーにもあるんだっけ? 成城石井コーナー。私、初めて見たわ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-13 16:07 | 沖縄暮らし | Comments(0)
中嶋亮子さんの着こなし
f0370669_13211864.jpg

放送日の着こなしも素敵でした。ブラック系ワントーンでも華があるコーデ、さすがです。

今週のゲスト、「touch me not」 デザイナー・中嶋亮子さん のいきなりファッションチェック、いってみましょー。

f0370669_13211946.jpg

touch me not のトップス、ボリューミーな袖のフレアが素敵です。

f0370669_13211966.jpg

タイツかわいい!と言うと、パンツの裾をまくって見せてくれるというサービスっぷり。ええひとやぁ〜。
レースアップシューズと合わせると春先取り感が出ますね、ステキ。

f0370669_13211979.jpg

大学でテキスタイルを専門に学んでいた亮子さんはなんと、東京のテキスタイルコンテストでグランプリを受賞した経歴もお持ちなのです。その時の作品がこちら。ちょ... かっこよすぎなんですが!!
FMとよみアナウンサーの平田千春さんが目を丸くしながら「なにこれすごい!パリコレ?パリコレ?!」って言ってたのが可愛かったです(笑)。でもほんと、トップメゾンが採用してもおかしくない、崇高な雰囲気のテキスタイルです。今後はまた、染めもやっていきたいという亮子さん。 touch me not のこれからが一層楽しみになりました。

そうだそうだ、今日・3月11日(土)朝10時から、亮子さん回の再放送がありますよ〜。県外の方もスマホやPCで聴けます。聴き方こちら

さてー。今日は再来週放送分のキッチンの女王を事前収録してきます。きゃっきゃ・きゃっきゃした収録になりそうで今から楽しみ、るんるん!


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-11 09:00 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
個性光る、でも着る人を選ばない。密やかな遊び心を満たす大人服「touch me not」 中嶋亮子さん
f0370669_10084467.jpg

シンプルながら随所に個性の光る大人な着こなし。ウエスト周りの絞りはなんと洋服のデザインではないそうで。

「ワンピースをたくし上げて、パンツのベルトの中に押し込んでいるんです。琉装の『ウシンチー』を真似て」

琉装を着るときは下着の上に細帯を締め、その上から着物を羽織り、襟先を細帯の中にたくし込む。その着方をウシンチー(=「押し抜き」)と呼ぶそう。それをワンピースに応用するなんて!

「touch me not」の作り手である中嶋亮子さん、自身のブランドアイテムの着こなしはさすがの一言です。


f0370669_10092198.jpg

ボタンを開け、羽織りとしてまとっても良い。なるほど、このメンズライクなベルトの中にワンピを押し込んでいたのね。

羽織りコーデにした途端目に飛び込んできた、サルエルラインがキュートなデニムパンツも touch me not のもの。デニムの裏地が表地として一部用いられているデザインは、ありそうで無かった発想。デニムを見るやいなや「わ〜めっちゃ良い。欲しい!」と飛びついた私に、「こういうタイプもあるんですけど...」と亮子さんが出してくれたのが...。

f0370669_10093676.jpg

このデコラティブなデニム。キュートになりがちなフリルが、デニム素材ではハンサムに映える。ああ、甲乙つけがたしとはこのこと、どちらも欲しいぞ...。
デニムってベーシックなアイテムなのに、瞬間的に欲しいと思わせるほどの一本にはなかなか出会えないのは私だけでしょうか。touch me not のデニムが放つ吸引力の源は何かしら。個性的なデザイン以外にも魅力があるはずなんだけれど...とぼんやり考えていると、touch me not を取り扱うセレクトショップ「miyagiya-bluespot」のオーナー・宮城さんがその答えを教えてくれました。

「このデニムはね、履く人を選ばないんですよ。僕のように男性も履けるし、どの年代の方にも合う。サイズ感もゆったりしてるから履けない人がいないというか」

なるほど、腰の張った私でも履けそうだと、無意識に判断していたのかもしれない。性別のみならず世代も問わないという説明にも納得。こんなデニムを履きこなす60代や70代、めちゃくちゃアリです!

f0370669_10092988.jpg

先述のワンピースはなんと、後ろ前に着ることもできるのです。さりげなくつけられたポケットが「後ろ前感」を完全排除するという大きな役割を果たして。


f0370669_10094086.jpg

セレクトショップ miyagiya-bluespot に寄せられる信頼はとても厚い。県外からの注文も多く、また東京や大阪で定期的に行っている展示会も毎度大盛況の人気ぶりなのです。そんな人気セレクトショップのオーナー・宮城さんのお眼鏡にかなった touch me not のアイテムは、沖縄県出身・在住の中嶋亮子さんと妹さんが中心となってデザイン・制作を行っている、生粋の沖縄ブランドです。しかし、作り手は亮子さん姉妹だけではなくて、実は...。

この辺のお話がとても面白いです。これまで色んなブランドさんを取材してきましたが、こういう方法・方針を採っているブランドには初めて出会いました。明日の放送で、その辺もじっくりお話していただこうと思っています。
f0370669_10094551.jpg

トップスもとても素敵です。フレアの加減が甘すぎず、洗練された雰囲気に。

f0370669_10095127.jpg

ああ、いろいろ書いてしまいましたが、一番言いたいことは亮子さんがとても・とてもステキだということ。
宮城さんも舌を巻くほど「デキる」女性なのに、ぽや〜ん・ふわ〜んとしていて(どんなよ?)、くしゃっと笑った顔が本当に少女みたいで、控えめなのにどうしたって目を引いてしまう愛らしい外見と雰囲気、カッコイイ着こなし。
柔らかいのに芯のある生き方。

あー、明日です!スタジオで会える! あなたはラジオで会えますよ。
3月9日(木)放送の「キッチンの女王」10時から11時まで。FMとよみ 83.2MHzで会いましょうね。
ついでに...私とも会えるよ(笑)。

f0370669_10095353.jpg
miyagiya-bluespot
那覇市松尾2-12-22
098-869-1426
HP http://miyagiya.shop-pro.jp
facebook https://www.facebook.com/miyagiya




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-08 12:55 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
旅行と夫婦仲について。
f0370669_17072500.jpg

関西へ、二泊三日の小旅行に行ってきました。

旅行と言えば夫婦仲って、旅行という非日常では少し変化しませんか?
良くなる夫婦とケンカしちゃう夫婦。

f0370669_17072658.jpg

f0370669_17053236.jpg

f0370669_17053213.jpg

ウチは前者なのです。旅行に行くと絶対に、行く前より仲が良くなる。それはもう本当に、ただただひとえに、夫のサポートが素晴らしいからに他なりません。

思い返せば結婚前からそうでした。旅行を最大限楽しむための努力を惜しまず、徹底して下調べをして計画を立ててくれます。旅行中も私の負担を最小限に抑える為に、常に気を遣ってくれます。

f0370669_17053340.jpg

f0370669_17072409.jpg

f0370669_17072602.jpg

それは子連れ旅になってからも同じ。3歳の息子の体重はかなり重いのに、「だっこぉ〜」の要求に嫌な顔一つせず常に応えてくれます。寒風吹きすさぶ神戸の港でも、動物園を見てまわっているときも、空港行きのバスに乗るべく急ぎ走るときも。

f0370669_17072428.jpg

f0370669_17072430.jpg

f0370669_17072418.jpg

f0370669_17053631.jpg

f0370669_17053578.jpg

今回も夫のサポートは素晴らしく、充実した楽しい旅行になりました。この人と結婚してよかったなぁと改めて感じるのが、夫との旅なのです。

私たちは結婚してからほぼ毎年、県外か国外(もちろん近場)へ旅行しています。それは意図的に。幼い子どもを連れての旅行って色々と大変です、もちろん。でも大変だからこそ、うまくいかないからこそ、ヘトヘトになるからこそ、記憶に残る旅にもなると思うのです。

f0370669_17053220.jpg

神戸に向かう機内で夫と思い出したのですが、前回神戸を訪れたのは五年前、第一子である娘が三歳の頃でした。つまり、今の息子と同じ歳の頃。娘に当時のことを覚えているか訊くと、ほとんど何も覚えていない様子。三宮のドコモショップ内で盛大におもらししたことも、生田神社を参拝したことも、USJに行ったことさえも。ということはつまり、今回の旅の記憶は三歳の息子には恐らく残らないということ。

でもいいの。なぜって、私たち夫婦の記憶には鮮明に残るから。
...とブログを書いていると、娘が急に「少しは覚えているよ」と。

「抱っこしてもらって雪を触って、USJのシュレックのクッキーが動いて、赤いおじさんが出てきて怖くて泣いた」

上等上等、それだけ覚えていてくれたら。
私たちはもっといろんな場面を、細部を、覚えてるよ、これからもずっと。今回の旅も。





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-05 19:59 | エッセイ | Comments(0)
旅のお守りや、鯖や。
f0370669_09572684.jpg

今回は、放送前にブログ更新しちゃう。
3月2日のゲストはこの方です。お名前は、職業は... 放送を聴いてね。
相変わらずサイコーに可愛いっす。「80年代のラジオDJをイメージした〜」というコーデ、ほのぼのとした刺繍のトップスがたまりません。

f0370669_09572756.jpg

収録終わり、別れ際にバッグの中からにょきにょきっと取り出したキーホルダーがこれ! ゲストさんの作品です。鍵、絶対迷子にならないですねー。「うん、絶対ならない(笑)」

f0370669_09572666.jpg

バッグには素敵なチャームも付いていました。2015年の「旅」のお守りに作ったもの、今も持ち歩いているそうです。

私は以前からゲストさんの作品の大ファンであり、その愛だけはよく伝わる放送になっていると思います。。ごめんね、なんか一人で突っ走っちゃって。

画像を見て「何これ、素敵すぎるんですけど!」と思ったあなた、ぜひ木曜10時からの放送を聴いてね。どのように作っているのか、2015年の旅とは? そもそもゲストさんは何者なのか...。あ、何者かご存知の方ももちろん聴いてね。ゲストさんリクエストの曲を2曲流しますが、そちらもさすが!のセレクトですよ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-28 10:24 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
ダイエット、高栄養、そして心。
f0370669_14410201.jpg

最近ねぇ、栄養のことを考えています。高栄養の食事について。

35歳で息子を出産したあと、痩せたのですよ。息子が1歳半くらいのころがマックスだったかなぁ。164cm で46kg くらいになっていました(体重って初めて公言した気がする)。改めて振り返ると、痩せた理由は「授乳」と「糖質制限」だったのだろうと思います。糖質を制限していた理由はダイエットではなく偏頭痛を改善したかったから。当時は確かに偏頭痛の症状も改善していたし、カラダも軽くて調子が良かったように思います。
でも、はい。リバウンドしました。

当時を知る友人は「実は拒食症になったかと思っていた」と話していました。上半身からげっそりしてくるタイプのようで、顔もこけていたのかもしれません。でも、食事はしっかり摂っていたのですよ。糖質制限では高タンパク・高脂質の食事が求められるので、その通りにしていましたから。

でも結局リバウンドしました。その理由はもちろん、「授乳が終わったから」「糖質の制限を緩めたから」に他なりません。

糖質の摂取を減らせば痩せる、それは当たり前のこと。でもリバウンドするのなら意味がない。ダイエットに限らずどんなことであっても、肝は「継続」なのですよね。

継続できるからだ作りとはなんだろう。
継続のためのメンタルの保ち方はあるのだろうか。

そんなことを考えている時に、ある機会を得ました。

カラダ作りを仕事にしている某トレーナーさんのセミナーが沖縄で行われたのです。
名だたる有名モデルさんなどを顧客に持つ方で、東京や大阪など主要都市でセミナーを開催すると即刻満席、キャンセル待ちが多数出る人気のトレーナーさんです。(が、沖縄では初めてのセミナーということもあり、結局定員の30名に達したのかなぁ? ギリギリだったかもしれません)

ダイエットセミナーと銘打ってはいるものの、内容の大部分は栄養について。
摂取カロリー減らして有酸素運動を行うようなダイエット方法の不毛さ。
高栄養の食事の大切さ。

とても深く考えさせられたし、自分が目指す道が見えた感じがしました。

それ以来、食べ物を選ぶときの指標が変わりました。
カロリーについてはだいぶ前から完全無視するようになっていましたが、糖質云々の前にまずは「高栄養であるかどうか」を念頭に置くようになったのです。
そして、「食べるときは思い切り味わう」。

なので、しっかり食べています。
今日のお昼ご飯には鯖を焼き、白胡麻をたっぷりふりかけた白ご飯とキムチ、納豆とともに食べました。

3時ちゃーだって楽しんでいます。お気に入りのカップにコーヒーを淹れ、スーパーのスナック菓子二袋分くらいの値段のマカロン1つ、おいしく味わって食べました。

不思議なことに、糖質に捉われながら体重計とにらめっこしていたここ数ヶ月が嘘のように体重は減少傾向です。でも体重ではなく、体脂肪率の方が気になる今日この頃です。

だけど、やり方を定めたところで結局は、続かなければやはり意味がないのです。巷にはダイエットに限らずあらゆるジャンルにおけるハウツー本が溢れています。健康、貯蓄、家事、育児、仕事、人間関係、美容...。どれだけ「HOW TO」を知ったところで、3日坊主で終わってしまえば知る前と何ら変わらないわけです。

その「継続させるためのメンタル維持法」を今、吸収しているところ。吸収し終わったら自分を使って人体実験します。何でもさっさとやってみたい!という性格なので、楽しみです。

珍しく、カラダについてのお話でした。








[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-24 15:21 | エッセイ | Comments(0)
みじゅんってさー& みんなの「朝の過ごし方」
f0370669_12414127.jpg

みじゅんってさぁ、みんなどんなして食べているのー?
頼みの綱であるウェブを検索してもあんまりレシピ出てこないし。
困り切っていたところで「みじゅんってイワシじゃん!」と書いてあるサイトを発見し、それじゃあイワシ風に...と梅煮にしてみたよ。仕上がりはほんと、イワシの梅煮と変わらない見た目だったけど... 食べてみるとイワシ以上に小骨が多くて食べづらかった〜。そしてあんまり柔らかく煮ることができなかったの。圧力鍋なら良いのかしら。

調理できないくせになんで買ったのかって?

f0370669_12414023.jpg

見てよ〜、この大きさで3尾入って205円って、安っ!
もっと美味しい食べ方があるはずだよねー。誰か教えて〜!


今日のラジオは月間テーマ「私の朝の過ごし方」についてでした。
やーたのしかったぁ〜すごく楽しかった〜!

ゲストさんがいない放送、数ヶ月ぶりじゃないかな? 父の件があってしばらく番組をお休みしていたこともあり、ここ最近はずっとゲストさんと一緒に放送していた気がする。それはそれでもちろん楽しいんだけどね、一人での放送も大好きなの〜! FMとよみスタッフのゆりかさんに「今日ゲストさんなし? SAYOさん、なんかめっちゃ笑顔ですね」と突っ込まれるくらいニヤニヤしてたよー。
やっぱりゲストさんがいるときはかなり気が張っています。ゲストさんの魅力を目一杯引き出して全部放送に乗せたい!と思っているから。そのぶんやり甲斐ももちろん感じるけどね。

一人のときはリスナーさんからのメールをひたすら紹介しているから、リスナーさんと私だけの世界〜るんるん!っていう、なんていうのかねぇ、デートしてるみたいな気分です。

リスナーさんたちそれぞれの「朝の過ごし方」、聞けてよかった〜。真似したい、しよう!って思うものあり、「わーなんて幸せな!」って羨ましくなるものあり、「朝からな?! マジ?!」って突っ込みたくなるものあり(笑)。

聴けなかった方、今週土曜の朝10時から再放送ありますので是非聴いてね⭐︎
曲は、「グラミー賞5冠達成おめでとう!大好きだよ!キャンペーン」で Adele の楽曲を二曲流しましたよ〜。あー、ほんと好き。



今日の放送では Adele の歌声の魅力について個人的見解を勝手に述べてみました。熱いなぁ〜。







[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-23 16:11 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(0)
みそ味、おくら味の...シフォンケーキ?「菊みそ加工所 夢工房」
f0370669_11403704.jpg

朝の早い時間に行ったんだけど、シフォンケーキはだいぶ売れちゃってました。商品名が見える?「抹茶おくら」味だよ。おくら、だよ?! おくら味のシフォンケーキなんてここにしかないんじゃないかと思いますが、これがとても美味しいのよ。ふわっふわのしっとり生地の食感も素晴らしいんだけど、味がいいの。ショコラ、紅茶、バナナと王道のシフォンケーキもおいしいんだけど、わたしはこの抹茶おくらと「みそ」が好き。...みそ? みそだよ、みそ味のシフォンケーキ!
「菊みそ加工所 夢工房」はそもそも、店名の通りみそ加工所なのです。今は各種ケーキやクッキーなどスイーツメニューも豊富で、朝から賑わう繁盛ぶりです。


f0370669_11403720.jpg


f0370669_11403735.jpg

ここのシュークリームはね、「重い」! 重量ずっしり。そしてクリームチーズ風味が濃くてまったりしてるの、美味しいよ〜〜。他のシュークリームとは明確に違います。はっきりとした特徴がある。わたしは大好きな味よ。


f0370669_11403615.jpg
f0370669_11403810.jpg
f0370669_11403610.jpg

左上がみそスペースなんだけど、ガラガラ。なぜかって? 私が買い占めたからよ〜。
お友達への御礼やちょっとしたプレゼントにもオススメです。

f0370669_11403885.jpg

焼き菓子も色んな種類があるよ。色合いの綺麗なこと!

f0370669_11403888.jpg
f0370669_11403855.jpg

ぐるりと周りを畑に囲まれた、本当にのどかな場所にあるお店です。



最近私がハマっているのがロールケーキ。これまた目ん玉飛び出るくらい美味しくてね、生地はやっぱりシフォンケーキ同様ふわっふわで、クリームの甘さが絶妙なの。あまりに美味しいので、2月初めの義兄の誕生日会にロールケーキにデコレーションをしてもらって持参したんだけど、とても好評でした。

イタリア料理教室「Angiari」葉子先生宅に持参したロールケーキ「オレンジチョコレートケーキ」もこちらで調達したもの。あれ以来、店頭で一度も見たことないけれどまた食べたいなぁ。

お世話になったあの人にちょっとしたお菓子を...という時も、家族でお祝い!という時も、ここでぴったりの品が見つかりますよ〜。



f0370669_11403558.jpg
菊みそ加工所 夢工房
八重瀬町当銘254
098-998-0219
open 10:00〜19:00
close 毎月2日・第3日曜日


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-20 12:07 | 沖縄暮らし | Comments(0)
絶景カフェのさきがけ。浜辺の茶屋
f0370669_09413789.jpg

気持ち良かったなぁ〜この日。気温は低かったけど日が射して、キラキラしてて、私たちのテンションが超高くて。

今では県内でもいくつか見かけるようになった「絶景カフェ」ですが、こちらがさきがけだと思います、「浜辺の茶屋」。以前オーナーの稲福さんにお話を伺ったことがあり、ご本人もそうおっしゃっていました。「当時は景色を楽しむためのカフェなんてなかったんだよ。だから、やろうとした時は周りに相当反対されたね。そんなカフェ聞いたことないって」

f0370669_09415370.jpg

先見の明ありだよねぇ。今や長蛇の列だよ。この日も平日だったけど、外国人含めたくさんのお客さんがいらしていました。

f0370669_09414386.jpg

寒い日だったので、温かいカフェオレが沁みた〜。

我らアラフォー女性3名、この日異様にテンションが高く、中学生が盛り上がるような話でいちいちお腹抱えて笑った。お店の雰囲気を壊さないように笑うの大変、声を殺して。
かと思うと急に沈黙が降りる。海をぼーっと眺めて、
「...綺麗だね〜」
「だからよ〜...」
「気持ち良いね〜」
「ねー」

f0370669_09420020.jpg

お会計時にはまたテンションアップ(笑)

f0370669_09421294.jpg

入り口からすぐ、海。
順番が来るのを待っている間、浜に降りてお散歩を楽しんでいる人も多かったよ。

f0370669_09421390.jpg

わたし以外の二人の写真がすごくキュートで楽しいんだけど、事務所の許可取ってないから(?)わたしの写真でごめんあそばせ

年明けから良い時間だったわ〜と思った一日でしたが、この後まんまと色々あったよ。1月は割と激動でした。まあそれも次会うときのネタになるからね、いいんだよね。



浜辺の茶屋
南城市玉城字玉城2-1
open 10:00〜20:00
(ドリンクLO/19:30) (フードLO/19:00)
※月曜日は14:00
close 年中無休
blog http://hamabenochaya.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-18 10:07 | そとごはん | Comments(0)
捨てるなかれ〜〜ターンムの皮。
f0370669_16043453.jpg

ほんっとーに美味しいんだってば!
昨日の放送で紹介した、ターンム(田芋)の皮のチップス。

写真で説明するまでもないんだけど、作ったから載せようかな。
これだけ入って280円だったよ。高級(私にとっては)食材であるターンムにしては安いよね〜。

f0370669_16044098.jpg

普通に、皮をむくでしょう?
素揚げするでしょう?
完成です。


f0370669_16042769.jpg

この地味な見た目に反して、非常に味わい深くおいしいのですよ。これを食べたいがためにターンムを買うようなものです私は。塩を振ってもOK。
以前、浮島ガーデンの方から教えていただいたこのレシピ、自宅で何度もリピしています。


f0370669_09170566.jpg

ちゃんとターンムの唐揚げも作りましたよ。こちらも素揚げにして砂糖醤油に絡めるだけの簡単レシピ。沖縄の重箱料理のスタメンですね。

ターンム唐揚げを作る際にきっとみなさん捨ててしまっているであろう皮、もったいないからぜひついでに揚げてみてね。美味しくてびっくりするよー。(無農薬ターンム推奨)







[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-17 09:24 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(0)
肌トラブルの原因までとことん追求。一人一人の肌に寄り添う「モイスティーヌ西原サロン」仲田 桂 さん
f0370669_13415672.jpg

「一緒に歩いていて自慢の妻」と、ご主人をして言わしめる美人妻はこちらです。
あーん、逆光になる場所を指定して撮った私のバカバカ!美肌っぷりが分かりづらいのでスマホ写真も載せちゃおう。

f0370669_14051687.jpg

ほら〜ピカピカ!!私(右)の5歳上...。待って、どう見ても私が歳上なんですが...。
桂さんは普段からノーファンデで過ごされているとのこと。ご覧の通りのプリプリ美肌さんなので、サロンや化粧品の効果に対する期待値が高まります。

f0370669_13420450.jpg

放送後、モイスティーヌのアルバムを見せてくださいました。
ねえ見て。シミって「できたら終わり」じゃないんだね。7ヶ月でこの変化、すごくないですか? しかも美肌に導いた一番の特効薬は美容液ではなくてなんと「洗顔」!

「『シミはできたら終わりでしょ』ってみなさんおっしゃいます。できてしまったら美白美容液で対処するしかないと思ってたって。違うんですよー。洗顔なんです、大事なのは。洗顔で本当に変わるんですよ、信じられないくらい」

f0370669_13420478.jpg

こちらも8ヶ月でこの変化。肌全体のトーンが違う!

f0370669_13420500.jpg

この方なんて、シミだけじゃなくてリフトアップもしてるしシワも減ってる。というか、別人レベル! ノーファンデですよ? おいくつなのかわからないけれど、before のような肌の方はよく見かけるよね〜という話になりました。

「年をとれば肌も老化する、だからこれが普通だって思いますよね。その辺にいらっしゃっても何も違和感を感じない。でも、自分の肌が本来持っている力を引き出せば、こんなに綺麗になれるんですよ」

シミもシワも決して「悪」ではないと私は思うの。チャーミングなシワってあるし、シミだって別に恥ずかしいものではないって。
でも、一番大切なのは第三者からの印象じゃなくて本人の気持ちだとも思うのです。シミ・シワを自分の一部・持ち味として受け入れているならそれも素敵だけど(そういう素敵な女性もいっぱいいる)、鏡の中の自分を見て心が沈んだりため息をついたりしてしまうようなら、改善のための努力を始めるのもいいんじゃないかなって。

エステといえば、サロンに出向いて施術してもらい、時にサロンが勧める化粧品を購入して終わり、という印象でした。桂さんのサロンは全然違うんだよね。想像を超えて懇切丁寧、まさに「一人一人の肌に寄り添う」サロンだとわかりました。肌トラブルの原因をとことん追求してくれる上に、リアルタイムで相談に乗ってもらえるってすごく心強い。そして、効果がちゃんと出るから続くんだよね〜。

そしてそして、「キッチンの女王」を聴いた方限定の特典にもぶっ飛んだ...。桂さん太っ腹!
特典の内容はここでは言えないんじゃよ...(涙) だから土曜の再放送聴いてね〜。再放送聴いた方にも適用だよ!
豊見城市外からでもPCやスマホで聴けます。聴き方はコチラ

ラジオ聴いたらわかるんだけど、桂さんってキャラも最高よ。私、自分より明るい人って久しぶりに会ったかもしれない...(笑)。
「きゃー!」「え〜!?」「うふふ...❤️」「もぉっ、いや〜〜ん!」
って感じの方です(どんなよ?)。あ、私みたいな非常識感はないから安心してね。常識的に明るい女性です。

桂ファン、ものすごく沢山いるだろうなー。桂さんに元気もらいにサロン行く人も少なくないはず。悩んでいる時間もったいないよ。肌のことで少しでも悩んでいる方、電話してみてね。


モイスティーヌ西原サロン 仲田桂(なかだ かつら)
西原町上原63-1
098-882-0177

モイスティーヌHP https://www.moisteane.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-16 14:43 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
娘のバレンタイン2017&私のバレンタイン1993(class...懐かしいな)
f0370669_12531813.jpg

小学校二年生の娘、昨夜友チョコ作りがんばっていました。かわいいねぇ。
「チョコ食べたい〜!」と主張してベッドに入りたがらなかった息子は、朝起きてすぐにキッチンへ。がちまいめ。

f0370669_12531971.jpg

青色のアラザンでにこにこマークを可愛く作ってあったのに、ソッコーぱくついたものだから写真に収められなかった、残念。

全部で5個、朝のうちに完食しちゃった息子です。

「娘もいつか好きな人にチョコレートを手作りするのかね〜」からの
「私も若かりし頃は〜」という母親あるある連想で、少しばかり昔を懐かしみました。若かったわ〜。

そういえば!!
私も初めて彼氏にあげた手作りのバレンタインチョコはトリュフだったわよ。粉糖が家になくて、お友達に相談したら学校に持ってきてくれたのよね。放課後、一度箱を開けて茶こしで粉糖をふり、ラッピングしなおして彼氏にあげたっていう思い出。

で・さ、あげたときの彼氏の表情とか私のドキドキ感とかぜんっぜん、一切、まったく覚えてなくて、友達の力を借りて仕上げた時の喜びだけすごく覚えてる(笑)。その友人とは今でも良きお友達です。私の、鹿児島時代から続く数少ない友人の一人。
お互い結婚し、子どもに恵まれ、色々ありながらもそこそこ幸せかつ元気にやっていますよ、私たちは。って、彼氏にあげるチョコレートのことで授業中も頭がいっぱいだった中学三年生の私たちにちょっと教えてあげたい気もします。ま、華麗にスルーされるのが関の山だろうけれど。

十代だった私たちよ、アラフォーもめちゃめちゃ楽しいぞ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-14 12:53 | 沖縄暮らし | Comments(0)
燻製日和
f0370669_10031195.jpg

燻製についての記事を読んだお友達が「うちでもやったよ〜!簡単で超美味しかった〜」と報告してくれました。嬉しい。
そうなのよ、超簡単。ほっときゃできるレシピの最たるものではないでしょうか。

とはいえうちの夫はマメ夫くんなので、燻製中に2~3回は「ドリップ」をティッシュで拭いて除去しております。曰く、ドリップをそのままにしておくとエグミがでてくるとかなんとか...(よく知りません。夫任せ)

近隣の住民の方に迷惑をかけぬよう、雨の日に燻製をしようと夫が言い出しました。なるほど、雨の日は外に洗濯物を干す人もいないからね。良い考え。

f0370669_10031143.jpg

小一時間ほどで完成します。卵はちゃんと味付け卵にしないまま燻しちゃったのでいまいち。このあとチーズとかまぼこも燻製にしましたがどちらもかなり美味しかった。念願だったブロックベーコンも最高。この日我が家に来ていたお客様も美味しさに驚いていたので、我が家にあった燻製セット(100均のボウル2つと網、メイクマンで買ったチップ)をお土産に差し上げました。

いつもの食材をかんたんに、より美味しく変身させられる「燻製」、おすすめだよー。私は「いぶり暮らし」という漫画も愛読してます。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-13 10:10 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(2)
女の子のみだしなみ
f0370669_15130287.jpg

子どもたちが毎月お世話になっている美容室です。
娘はここで切ってもらうのが大好きなの。なぜかって? カットだけじゃなくて丁寧にシャンプーもしてくれるし、さらにものすごくものすごく丁寧に時間をかけてブローまでしてくれるから!これがとっても気持ち良いそうです。
なのに、それなのに... なんと500円なんだよ?!(子ども料金)
ちなみにカットもとても上手です。店主も美人さんな上に優しいし姿勢も美しいです(大事)。

撮影の許可はいただきましたが、お店の詳細の掲載許可は得ていないので、ご紹介できずごめんなさい。。
「ブログでお店のこと紹介も良いですか?」って聞いてみたら「良いですよ〜」と言ってくれそうだけれど、なんとなく訊けなかったの。なんでだろう。隠れ家みたいな雰囲気だからかなぁ。

娘が美容室行くの喜ぶ姿、かわいい。おしゃれというか身だしなみに興味を持つところが微笑ましい。

f0370669_15130278.jpg

ほら、可愛いよ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-10 10:50 | 沖縄暮らし | Comments(0)
こだわり抜いた小麦粉・天然酵母・塩・水だけで作る、大地の香り漂う食パン。ippe coppe(イッペコッペ)西村美奈子さん
f0370669_13550419.jpg


「ねー、美奈子さんとこって夫婦ゲンカするのー?」
「それがねぇ、私たちって全くケンカしない夫婦なんだよねぇ〜」

収録終わってこの写真撮りながら聞いちゃったもんで、えー!20年近く一緒にいるのに? なんでなんでー!って、あと1時間くらい追加収録したくなりましたよ。

美奈子さんでも確かに、いつも穏やかで菩薩みたいに見えるからなぁ〜と私が言うと、

「いや〜、私じゃなくて剛(つよし)くん(=美奈子さんのご主人)のおかげなんだと思うよ〜」

とな。
あー別枠(夫婦の問題について番組やる日!)でまた、ゲストに来てくださらないかなぁ〜。1時間じゃ全然足りないなぁ〜〜(涙)

今週のゲストは浦添市港川にある天然酵母食パン専門店 ippe coppe(イッペコッペ)の西村美奈子さんでした。

f0370669_13550558.jpg
ここまで緊張を感じさせないゲストさんは稀でございます。美奈子さん、番組やったらどうかしら?!

天然酵母「パン」の専門店ではなく、天然酵母「食パン」の専門店って面白いよね。そして今や県外・国外からもippe coppe の食パンを求める人々がやって来て列をなす人気店です。
素材に対する生半可でないこだわり、すごいです。素敵です。お話も楽しいです。聞き逃しちゃった方、今週土曜の朝10時から再放送があるよー⭐︎

f0370669_13550423.jpg

なーんとなんと、美奈子さんからお土産をいただいてしまいました。

f0370669_13550586.jpg

家に帰って袋を開けて、「あ!ippe coppeのラスク〜〜〜!」
美味しいことを知っているから、めちゃめちゃ嬉しかったです。

息子も娘も大好きなので、一袋ずつあげました。ものすごいスピードで完食しました。私は夫と半分こ。こちらのラスクはね、薄さがいいんです。ガリっとかザクっとかじゃなくて、「サクッ...」という軽い歯ざわり。まぶしてあるお砂糖の質と配分も素晴らしく、おやつタイムがとても贅沢な時間になります。

私ね、知ってたんだよちゃんと、美味しいって。でも、今回改めて食べてみたら「あ...、わっ....、待って待って、こんなに美味しかったんだっけ」って、私の記憶を超える美味しさでした。なぜかちょっと焦ったもん(笑)。
このラスクはねぇ、ippe coppe に行ったらいくつか買っておいて、「あ〜今日ちょっとテンションあがんない〜」って日に、夫も子供たちもいない時間を狙って(ひどい?)一袋開け、美味しいコーヒーと味わったら一気に元気になれますよ。保証します。

f0370669_13550598.jpg
そして....
このコーヒーにも焦った!!!

ippe coppe のご近所さん「OKINAWA CERRADO COFFEE」による ippe coppe オリジナルブレンドのドリップバッグです。こちらのコーヒーも以前から飲んでいるけれど... ちょっと待ってこれ本当に美味しいんだけど? ippe coppe のラスクとかなりベストマッチなんですけど? 業人さん(なりひとさん・店主)、どゆことー!!!

今日の私、テンション高すぎじゃないの?と思われるかもしれませんが、大げさに誉め殺してるわけじゃないんです。本当にびっくりしたんです。
かなり深めにローストしたのかなぁと勝手に推測しているのですが(違う可能性大)、苦味があってコクもある、だから甘いラスクに合わせると丁度いい。でも、喉越しは非常にすっきりとしていて、苦味があとを引かないの。後味がとても爽やか。OKINAWA CERRADO COFFEE さんで私はいつもマイルド系の豆をリクエストしているので、味わいの違いに驚きました。どちらが良い・好きという話ではなくて、ippe coppe オリジナルとしてこの味を生み出した業人さん、さすがだなぁ...(いつも気軽に話しかけちゃってたけど天才...)と思ったのでした。

ラスクはあっという間になくなったけど、コーヒーはあと一人分あるもん!るんるん...と思っていたらその日、大切なお客様が我が家にいらっしゃいました。一杯目は私が豆を挽いてコーヒーをお出ししたんだけどあんまり上手に淹れられず、二杯目淹れる時に迷った...。大事な方だから美味しいコーヒーを淹れてあげたい、セラードコーヒーのドリップバッグなら確実に美味しく淹れられる...でも、あと一人分しかないんだよ? 私の分なくなっちゃうんだよ...(涙目)?

でもね、淹れた...。淹れたよ...。
ここで出しかんてぃーするのは間違っている。美味しいものは分け合わなきゃいけない!って思ったの(涙目だけど)。お客様も喜んでくださったし、私はまた買いに行けば良いもんね!

いつ頃だったか、コーヒーから少し遠ざかっていた時期がありました。二年くらい前かな。理由は特になくて、でもその時期はコーヒーより紅茶が美味しいように感じていたんです。でも去年辺りからまた、コーヒーを求める気持ちが強くなってきました。毎日のように飲んでおります。というわけで、コーヒー豆を販売する店主からも色々お話、訊いてみたいよなぁ〜〜〜と伏線を張ってみたところで、今日のブログはおしまいです⭐︎



ippe coppe
浦添市港川2丁目16-1 No.26           
098-877-6189 
open12:30 ~18:30 (売切れ次第終了) 
close 火・水     









[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-09 14:19 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
地元の有名クレープ店と、わたしの海。
f0370669_15013500.jpg

思いがけず、1時間ほどぽっかり時間が空いたので、次の目的地とは逆方向に車を走らせてクレープを食べてきました。先日の帰省の話の続きです。

f0370669_15014011.jpg



f0370669_15014270.jpg

初めて選んだ「バターシュガー」。値段、一番お安かった(笑)シンプルなので写真映えがしなくて残念...。

でもね、わたしこれ絶対次もオーダーする。ものすごく美味しかったよ! バターが贅沢に使われていて、生地からじゅわ〜っと溢れてくるの。わたし、食べながらポタポタこぼしてしまったよ...笑 それくらいたっぷり入っていて、そこに砂糖の素朴な甘み。砂糖よりはバターの香りが印象深い、なかなか大人なクレープです。ちょっと食欲を失っていたんだけど、とても美味しく食べられたよ。

先日の帰省はかなりハードでした。
限られた滞在期間、しかも息子を保育園に預けている平日昼間に、父に関する様々な手続きを全て終わらせなければいけない。頼れる人は誰もおらず、わたし一人で全部やらなきゃ... そんな風に気を張り詰めて、todo リストとボールペンをポケットに忍ばせ、片っぱしからタスクを片付けていく日々でしたが、4日目だったかなぁ、気がつくと1時間ほどぽっかりと時間が空いたのです。次の予定は市役所の福祉課に行くことだったけれど、担当者との約束までに1時間ある。父はケアハウスでお昼ご飯を食べている時間だし、わたしも小腹が空いたし、ちょっと美味しいもの食べたい...。

そこで思い出したのが、車で5分ほどの場所にあるこのクレープ屋さんでした。数年前は違う場所で営業していたとある有名店ですが、わがふるさとに(なぜか)移転してきてくれたのです。

土日ともなるとお客さんが列をなしていることもあるので、やはり今でも有名な人気店なんだろうなぁ。

f0370669_15021465.jpg
店の裏に広がる海。わたしの家も同じ海岸からそう離れていない場所にあるので、慣れ親しんだ風景です。

f0370669_15021808.jpg

沖縄の海とは全くちがうのよね。特に匂いが違う。浜辺に降りた瞬間に鼻をくすぐる潮の香りは、わたしにとってはまさにふるさとの匂いなのです。野生的な香り。

f0370669_15022946.jpg
日本最大の石油備蓄基地と桜島が並ぶこの風景、好きです。この写真じゃよく見えないけれど、備蓄基地の前にヤシの木が等間隔で並んでいる様子がものすごく可愛いのです。

気温が低く海風も冷たくて、20分ほどで食べ終えて車に乗り込んだけれど、すごくいい時間でした。美味しいものと美しい自然って、かなり効率よく元気をチャージしてくれるよね。疲れたときはお外ご飯に限ります。もしくは、気の合うお友達とのご飯 or ゆんたく(おしゃべり)、ね!



f0370669_15022223.jpg
Plage(プラージュ)
鹿児島市喜入生見町2357-8
open 11:00~20:00
close 水曜(祝日の場合は翌日)

第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-07 10:45 | そとごはん | Comments(0)
新入りグリーン  (くらし部門)
f0370669_13491453.jpg

壁掛けの、オオタニワタリを買いました。


f0370669_13492795.jpg

壁に穴をあけるのが億劫かつ怖かったので、百均で買ったフック2つを使って一時的にかけてみた。

キッチンの後ろの壁、真っ白だし余白が多くて寂しかったので、とても嬉しい。ここに decco さんの壁掛け花器もかけて花を生けたいなぁ。そしてそして、お部屋もベランダももっと緑いっぱいにしたいのです。でもね、我が家は高台にあって毎日強風が吹いているので、ベランダで植物たちが心地よく過ごせるのか心配なのよ。更に、私たち夫婦は植物が大好きだけど育てるのは非常に苦手であり、そこも不安なのです。

とりあえず、新入りのオオタニワタリくんが元気に育つよう、まめに土の湿り気チェックしてあげなきゃ。

f0370669_13551269.jpg
植物を育てるのが下手な私はもっぱら、切り花とドライフラワーに癒されています。このガーベラ、近くの市場で180円でした。安いなぁ。いつもの細めの花瓶ではなく、大きめのガラス製の花瓶に伸び伸びと活けてあげたくなり、このように。
「活ける」というかまあ、入れてあげただけですが。

リビング・ダイニング・キッチンのどこにいても目に入るので、嬉しくなる。

切り花は毎日水を取り替えてあげると長持ちすると知ってから、必ずそうしています。この一手間で本当に全然違う。たまに茎を水切りし、茎の長さの変化に合わせて花瓶の大きさも変えつつ、長く一緒にいたいなぁと思っています。





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-03 14:38 | 沖縄暮らし | Comments(0)
詩をかくことは、解放(開放?)。 瑤いろはさん    (くらし部門)
f0370669_16231229.jpg



あー、今日泣くことになるとは思わなかったなぁ〜。9:40くらいからは鼻水ぴーぴーだったし(私ね)。

本日のゲスト、詩人の瑤(よう)いろはさんと私は1歳違い、二人の子を持つ母親という共通点もあります。同年代の詩人が書く詩に触れたのは、考えてみれば初めて。これまで歩んできた人生や今身を置いている環境はもちろん全く違うけれど、いろはさんが詩という形で伝えている思い、感覚、風景にはハッとするほど共感するところがありました。共感して、辛い、痛い、怖い、怯える...そして最後には...。

いろはさんが2016年に出した2集目の詩集「うたう星うたう」は、最後には私に「救い」を与えてくれたように感じました。


で、さ。
いろはさんってめっちゃ可愛くない? どう見たって歳下なんですけど...。

f0370669_16231169.jpg

「上半身だけ...引きで...」って言われていたので一枚目の写真を選びましたが、本当はこの写真が一番好き...可愛い...。いろはさんごめんね、だって可愛いもん〜〜載せさせて〜!(サイズは小さくしたから〜!)

詩がどうやって生まれるのか、詩を書くこととはいろはさんにとってどういう位置づけなのか。作品を読んだだけではわからないことを直接ご本人にうかがうことができて、私大満足! そしてお話がやっぱりすごく面白かった。ちょっとね、私の言葉でブログに書いてもきっと伝わらないから、明後日(土曜日)朝10時からの再放送聴いてほしいなぁ。


そして、2月の月間テーマは「私の朝の過ごし方」ですよ。起床して出かけるまでとか、お昼ご飯を食べるまでとか、何時まででも良いよ。「朝はこれをするのが日課になってます」「こうやって過ごすようになってから、なんだか調子がいいんです」などなど、なんでもお寄せください。

mail→ kitchen@fmtoyomi832.com


f0370669_16231517.jpg

「うたう星うたう」瑤いろは
通販はコチラ→⭐︎









[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-02 16:41 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
スパイスで芯から温まる。クンチのつくタイ料理の名店「シャム」    (くらし部門)


f0370669_14022750.jpg

外食投稿が続いてますが、撮りためたものでございます(連日外食できる身分ではございませんで...)。

タイ料理でクンチをつけたくてたまらず、玉城の名店「シャム」に行きました。ここには夫の両親や姉夫婦、うちの子ども達と大人数で行き、品数をたくさん注文してシェアするのが常なのですが、今回初めて!私と夫の二人だけでランチを食べてきましたよ。二人ともそんなにお腹が減っていたわけではなかったので一品ずつ注文。カシューナッツの炒め物は夫の好物です。中華料理でもあるよね。そういえば夫、中華料理店でも必ず注文しているなぁ。ちなみに中国語では「腰果丁(ヤオ・グゥオ・ジー・ディン)」。...って、写真はタイ料理ですけどね。(調べたところ「チャイニーズ・タイ料理」の一種で、タイにいる中華系の人々が広めてタイ風に発展を遂げた料理であるとのこと。納得)

f0370669_14022730.jpg

こちらは私が大好きなトムカーガイ。ハーブたっぷり、肉のココナッツミルクスープですな。どちらも肉になってしまいましたが、スパイスが効いていて奥深く、元気のでる味。「辛いー、でも超美味しい〜!」「ねー本当に美味しいんだけど?」って、何度も来たことあるくせに美味しい美味しい連発しながら箸を進めました。

私ね、本格的かつ美味しいタイ料理を初めて食べたのがここ、シャムだったの。初めて来た時ももちろん、夫の家族みーんな一緒だったなぁ。その時も美味しかったけど、それよりみんなで来られて楽しかった・嬉しかった記憶の方が色濃く残っています。
沖縄は結構タイ料理屋さん多いよね。今はあちらもあるし、あちらにも...といくつか美味しいお店を思いつくけれど、私にとってはここがタイ料理のふるさとみたいなもの。末長くお世話になりたいお店です。自宅からもほんの15分ほどで着いちゃうしねぇ。玉城って近いのよね、距離的にも心理的にも。

そして、食べる前にはちょっと風邪気味で元気がなかった私も、食べ終わる頃にはチャージ完了! やっぱりスパイスたっぷりのタイ料理は、良い。沁みる。

f0370669_14022761.jpg

シャムといえば大人数で〜のイメージが強かったらしい夫、少ない品数でも満足したようで「また二人で来ようね!」とホクホクでした。うん。でも、次はやっぱりみんなで来たいかなー。トムヤムクンもパッタイも食べたいんだもん。


シャム
南城市玉城字富里136-1
098-948-2057
11:30〜14:30 17:00〜22:00
close 月曜・第4日曜






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-01 14:04 | そとごはん | Comments(0)
真っ白なウミカジテラスでハンバーガー 「チムフガス」(くらし部門)
f0370669_14384720.jpg


BBQバーガー ¥750也。分厚いベーコンが圧巻でしょう? 「BBQ」の名から私、勝手に薄切り牛肉をイメージしていたのだけど、まさかのベーコン!!最高じゃない?


f0370669_14385160.jpg


同じ価格のチーズバーガー。とろけるチーズだけじゃなく、カリカリのせんべい風チーズも挟んであるところがミソね。パテもジューシーで肉感が強くて美味しかったけど、上に乗ったピクルスが思いの外良いアクセントになっていました。これまで食べてきた同じ形のピクルスとは違ったのよね。ちょっと複雑な味わいというか。あー、料理上手な人はきっと、「漬け込む液にアレとかアレを入れてるのかも」って見当がつくんだろうけど...私にはさっぱりわかりません。ただ、好みの味だなぁと思ったのでした。

f0370669_14385527.jpg


ウミカジテラスのシンボルマークが好きなんだー。送迎バスにもプリントされてるよね。道ですれ違うたびに「かわいい〜!」と目で追ってしまう。店舗の壁に掲げられているプレートは、青バージョンで大人っぽいですね。

誰がデザインしたんだろうってずっと気になっています。ウミカジテラス関係者に訊いてもわからなかったんだ。

建物が白一色に塗られたウミカジテラスは、真夏の昼間に行くと目も開けられないほど眩しい(&溶けるほどに暑い...)ので、夏は昼間を避けていくのがおすすめ。今時期ならどの時間帯に行っても楽しめますね。

個人的にはウミカジテラス、好きなんです。まだまだ発展途上でこれから色々な方向に展開していけそうだからそれも楽しみだなぁ。


f0370669_14385934.jpg

氾濫バーガー チムフガス
豊見城市字瀬長174−6 瀬長島ウミカジテラス
098-851-8782
open 11:00〜20:00
facebook ⭐︎





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-31 08:13 | 沖縄暮らし | Comments(0)
1時間でできちゃうお手軽燻製@自宅 (くらし部門)
f0370669_14402538.jpg

夫が、おうちで簡単にできる「燻製」のやり方を同僚から習って帰ってきた。帰宅してすぐ再現。
同僚作の燻製がものすごく美味しかったから、家族にも食べさせたいと道具(100均!)をもらい、帰路で食材も調達してくれたのです。この、「思い立ったらすぐ!」というフットワークの軽さと「家族にも食べさせたい」という思いやりの深さが夫の長所なのでございます。

チーズ、ウインナー、ブロックベーコンの燻製を食べたらしいんだけど、ブロックベーコンは店頭になかったので薄切りベーコンを重ねて代用しました。


f0370669_14402797.jpg

ボウルの中で桜の木のチップに火をつける。その上に網と食材を置き、同じ型のボウルで蓋をしたら完成〜。だいたい1時間ほどで燻し終わりました。

f0370669_14403148.jpg

ものの1時間でできたとは思えないほど、本格的なお味で美味しかった〜。ウインナーはもっとちゃんとしたウインナーが良かったかなぁ。チーズ激ウマ。ベーコンもジューシーに仕上がり、これがブロックだったらさらに美味しかったのかしら...と妄想膨らむ。これ、キャンプで作っても良いね。煙を気にせず燻せるし、ほっときゃ良いから簡単だしお酒にも合うし。

桜の木のチップさえ手に入れば、あとは100均グッズでできちゃうお手軽燻製、おすすめです。夫、第二弾早くやってくれないかなぁ〜。



第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-29 20:15 | 沖縄暮らし | Comments(0)
さちばるまやー sale! (くらし部門)
f0370669_20265457.jpg

こちらのセールに伺うのは、通算4度目くらいかなぁ。同じ時期のセールに日を変えて二度行ったこともあるからね。とにかくお得、そしてアイテム数が多い! たくさんのセール品の中からまさに「掘り出し物」を見つける楽しさがあるよ。

f0370669_20265390.jpg

革製品もあります。革の財布をいつかゲットしたいなぁと思っていた方、ぜひ見てみてほしいなぁ。

世界各国の自然素材を用いたアパレルブランド「BigHug」のお洋服は、着心地が良いだけじゃなくて丈夫! 娘に買ったキッズ服も、3年くらい着られちゃいました。普通子供服ってワンシーズンでサイズアウトするものだけど、スカートのウエスト部分がゴム+紐でサイズ調整できたりと、工夫されているのが嬉しい。ナチュラル過ぎず個性もある素敵なデザインで、着ているとよく褒められます。

f0370669_20265420.jpg

広いお庭で遊びながらお母さんを待つ子どもたち、かわいいー。

セール会場は、さちばるまやーオーナーの画家・梅原龍さんのご自宅です。こちらがまた「これって...家? こんなおうち見たことない!」っていう素敵な空間でございまして。セール品だけじゃなくおうちにも「ほえ〜」っと見惚れること必至です。

f0370669_20313922.jpg

今回は閉店セールということで、次回は(おそらく)ありませんので、この機会を逃す手はありません。

f0370669_20313981.jpg
明日までだよー!

f0370669_20265414.jpg

さちばるまやー
南城市玉城玉城31-1
facebook ⭐︎










第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-28 22:02 | 沖縄暮らし | Comments(0)



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
そとごはん
こどもとごはん
話す仕事
未分類
最新の記事
沖縄こどもの国って、実はすご..
at 2017-04-25 10:46
一口1,000円からの就学支..
at 2017-04-24 10:39
まさかの初・男性ゲスト
at 2017-04-06 09:16
貰って嬉しかった、忘れられな..
at 2017-03-29 10:42
下半身太り・肩こり・生理痛・..
at 2017-03-23 23:24
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
最新のコメント
> ぴろさん コメント..
by okinawa-sayo at 08:25
わー燻製!私も大好きで、..
by ぴろ at 12:45
> momoさん きゃ..
by okinawa-sayo at 01:22
初めましてこんにちは〜♪..
by momo at 12:58
>きもさん⭐︎ わーお、..
by フリーパーソナリティー・司会 SAYO at 08:08
その15分くらい放置する..
by きも at 00:52
ぴろさんすごい!勉強にな..
by SAYO at 12:31
higahigaさま⭐︎..
by SAYO at 12:28
私もこれ、赤木先生のとこ..
by higahiga at 14:19
気になったものはとりあえ..
by ぴろ at 15:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル