忙しい女性の肌を整え、心を癒す天然由来のコスメ。FROMO (フローモ)石渡みち代さん
f0370669_17312515.jpg

毛穴の汚れや不要な角質をやさしく落とす「小豆」と、含有するミネラル成分によって肌にうるおいやハリを与える「久米島産の黒蜜」をふんだんに使用した手作りの無添加石鹸。その名も「ZENZAI」。

f0370669_17312509.jpg

パッケージには、ブランドモチーフである繊細な蝶のマークが刻まれて。

f0370669_17312409.jpg

今日の「キッチンの女王」、ゲストは FROMO の石渡みち代さんでした。

FROMO と私が出会ったのは5年前。沖縄の天然素材を用い、成分を壊さぬよう「コールドプロセス」で手作りした石けんと聞いて、迷わず購入しました。自然派コスメは成分がナチュラルなだけに効果を実感するのもそれなりに時間がかかるのではないかと想像していましたが、予想に反して(私には)即効性がありました。洗い上がりの肌の触感が、これまでとは明らかに違った。ザラザラ感がなくつるりとした手触り、でも潤いは残っている。みち代さんがこだわって選び抜いた自然由来のコスメなのだから、考えてみれば肌にいいのは当然なのです。

ラジオで伝えるのをすっかり忘れていましたが、ご覧の通りとても美しい女性です。FROMO アイテムの品質の良さを裏付けるピカピカの肌。

「自分が沖縄に来たばかりのとき、精神的に辛い日々が長く続きました。そんな私を救ってくれたのが沖縄の自然だった。それが、女性を癒す自然由来のコスメを作りたいと思ったきっかけです。肌を良い状態に導くことだけが目的ではなく香りでも癒されて欲しいから、良質なアロマも使用しています」

辛い気持ちを長く体験したみち代さんだからこそ、作ることができたコスメ。肌トラブルに悩む人だけでなく、なんとなく元気が出ない方にもオススメです(そういうことあるよね、ね)。嗅ぐたびにうっとりするほどの良い香りで、毎日のスキンケアが癒しの時間に変わります。


<< FROMO ワークショップのお知らせ>>
FROMO養蜂園ハチミツで作るスムージーとアロマディフューザーづくり
[日時]2017年6月25日(日)
10:00〜11:30 (1時間30分)
[場所]83HOUSE by FROMO【FROMO cafe】
沖縄県中頭郡嘉手納町水釜476 ハウスナンバー7229
TEL 098-956-2324
アクセス http://www.fromo.jp/shop.html
[会費]1名様につき1,600円(税込) 
材料費込み ディフューザー20ml分(天然エッセンシャルオイル、ディフユーザー素材、ビン)
スムージー1杯、レシピプレゼント
[定員] 8名
[持ってくる物] ハンドタオル、筆記用具、エプロン

■FROMOオリジナルブレンドからお好きなものをセレクト。アロマの効能についてのレクチャーと、さわやかな空間をつくるあなただけのアロマディフューザーを作ります。
■FROMO養蜂園のセンダングサハチミツとフルーツ、野菜だけで作るデトックススムージーレシピのご紹介と、実際に作って飲んでいただきます。下半身が冷えやすいこの時期におすすめのレシピです。

日曜日の朝時間を活用した、ちょっと贅沢な時間を、フローモのワークショップで体験しませんか。
今回は、FROMO養蜂園のセンダングサハチミツを味わっていただく貴重な機会です。

ご予約
098-956-2324
または、fromo@fromo.jp
お名前(フルネーム)、人数、ご連絡先をお願いします。


FROMO(フローモ)
嘉手納町水釜476-7229
098-956-2324
open 13:00〜18:30(日曜は18:00まで)
close 月・火・水
HP http://www.fromo.jp/index.html
facebook https://www.facebook.com/fromo.okinawa





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-22 22:16 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
明日、生放送〜。また美女が来てくれます。肌を褒められたのは、このコスメのおかげかもしれない。
f0370669_15455389.jpg

あはは〜。
どうしたのーいつもTシャツ・ジーパンのくせにーっていう写真で始まりました。
先日のBlossom様アニバーサリーパーティー司会の時の写真、「こらりどピラティス」のKyokoさんが撮ってくれてました。ありがとう〜〜。

f0370669_16061598.jpg
f0370669_16061548.jpg

誤解のないよう本来の姿も載せておきます。天候不順のためにステージデビューを飾れなかったTYM(とよみ)48です...(悔泣!)。
「20時はやっぱり~ハイ!ハイ!!ハイ!!!」 さっぴぃさん
「ナチュラルに旅して」Cathy(ケイシー)さん
「えーりーのアサバン島唄ラジオ〜只今修行中」瀬長絵梨子さん
と、いずれもFMとよみでパーソナリティーとして活動中です。よろしゅうに〜。

というわけで明日は「キッチンの女王」生放送がありますよ。
豊見城市近辺にお住いの方は FM83.2MHz で。
市外・県外・国外からはリスラジ(設定方法コチラ)やサイマルラジオで聴けます。

アイドル活動を始めたことををきっかけに(アイドル活動?)、AKB48の女王・さしこ様を見習って twitter に力を入れ始めました。アカウントは「@Sayo_okinawa」です。プリーズ フォロー ミー。

番組放送中、「#キッチンの女王」をつけて呟いていただいたら、番組内でメッセージをご紹介できますし、嬉しくて小踊ります。

もちろんメールも募集してますよ。

・我が家の定番100文字レシピ
・曲のリクエスト
・天然コスメに関するご質問
・TYM48への激励
・TYM48への苦情
・TYM48への出演依頼

などなど、kitchen@fmtoyomi832.com まで送ってください。

明日のゲストさんからすでにリクエストいただいている曲が私の好きなアーティストばかりで、かなりテンション上がってます。朝から良い音楽聴けるのってサイコー。

ではでは明日朝10時、お忘れなく〜。


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-21 16:18 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
高い「素直力」がホテルの居心地の良さに貢献。ザ・ナハテラス勤務 渡名喜夏季さん
f0370669_09471230.jpg

6月15日「キッチンの女王」ゲストは、ザ・ナハテラスに勤務し、マーケティング販売本部 webセールスチームで活躍する渡名喜夏季さんでした。

お客様のクレームからも愛を感じとることができる夏季さん。あの言葉は建前でも何でもなく、ピッカピカの本心だと私は知っています。それくらい、素直な魂のかたまりのような人だから。

夏季さんとの出会いは私が開いていた中国語教室でした。生徒として通ってくれていたけれど、「え〜ここに来る意味ある?」と首をひねってしまうほど、すでに高い中国語力を備えていました。他の生徒さんたちと馴染むのがとても早く、ホテルに勤務していることを知ってなるほどと思ったのでした。と言うのも、夏季さんは人との距離感の取り方が絶妙なのです。いきなりズバッと懐に飛び込むことはせず(それをやっちゃうのが私)、かと言って壁を作ることもなく、焦ったり迷ったり戸惑ったりもせず、相手の様子を穏やかにニコニコと見守っているような感じなのです。求めれば応じてくれるし、こちらが止まれば夏季さんも止まる。なのに受け身な印象はなくて、自発性もしっかり感じさせる。だから一緒にいて居心地が良いし、穏やかな気持ちになれる。この辺の対応のさじ加減というのはやはり、ホテルパーソンというプロの技ではないかなと思うのだけど、夏季さんの場合はそれに加えて生来の素直さが光っているのです。

【素直】
1.考え・態度・動作がまっすぐなこと。
2.ひがんだ所がなく、人に逆らわないこと。心が純真さを失っていないこと。 「―な子」
3.技芸などに癖がないこと。 「―な字を書く」

素直力って一体どうやったら身につくんでしょうね。親御さんの育て方によるものなのか、持って生まれたものなのか。特に「2」の「ひがんだ所がない、純真さを失っていない」とういのはまさに夏季さんのことだなあと思うのです。そうでなければお客様からのクレームメールを読んで「ナハテラスを愛してくれているからこそ、こうして言ってくださっているのだ。このお客様を大切にしなければいけない」と心の底から思うことなどなかなかできないでしょう。

素直さというのは誠意と仲が良いものです。そして裏表のない、相手を思いやる心は言動に表れるもの。
また場所というのは、そこに集まる人々の影響を受けるもの。
夏季さんに限らず素直で誠意に溢れるスタッフの存在が、ザ・ナハテラスの穏やかな居心地の良さを形成しているのでしょう。

ホテルラウンジで待ち合わせるとどうしても場違いな気がしていたたまれなくなる私が、ナハテラスさんのラウンジでは肩の力を抜いて寛げるのはやはり、ホスピタリティーに溢れたスタッフの皆さんの細やかな心配りと「こころね」のおかげなのです。


ザ・ナハテラス
那覇市おもろまち2-14-1
098-864-1111
HP http://www.terrace.co.jp/naha


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-19 11:22 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
TYM48、結成です。

※AKB48総選挙開票イベントは雨天の為中止となりました※

f0370669_16481698.jpg

こんなオファー、二つ返事で OK しちゃうよね〜〜。

「良い大人が...」と、一部からは眉をひそめられかねないような企画を全力で(←ここ大事。手抜きダメ、絶対)やっちゃうの、わたし大好き。企画してくれた人に感謝。


f0370669_16483865.jpg

みなさまご存知の通り明後日(!!)、我らが豊見城市に AKB48 御一行様が降臨されます。FMとよみは総選挙開票直前スペシャルとして、特設会場から特別生放送を行います。
私もリポーターとしてお手伝いをすることは決まっていたのですが、5月末にFMとよみスタッフさんからこんなメールが来たのです。

f0370669_17030493.png

5秒くらいで返事したよね。(青色が私の返事)

f0370669_17051774.png

メンバーそれぞれレコーディング(レコーディング!!)したり、衣装揃えたり(トップ画像の命名札プリントTシャツ)、準備も楽しい。

市をあげてのお祭り騒ぎ、一緒にノらなきゃ損々!

そうそう、会場となる美らSUNビーチはこんなところですよ。


(FMとよみさんの空撮の技が冴え渡る動画ですな)

私たち家族も毎週のように足を運ぶ、慣れ親しんだビーチ。ここに AKB48様がいらっしゃるとは、ねぇ。
未だに信じられない気持ちでしたが、特設ステージの規模を見たら一瞬で実感湧きました。そうか、そうだよね、AKB48が来るってこういうことなんだよね。(※注:我らTYM48が歌い踊るステージはこちらじゃないですよ〜。別ステージです〜)

興味はあるけどチケット買ってないし〜という方に朗報。
まず、会場内にはチケットがなくても入れます。屋台や物販店舗が立ち並び、お祭りのように楽しめます。FMとよみの生放送とステージイベントも見られます。
さらに!
AKB48が出演する12:30からのライブステージと16:15からの開票イベントは有料チケットが必要ですが、午前中に無料のスペシャルライブが開催されるとのこと! タイムスケジュールと出演者はこちら↓

6月17日(土)
8:30〜 AKB48 チーム8
9:30〜 AKB48 16期研究生
10:15〜 NGT48
11:00〜 STU48
(詳細はコチラ

すごい...。無料ですよ、無料。しかも NGT48といえば、5月31日の投票速報でぶっちぎりの一位を獲得した荻野由佳さんがいらっしゃるチームじゃないですか。これは観覧者殺到の予感です。

というわけで、我ら TYM48 も会場の熱気に勝手に乗っかって、パフォーマンスやります。怖いもの見たさで観覧に来てね。ステージは10時台を予定しています。

あー楽しみ!


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-15 17:24 | 沖縄暮らし | Comments(0)
美しい夏の夕べ、プールサイドの親密な祝宴。Blossom アニバーサリーパーティー。
f0370669_14090801.jpg

裏方でいることの大きなメリットの一つは、舞台裏を見られることでしょう。私は何によらず、プロの仕事を間近で見られることに喜びを感じるのです。それが、サービスの受け手でいるとなかなか目にできない風景であればなおさら。

沖縄かりゆしビーチ・リゾートオーシャンスパで腕をふるう和洋中のシェフたちがそれぞれ、立食パーティーにふさわしいフィンガーフードを特別に作ってくれていました。

f0370669_14090912.jpg

f0370669_14090964.jpg

最後の盛り付けにも余念がありません。そんなシェフたちの後ろでは、パーティーでジャズを歌う宮平亜矢子さんがリハーサルを行っていました。リハのサウンドを拝聴できるのも裏方の特権です。

f0370669_14090923.jpg

亜矢子さんの様子を見守るのはパーティーの主催者、セレクトショップ Blossom オーナーのマユミ・ヘルナンデスさんです。

Blossom のオープン5周年を祝うアニバーサーリーパーティーが行われ、私が司会を務めさせていただきました。マユミさんが私に白羽の矢を立ててくださったことがとても嬉しく、光栄でした。

f0370669_14091049.jpg

開始時刻となり、プールサイドの会場に集まってきたゲストの淑女たち。色鮮やかなドレスがホテルのプールとその向こうに広がる西海岸の澄んだ青色によくマッチしていました。ゲストの方々は例外なく、Blossom のお洋服はもちろん、マユミさんのことが大好きでたまらない方々ばかりだと思います。マユミさんは外見が美しく華やかであるだけでなく、内面もまた人を惹きつける魅力に溢れた人なのです。

この人が好きだなぁとか、一緒に祝いたいなぁという気持ちに包まれた場はやはり良いですね。とても親密な雰囲気のパーティーでした。

f0370669_14091072.jpg

あ、カメラ小僧ならぬカメラ淑女発見。ピラティスインストラクターのKyokoさん、なだらかな肩のラインの美しさは流石です。

Blossom様、5周年おめでとうございます。5年後の10周年にはきっとまた新たなステージで、素晴らしいパーティーを催されるのではないかなと今から楽しみにしています。






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-14 16:04 | 話す仕事 | Comments(0)
ハイセンスに奔放さを心地よくミックス。布物作家 佐藤真琴さん
f0370669_13204221.jpg


期待を裏切らない面白さ & 一切狙っていない天然ぶり炸裂で盛り上げてくれましたね〜ありがたい。6月8日のゲストは、布物作家の佐藤真琴さんでした。

f0370669_16204626.jpg

細やかかつ奔放な糸目が、彼女の作品を特徴づける要素のひとつ。ひと針ひと針縫い目をつけていくこと自体は決して難しいことではないけれど、布の合わせ方や糸の色の選び方、そして何より無数の糸目が醸し出すのどかで自由な雰囲気は、真琴さんにしか出せないなぁと思う。だって糸目ちゃんたちを率いるリーダーである真琴さん自身が、子どもみたいに奔放で伸びやかで枠にはまらないヒトだから。

でも、ただ思うがままに針を動かせば良いというわけではもちろんなくて。揺るぎない自身のセンスと芸大で学んだ経験や知識がしっかりと、その奔放さを下支えしていることは言うまでもありません。




流す曲だってこんなの選んじゃうよね。「よっ、よっ、スケベスケベ!」
清竜人(きよし りゅうじん)大好きになったわ。教えてくれてありがとう。

f0370669_13204217.jpg

縫っててさ、うまくいかないなー、なんか終わりが見えないなーってこと無いの?
「あるよ〜もちろん」
そういう時、どうするの?
「え? ... 置いとく(笑)」

そういうことで良いんじゃないかと思うんです。どんなことも。仕事、家事、人間関係、心、からだ、家族のこと...。
どんなに大切に思っていることも、頑張っていることも、滞ることってどうしてもある。「どうして? なんで?」は苦しいから、置いといたら良いよね。しばらくしてふと思い出して手に取ったら、ちょっと見え方が違ったり、別の角度から見ることに気づいたりする、かもしれないからね。

そんな彼女の生き方もやはり、作品にそのまんま表れているように見えるのです。

bonoho
沖縄県南城市 佐敷手登根65
open 水・木 12:00〜17:00
HP http://bonoho.com
blog http://bonoho.com/blog



※陶芸作家であるご主人・佐藤尚理さんの個展がありますよ。
f0370669_13530828.jpg
佐藤尚理 うつわとオブジェ展
” teorema di Pitagora ” ~ピタゴラスの定理~
Exhibition 2017 Naomichi Sato
2017.7.15sat – 23 sun
10:00-13:00 / 15:00-19:00
※15sat/16sunは作家在店
GARB DOMINGO
那覇市壺屋1-6-3

佐藤尚理、2年ぶりの個展。ユーモラスな世界観は、よりパワーアップ。
オブジェやうつわで楽しい空間になりそうです♪

[作家プロフィール]
1974年 長野県生まれ
1996年 沖縄県立芸術大学彫刻科入学を機に沖縄に住み始める
2000年 卒業後 彫刻を作り個展やグループ展に参加
2008年 ドイツのミュンヘン美術大学にゲストスチューデントで1年滞在
2009年 帰国後 陶芸を始める









[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-13 13:54 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
森ラーとかスコーンとか手芸とか、何やっても抜きん出ちゃう人が明日、来ます。
f0370669_16204626.jpg

ねえ、明日のゲストさんってね、こーんなのとか。

f0370669_16204753.jpg

こーんなのとか作っちゃう、

f0370669_16204718.jpg

こーんな人!(左)

スコーン作りの名人でもあって、大量に作って来てもあっという間に完売しちゃうの。ほろほろさっくりした歯ざわりなのに崩れなくて、私にいつも子供の頃のクリスマスを思い出させてくれる味わい(どんなよって?)。どこか懐かしい風味なのに、こんなスコーン食べたことない...っていう斬新な味で、食べた人はみんな「ねえ、どうやって作ってるのこれ?」って聞かずにはいられない、魅力的なスコーンなのよ。私なんて、子供達のぶんも〜と3個買ったのに、あまりの美味しさにその場で思わず3個とも食べちゃったっていうひどい過去があるくらいです。

この方がゲストだよって言うと、共通の知り合いの返事は大体、「え、まじ?大丈夫?(笑)」的な内容でして、私も明日一体どうなるやら見当がつかないので、久しぶりに番組のキューシートをがっつり細かく作りました(笑)。

番組がどうなるかは予想がつきませんが、ゲストさんはとにかくキュートでセンス抜群の女性です。その頭の中を少しでも解明できるような内容にしたいな。だってその作品も暮らし方も、何をとっても素敵だから。お楽しみに。










[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-07 16:38 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
森ラーとかスコーンとか手芸とか、何やっても抜きん出ちゃう人が明日、来ます。
f0370669_16204626.jpg

ねえ、明日のゲストさんってね、こーんなのとか。

f0370669_16204753.jpg

こーんなのとか作っちゃう、

f0370669_16204718.jpg

こーんな人!(左)

スコーン作りの名人でもあって、大量に作って来てもあっという間に完売しちゃうの。ほろほろさっくりした歯ざわりなのに崩れなくて、私にいつも子供の頃のクリスマスを思い出させてくれる味わい(どんなよって?)。どこか懐かしい風味なのに、こんなスコーン食べたことない...っていう斬新な味で、食べた人はみんな「ねえ、どうやって作ってるのこれ?」って聞かずにはいられない、魅力的なスコーンなのよ。私なんて、子供達のぶんも〜と3個買っ他のに、あまりの美味しさにその場で思わず3個とも食べちゃったっていうひどい過去があるくらいです。

この方がゲストだよって言うと、共通の知り合いの返事は大体、「え、まじ?大丈夫?(笑)」的な内容でして、私も明日一体どうなるやら見当がつかないので、久しぶりに番組のキューシートをがっつり細かく作りました(笑)。

番組がどうなるかは予想がつきませんが、ゲストさんはとにかくキュートでセンス抜群の女性です。その頭の中を少しでも解明できるような内容にしたいな。お楽しみに。










[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-07 16:33 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
南風原町の活性化を担う美女・赤嶺マキさん
f0370669_12114724.jpg

すっかり更新が遅くなりごめんなさい。5月18日のゲストは赤嶺マキさんでした。可愛い...。
オリオンビールのキャンペーンガールを務めたり、平成26年度の琉球かすりの女王(ミセスの部)に選出されたりなど、輝かしい経歴を持つ女性です。本当の美女はね、骨格から違うんですよ。まー顔の小さいこと! 彼女のご主人と私の夫が職場の同期ということもあり、私は「マーキー」と呼んじゃう仲です(自慢げ)。

小さな息子ちゃんたちの育児に追われていた時期も、町おこしのために活動していたアグレッシブなマーキーですが、最近気になっているのは自然栽培の野菜ということで、南風原町にある「モリンガファーム」さんについて紹介してくれました。


f0370669_12114716.jpg

会社員として働きつつ、モリンガファームさんの素晴らしい野菜をより多くの方に食べてもらうために活動していきたいとのこと。

マーキーを見ていていつもすごいなぁと感じるのは、「私、頑張ってるんです!」感がないところ。というか、出さないところ。そして実際に楽しみながら活動しているんだろうなというのが伝わってくる。きっと辛いことも大変なこともあるだろうと思うけれど、そういうことを感じさせないばかりか、常に良い感じにふにゃっとしてる。これ、褒めてます。大人が対外的にふにゃっとするのって結構難しいと思いませんか? 肩の力の抜き具合が良いなぁ〜と会うたびに思うんです。肩の力がいつも抜けなくて、辛くて苦しくてがんじがらめになっている大人って少なくないと思うから。

キャンペーンガールなんてやっていたくらいだから、ラジオなんて全然緊張しないでしょ?と聞くと「ううん!めっちゃ緊張しーだわけ〜。でも出たがり(笑)。吐きそうなくらい緊張してるよぉ〜」と言いつつ、ずーっとニコニコしながらお話ししてくれました。

良い感じに「ふにゃっ」としつつも、いつも敏感にアンテナを張っていて、気になったらパッと動き、すぐにスタートさせちゃうところ、すごいなぁーと思うし、こういうママさんが増えたら良いなぁと思います。吐くぐらい緊張するのに、「ラジオ番組にゲスト出演してくれない?」のメールにソッコーで「良いよぉ〜楽しそう〜」と返事をくれるような働くお母さん、良いと思うなぁ。


モリンガファーム
南風原町字神里496-2  
TEL:098-889-5562
open 9:00~19:00
close 不定休




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-06-06 16:20 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
買ってよかった〜! 私のオススメ家電。
f0370669_09544687.jpg

ちょっとした食べこぼし、ちょっとした鉛筆の削りカス、ちょっとしたホコリ...
子供がいると尚更、そんなプチゴミに日々頻繁に遭遇しますよね。そんなとき我が家で大活躍しているのが Makita のスティック型クリーナーです。

f0370669_09544660.jpg

充電式でコードレス、しかも標準質量880g と軽いので、サッと持ってきて手早く掃除をするのにぴったりなのです。

f0370669_09584984.jpg


ノズルの長さもヘッド(別売りのものも有り)も変えられます。ノズルを短くしたまま外に持ち出して、愛車の室内掃除に使うこともあります。これも充電式だからできる用法ですよね。

あまりに使い勝手がいいので、買ってからというもの使わない日はありません。気になるところを掃除したら、そのまま勢いで家中にかけるのが常。我が家はマンション住まいでそれほど広くない為、途中で充電が切れることもありません。

そんな頼りになる Makita ちゃんの収納場所はここ。


f0370669_09545039.jpg

キッチンの奥。冷蔵庫の隣りです。家の中で私が一番長い時間を過ごす場所であるキッチンで、充電しながら待機させています(充電ランプが赤く光ってるでしょ?)。ここは扉がないので、ワンアクションで取り出せるのが良いんです。億劫がらず、気になったらすぐに掃除機をかけるようになりました。そういうわけで Makita のクリーナーはここ10年のうち、買ってよかった家電ランキングナンバーワンだと思っています。
そうそう、もっと大きな掃除機くんもいますよ。

f0370669_09545617.jpg

National の掃除機は週一で登場。カーペットの上やソファーなど、ファブリックのホコリ取りには欠かせません。Makita は何と言っても手軽さが魅力。集塵力ではやはり、大型タイプにはかなわないのです。
とはいえ昨今では、大型に負けるとも劣らぬ集塵力を備えたスティックタイプクリーナーも発売されているかと思います。我が家の Makita は1万円ちょっとの安価機種なので、そこまでは望めないのです。でも私には、この二体づかいが合っている気がします。

実は我が家にはもう一台、ルンバちゃんもいるのですけどね...。もっぱらベッドの下掃除にしか登場しません。(ウチには必要ないなぁ〜...)


f0370669_09545952.jpg

「買ってよかった!」とは少し違うけれど今の季節、この除湿機くん無しではやっていけません。割と大容量だと思うけれど、一晩で水が一杯になっちゃいます。我が家では、室内の湿度が60% を大きく上回らないようにしているのだけど、エアコンの除湿機能よりもこちらの除湿機の方が除湿効果が高いです。すぐに湿度が下がるし、家の中央部分に置いて部屋のドアを開け放していれば、これ一台で全部屋除湿できちゃいます。これも安かった割に(14,000円くらいだったかなぁ)非常にいい働きをしてくれています。


さてさて。あなたが買ってよかった家電は何ですか?
掃除機器、調理器具、音楽機器、美容家電、情報家電... 何でもOK!

メールは kitchen@fmtoyomi832.com までお送りください❤️
ブログへのコメントでも、facebookページへのコメントでも、LINEでもショートメールでも(笑)私に届くならどんな方法でもOKです。
明日、5月25日(木)10時からの生放送で、届いたメールをご紹介しますね♪ 楽しみ〜〜〜!



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-24 10:38 | メールスペシャル | Comments(0)
ウェルカムんちゅって、さぁ〜。
f0370669_13411812.jpg

東南植物楽園に行ったのさ。日本人よりも断然、外国人旅行客や沖縄に暮らしていると思しきアメリカ人ファミリー客が多くてびっくりよ。

でね、動物と触れ合えるコーナーに行くと韓国人ファミリーがいたの。まだ1歳くらいの可愛い赤ちゃんを連れた若いご夫婦。写真の奥に見える、青いバッグを持っているのが奥様だよ(盗撮ではなく、我が子を撮ったらたまたま写っていたのです)。その隣りでハムスターに餌をあげているのがうちの娘です。ご夫婦は終始にこやかで、赤ちゃんに向かって動物の説明を話して聞かせてあげている様子が微笑ましかったわけ。

でね、この写真撮った直後に「あっ」と思って私、娘が手にしていた有料餌のキャベツを一枚もらい、ご夫婦に抱かれた赤ちゃんにどうぞーとあげたわけさ。だってハムスター可愛いでしょ、赤ちゃんだって餌あげてみたいよね。でもこの餌、ちょっと割高だったのよ(100円だけどキャベツ数枚しか入ってなかった〜)。

そうしたら奥様が私と娘に向かって
「Oh~ thank you~ !」
ご主人が
「アリガトゴザイマス!」

嬉しいじゃないのよ。100円で我が子だけじゃなく、韓国から来たファミリーまで喜んでくれて。

私が考える「ウェルカムんちゅ」ってこういうことなんだけどな。
別に道に迷っている人に片言の外国語で必死に道案内してあげるとかじゃなくて(てか、スマホがここまで普及している昨今、道に迷っている外国人ってあまりいなくない?)、「外国人だ!何かしてあげなきゃ!」って気合い入れてやることでもなくて、困っている人のみが対象じゃなくて、言葉が通じなくてもできることで、相手が外国人だとか日本人だとかも関係なくて、お互いニッコリできるように接するってだけなんだけどな。だってこれが日本人ファミリーだったとしても、キャベツ一枚あげていたと思うから。つまりまあ、フツーのことよ。

中国語講師もしている私がいうのもなんだけど、言葉ってそんなに大事じゃないよ。ニッコリ笑って、相手を想って接すれば、嫌な気持ちになるわけがないの。愛が通じないわけがないのよ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-17 14:23 | 沖縄暮らし | Comments(0)
ベネシュ国際足反射療法士・友利静佳さん

f0370669_14291990.jpg

放送終了後、ご厚意に甘えて少し足を診ていただいちゃいました。そこで、リフレクソロジーの資格も持つゲスト・友利静佳さんの真骨頂が発揮されてスタッフ一同驚愕することに。

f0370669_13591251.jpg
私のあとにがっつり診てもらいマッサージを受けたFMとよみアナウンサー・平田千春さん

私の足指をただ見ただけで開口一番「あら〜、忘れんぼさんですねぇ」。え、なになに、足指からそんなことがわかるの?! ご指摘通り、幼い時からずっとずっと忘れ物をしやすい私。この日だって一眼レフを持ってくるの忘れちゃってゲストさん撮影もスマホで代用したくらいだから...(忘れんぼと診断されてからこの事をカミングアウト)。
続けて「腰、かなり辛いでしょう?」と言いながら足の中指をぎゅっ。わっ!ちょ、ま! 軽くつまんでるくらいにしか見えないのに猛烈に痛い!その後も他の指をグリグリと押し続け、「そのうち腰だけじゃなくて股関節も痛くなってくると思いますよ。あら、肩もキテますねぇ。首も...」容赦無くグリグリ。しばらくすると、ものすごく足がポカポカしてきたことに気づく。押されている右足だけ蒸気に包まれている感じ。

私が痛がっている様子を横で見ていた千春さんも押してもらうことに。「....あ、これは... 本当に痛いね...。ちょっと私涙出そう。そんな痛そうに見えなかったのに...」と言いつつ必死に痛みに耐えている様子。「私は忘れんぼさんじゃないですか?」と千春さんが訊くと「忘れんぼさんですね(笑)」えー本当に? 全然そうは見えない。でもご本人はその自覚があるようで「やっぱり」と納得していました。「腰、右のほうが辛いですね。それと普段、あまりお水を飲んでいないみたい。足がトイレに行きたがっています」など、次々言い当てる静佳さん。すごい...。

じっくりケアしてもらい、足だけでなく背中にもじんわり汗をかくほど温まったという千春さんは、静佳さんが履いていらしたベネシュの靴も試着してその履き心地の良さに感激。しっかり名刺交換していらっしゃいました。

足って体の土台なのですよね。そして(例外はあれどほとんどの人は)毎日少なからず歩いていて、その歩数は一日に数百歩から数千歩、時には数万歩に及ぶ場合もあるわけです。もし足裏や靴のソールが体に負担を与える状態のまま、毎日「歩行」という全身運動を行なっていたとしたら...。足裏の形を整える靴を履くことで、全身の不調に改善が望めるというのも頷けます。


友利静佳
090-6771-1253
浦添市 又は 那覇市具志 にて対応可能。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。
BENESU(ベネシュ HP https://www.benesu.jp





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-12 13:54 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
ずっと共に暮らしていきたい逸品に出会える。「Miyagiya on the Corner」
f0370669_14010159.jpg


即断即決が苦手な慎重派の夫。miyagiya-bluespot さんで一目惚れしたランプをまた見にいきました。琉球ガラス作家・小野田郁子さんの作品は、吹きガラスと呼ばれる成形技法によって生まれた気泡が美しく、灯した明かりに独特なニュアンスを添えます。

f0370669_14010116.jpg


はい、私が背中を押して無事購入しました。明かりを灯さずとも楽しめる佇まいの良さ。自然光との相性も良いようです。

ランプの下にソファーを置いているのですが、明かりが灯っていてもいなくても、気がつくとぼんやり眺めていることがよくあります。ぽってりとしたそのフォルムをただ見ているだけで、なんとなく心が落ち着くのです。和むのです。

残念ながら小野田さんご自身にお会いしたことはありませんが、miyagiya-bluespot の店主、宮城博史(ひろふみ)さんが見初めた方なのだからきっと素敵な女性なのだろうなと勝手に想像しています。そう思わせてくれるほど、宮城さんという人はモノや人の魅力を見極めることに長けているのです。そうそう、3月にゲスト出演してくださった中嶋亮子さんのアパレルブランド、「touch me not」 も取り扱っているのですよ。

f0370669_12460246.jpg

そんな宮城さんが、新しいスペースとなる「Miyagiya on the Corner」をオープンさせました。 miyagiya-bluespot の道向かいという素敵な立地です(ハシゴ必至!)。

f0370669_12460258.jpg


f0370669_12460202.jpg

昨日、5/9にオープンしたばかりのNEW SHOPで私もまだ実は伺えていないのですが、facebook page を拝見するとほら、すごく素敵です。
内装の雰囲気だけでなく光の入り方が異なるせいもあるのか、miyagiya-bluespot とはまた一味違った魅力を楽しめそうです。

インテリアだけでなく、手仕事の技が光るアクセサリーや器、ハイセンスかつ美しいファッションアイテム、おうち時間をより豊かにしてくれる生活雑貨など、宮城さんのお眼鏡にかなった品々が並ぶスペースです。

あぁでもきっとね、お店に行ったらその品々だけでなく、宮城さんという方のお人柄にもトリコになりますよ。わたしを含め、宮城さんを知る周りの人々はみな首ったけです。初めてお店に行くのでちょっと気後れしちゃうな・不安だなという方、心配ご無用。宮城さんって陽だまりみたいに暖かい人だから。
...またきっと、ファンが増えちゃうなぁ〜(仲間!)。


Miyagiya on the Corner
那覇市松尾2-19-39
098-869-1426
open 12:00〜19:00
close 不定休

////////////////////////

『 日々の生活を豊かに、ワクワク、ドキドキするものにしたい 』
新しいスペースとなる「ON THE CORNER」では、miyagiyaの提案するライフスタイルをゆったりとした空間で楽しんでいただける空間を目指しました。
沖縄のクラフトである陶器やガラスに加えて、ファッションや企画展を通してmiyagiyaの提案するライフスタイルを提案、共有できることを目指しています。
小さなスペースながらも、お客様がくつろげるスペースも設ける予定です。

沖縄からライフスタイルを発信するエディトリアルショップ「miyagiya」は2010年にwebサイトから始まりました。
2012年8月に沖縄県那覇市に実店舗miyagiya-bluespotをオープンし、
沖縄で作られるクラフトや手仕事のものに加え、ファッション、生活小物を独自の編集で提案しています。オープン当初より、沖縄の素晴らしい「ものつくり」の文化を広く知ってほしく、東京、大阪を中心に期間限定のポップアップイベントを積極的に行っています。

沖縄には陶器やガラス、テキスタイルに加え様々な手仕事の文化が残ります。
miyagiyaではいち早く新しい世代の作り手に注目し、鑑賞用の工芸品や土産物ではない日々使われるための魅力あるものを紹介しています。これからの展開にどうぞご期待ください。

////////////////////////





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-10 11:38 | 沖縄暮らし | Comments(0)
現役医学部の大学院生であり妻であり各種講師...。キャリアの専門性を絞らない生き方。根岸律葵(りつき)さん
f0370669_11143866.jpg

実物はどんな方なのだろうと、私にしては珍しく少しだけ緊張してお迎えしました。というのも様々な分野に対する造詣が深く、働きながら医学部の大学院生として学び続けている女性であるという事前知識と、お会いするまでのメールのやり取りから(なんと解りやすく理路整然とした文面!)、人知を超えたパーフェクト・ウーマンのように感じられたからです。
収録当日、スタジオで私を見つけるとパッと花が咲くように顔をほころばせて「おはようございます〜」と挨拶をしてくださったので、その一瞬で私の緊張は解け、「この人好き!」と思ったのでした。
...って言うと少し横柄ですね。なんと言うか、初対面でも壁を感じさせない人懐っこさが可愛らしくて、でも礼節を欠くことはない。そのバランスがとてもカッコいいなぁと思ったのです。
今週のゲストは根岸律葵(りつき)さんでした。

「キッチンの女王」のオープニングトークでは、最後に必ずゲストの方をご紹介します。ごく簡単に、「こういう仕事をなさっているこんな女性です」という風に。しかし今回に限ってはどう紹介すればいいのか悩みました。律葵さんの経歴はとても豊富で、専門としている分野も多岐に渡っているからです。

番組の中でご本人からお話を伺い、それらの経歴や今興味を持っていることなど全部をひっくるめて、今後の働き方に生かそうとしていることがわかりました。何も捨てない、一つに絞らない。

前回のゲストがキャリアコンサルタントの岩井美洋(みよう)さんだったこともあり、女性のキャリア形成について思いを巡らせることが増えてきました。そもそも、私自身も興味を持ったらジャンルを問わずに飛びついてきたし、それはそれでなかなか面白い人生を歩んでいるように感じているので「これでいーじゃん」とも思っているのです。

経験や知識というものは、その分野を問わず未来のあらゆる側面で力を発揮してくれるものではないでしょうか。むしろ、経験や知識を一切活すことができない未来などないと思うのです。

キャリアの専門性に固執しすぎずに、興味があるならどんどん学んで、やってみて、吸収したら今度は創造して...って、そんな働き方は今の時代、そう珍しいことでも後ろ指指されることでも無いのではと思っているんだけど、実際はどうなのかなぁ。

律葵さんの話を伺っていると勝手にワクワクしちゃって「いーねいーね、行ったれいったれ〜〜!」と旗を降って応援したくなるのでした。法律・医学・教育・語学...。大学院生であり主婦でもある律葵さんがこれからどんな仕事を創造・展開していくのか、ものすごく楽しみです。







[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-08 12:25 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
転職以外にも解決策はある。「働き方」を共に模索してくれるプロ、キャリアコンサルタント・岩井美洋さん

f0370669_13341035.jpg

番組が終わってから「聴き逃した、聴きたかった、再放送絶対聴く!」とか「話が面白くて引き込まれた、お会いしてみたい」など嬉しい声が多数寄せられました。

いやー私もね、もし10年前にこの方のカウンセリングを受けていたら、あの仕事もこの仕事も辞めていなかったかもしれないなぁ、別のカタチややり方で続けていたかもしれないなぁと、お話を聞きながらボンヤリ考えてしまいました。

4月20日のゲストは、キャリアコンサルタントの岩井美洋(みよう)さんでした。

あーん、仕事がイヤ!!と感じた時によくよく分析してみれば、仕事内容や職種や対人関係以外にも原因が隠されていることがあり、解決の糸口は意外なところにあるのかもしれないんだね。「イヤなら次、次!」というふうに私は割と(かなり?)短絡的に生きてきたので、美洋さんのお話には感心させられるところが多々ありました。「働き方」をもっと多角的・多面的に捉えることができたら、想像もしなかった突破口が見つかるかもしれないんだなぁ。精神的・肉体的にもラクになって、働くことそのものを楽しめる人が増えると思う。

最近は、精神論に則ってアドバイスすることを生業とする人々が増えてきた印象があるんだけど、そして言うまでもなくそれは有意義なことだけれど、ギリギリで踏みとどまっている切羽詰まっている人、「現実なんだよ、現実は待ってくれないんだよ、今すぐ具体策を知りたいんだよ...」と思っている人もいると思うのです。

美洋さんのアドバイスってものすごく現実的。冷たいという意味ではなくてむしろその逆、相手の感情だけでなく「生活」に寄り添ってくれる。妻であり母であり、また正社員として20年勤めてきた社会人でもあるから、様々な立場に理解がある。
じっくり傾聴し、相手に寄り添い、豊富な知識と経験からアドバイスをしてくれるキャリア形成支援のプロ。こんな人に会いたかった、話を聞いてほしい!と感じる人、沢山いるんじゃないかなぁ。今の時代においては特に必要とされている仕事だよね。

国もその辺はちゃんと踏まえていて、平成28年4月からキャリアコンサルタントは国家資格になっています。

美洋さんご自身もまさに、出版業界からコンサルタントへと転身している真っ只中。今後のご活躍ぶりが想像できるので、未来に思いを馳せて勝手に楽しみにしちゃっている私です。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-05-02 14:48 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」
沖縄こどもの国って、実はすごくない? GW直前!オススメお出かけスポットを大募集。
f0370669_10564678.jpg
今週木曜生放送の「キッチンの女王」は、月末メールスペシャルです。
今月のテーマは「ゴールデンウィークにオススメ、子どもが喜ぶお出かけスポット」!

...ってさぁ、去年も同じテーマでGW直前だか夏休み直前にやったよねぇ。
夏の連休が近づくにつれて「あ〜どこ行こう〜」って悶々としちゃうのは私だけかしら。

きっと、あまり知られていない穴場スポットだったり、大人の想像以上に子どもが楽しめるスポットってあると思うんだよね。
「うちの子たちが小さい時はよく行ってたよ〜」という先輩ママさんからの投稿も待ってます。
有名どころでもモチロンOKよ!

ってことで、先週も先々週も私と子どもたちは沖縄の代表的なお出かけスポットの一つである「沖縄こどもの国」へ行きましたよ。先々週は動物園メインに見て、先週はワンダーミュージアムでの製作目当てに。

f0370669_10264734.jpg

こいのぼりが作れるの良いなーって思ったのが行ったきっかけ。3歳の息子はこいのぼり大好きなので喜んでいました。これ、200円だったかなぁ。お手頃だよね。3歳でも意外と上手に作れていたよ。作りやすいように下地に色がマークされています。

いつも思うんだけどワンダーミュージアム含め、沖縄こどもの国ってものすごく企画上手です。コンスタントに新しい企画を考えて、実行して、素晴らしいよ。この日もワンダーミュージアムだけで10時から13時までみっちり3時間楽しめちゃったもん。子どもが帰りたがらないの、すごいと思う。

f0370669_10264770.jpg

アイロンがけはスタッフのお姉さんがやってくれます。

f0370669_10264804.jpg

金具付けも「最後はお手伝いお願いねー」と、子供を参加させるのが上手!
8歳の娘はかなり作りごたえのあるモビール制作に熱心に取り組んでいました。年の差のあるきょうだいでも同じ場所で楽しめるのが嬉しい。どっちかが我慢して付き合わなきゃいけないって場所や企画も多いからね。ほんと、よく考えられていると思うなあ。

この日はあいにくの雨模様だったけれど、どうしてもひよこちゃんだけは抱っこしたいと言うので(前の週も抱っこしたけどねぇ)、ワンダーミュージアムを出てから「ふれあいコーナー」まで歩きました。

f0370669_10264847.jpg

ちょっと肌寒かったこの日、蓋つきの暖かいケースで待機していたひよこちゃんです。寒くないように優しく両手で温めるように抱っこさせました。
「ピヨピヨ」と大きな声で鳴いたらケースに戻そうね、と注意書きがあります。不安だったり体調が悪かったりする可能性があるので、静かに気持ちよさそうに抱っこさせてくれる子を選ぼう。

f0370669_10264811.jpg

えさやりも楽しいよね。


あのね、1つだけいつも気になることがあるので言わせて!
ふれあいコーナーで我が子が動物と触れ合っている時に、親がスマホゲームに熱中するのだけはやめようよ〜。お子さんが触れているのは命なんだよ〜。親がスマホに夢中になっている横で、加減を知らない子の手でひよこちゃんが潰されそうになっているのを何度とめたことか...。かなりの高さからコンクリートの上に落としそうになったのを私がキャッチしたり。

動物はおもちゃじゃないよ、生きてるよ。そういうことを教えるために来てるんじゃないのかー親御さんよー。



...最後は説教くさくなっちゃいましたが。。
GW直前対策!と言うことで、オススメお出かけスポットのメールを募集してます。
ブログへコメントで入れてくださっても良いし、メールでも。
kitchen@fmtoyomi832.com
明後日、4月27日(木)朝10時からの放送です。放送中に送ってくださってもOKよ〜



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-25 10:46 | 「家族でリッカ」 | Comments(1)
一口1,000円からの就学支援。「にじのはしファンド」糸数未希さん
f0370669_16454577.jpg

一口1,000円からの就学支援? 千円ってそりゃ協力しやすいけれど、少なすぎて申し訳ない気持ちにもなるんですが...。

「いえ、そんなことは全くありません。にじのはしファンドでは、1,000円が1,000円以上の意味を持つんです」

にじのはしファンド代表・糸数未希さんのこの言葉には、はっとさせられたなぁ。

「沖縄県内にある児童養護施設やファミリーホーム、里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体」
これが、にじのはしファンドの紹介文です。

様々な理由の元に児童養護施設などで育つ子供たちは18歳までが支援の対象であり、高校卒業と同時に国からの支援がない状態で社会に出ることになります。でも... もっと学びたいことがあったら? やりたい仕事の為に資格取得が必要な場合は? そもそも、ほとんどの18歳が同じ理由で大学や専門学校に進学するのではないでしょうか。そんな、ある意味「普通の選択」をすることが難しい子ども達が沢山いるのです。

未希さんが「にじのはしファンド」を立ち上げるきっかけになった後嵩西 優(しいたけにし・ゆう)さんは、福祉の仕事に就く為に進学し、ファンドの支援を受けながら勉強を続け、協会の会長賞を受賞して表彰されたほど優秀かつ意欲に満ちた学生でした。今は夢を叶え、ご結婚もされて幸せな家庭を築いていらっしゃるそう。
しかし就学中は、金銭的な理由によって夢を諦めなければならないほどの状況だったのです。にじのはしファンドによる支援がなければ、優さんの人生は今とは違う道を辿っていたのではないでしょうか。

実際に途中で夢を諦めざるを得なかった学生や、そもそも進学自体できなかった学生がこれまでにどれほどいたのでしょう。優さんのように情熱を胸に抱きながら、学ぶ喜びを享受できない子ども達が沖縄にもたくさんいるのです。

一口1,000円からの支援、始めてみませんか。
申し込みフォームに記入し、送られてきた書類に記入して投函するだけ。
銀行手続きなどはファンドの担当者がやってくださいますよ。


にじのはしファンド
那覇市繁多川4-22-6
080-6482-8484
nijinohashi.okinawa@gmail.com
blog http://nijinohashi-fund.blogspot.jp
サポーターのお申し込みはコチラ→⭐︎





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-24 10:39 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
まさかの初・男性ゲスト
f0370669_09320612.jpg

年度はじめの放送だからさ、普段と趣向が違っても良いかなって思ったの。

…っていうのはまあ分かりやすい単なる言い訳で、「出たい!」と言ってくださってたし、私も「超出て欲しい! この人のお話をたくさんの方に届けたい」と思ったから、即お願いしちゃいました。

主婦のための情報番組を目指していて、ゲストさんにはこれまで「主婦であり仕事人でもある方」をお呼びしてきました。今回、初の男性ゲスト。枠を飛び越えてでもお呼びしたかった方なので、ぜひ聴いてください!今日10時からです。(再放送は8日10時から)

とりあえず、楽しすぎて私が浮かれまくってます。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-04-06 09:16 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
貰って嬉しかった、忘れられないプレゼント
f0370669_12260957.jpg


粋だなぁ〜と思わせる贈り方をできる女性が多くて、憧れます。見習いたいけどこういうのって持って生まれたセンスなのかしら、真似しようと思ってもなかなかできませんね。

台湾から買って帰ったスープの作り方が中国語で読めないので、訳せない?とメールが届いたのです。簡単な文章なので訳して返信したら、「ありがとう!FMとよみにSAYOさん宛てに送っとくねー」との返事が。

decco の聡子さん、粋ですなぁ。
ものすごくびっくりしたし、嬉しかった。ありがとうございます!

f0370669_12261083.jpg


ところで今、鹿児島にいます(スマホからの更新だから、画像サイズとか心配だなぁ)。父の引越しを手伝いに。娘と息子も連れての帰省、やることも山積していて怖いー! どうなるのー!と頭を抱えていたら、今度は近所に住むお友達からこんな…こんなプレゼント。

疲れたらコーヒー飲んでゆっくりしてね、鹿児島行きの荷物に入れてね、と。こういう贈り方、私にはまだまだ出来ないなぁ。いつかできるようになるかなぁ。

さて、明日の放送はプレゼントにまつわるメールをご紹介しますよ。感動だよ、幸せ伝染するよ。このテーマもう毎月やりたいくらいよ。

あなたにもありますよね?忘れられないプレゼント。

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-29 10:42 | Comments(0)
下半身太り・肩こり・生理痛・代謝の低下... 骨盤から見直してみませんか?「こらりどピラティス」Kyokoさん
f0370669_19292712.jpg

ピラティスって「骨盤」が肝なんですね。どんなメソッドなのかなんとなくは知っているつもりだったのに、「えー知らなかった〜」な内容がたくさん聞けました。

見てよ、Kyoko さん。ゲロマブ(死語)なんですけど...!

ご自身の体型に悩みを抱えていたことがピラティスを始めたきっかけの一つだそうですが、そんなことは一切感じさせないすっきりした体型ですよね。これもピラティスの賜物か。

f0370669_19292752.jpg

Kyoko さんのスタジオ、「こらりどピラティス」のお写真を Kyoko さんブログから拝借しました。

f0370669_19292789.jpg

小さいお子さんを育てている Kyoko さんならではの、ママさん&子どもたちへの配慮が感じられるスタジオです。

出産し、育児を始めてしばらくするとハタと気付くんですよね。「あれ? 自分一人になる時間って全然無いや...」って。それまでは当たり前に持てていた自分のためだけの時間が出産を境に皆無になる。24時間赤ちゃんと一緒だから。お父さんはそんなことないのにね。お母さんとお父さんでは同じ親でも生活変化の振り幅が全然違うんですよね。

それが不幸というわけではないけれど、ちょっとした息抜きは幸せな育児に不可欠だと思います。息抜きとともに身体を整えられるなら言うことない。

マンツーマン指導で自分の身体のクセを知り、そのクセを改善するための指導を受ける。一度身につけてしまえば、それは一生もののセルフ・ボディワークになる。

なーんか調子が悪いのよね最近。
とか、
もすこしご機嫌に子育てしたいんだけどな。
なんて時に、ピラティスというチョイスはいかがでしょう?


こらりどピラティス
場所:那覇市内
(詳しくはお問い合わせください)
mail kirakiraokinawa@excite.co.jp
blog http://pilates38.exblog.jp
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-23 23:24 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
もらって嬉しかったプレゼントって?
f0370669_20005287.jpg

お世話になった人に何かお礼をしたくなる季節だと思いませんか、年度末。
いつも孫を可愛がってくれ、嫁の私にも本当に優しくしてくれる義両親に、食事券を贈ることにしました。

孫たちとわいわい楽しむいつものご飯もいいけれど、仲良しな二人でゆっくりと、ホテルご飯もいいよねと思ったのです。


f0370669_20005179.jpg

こういうときいつも感じるんだけど、プレゼントを贈るのってサイコーの自己満足だと思う。相手が喜んでくれるところを勝手に想像して勝手に嬉しくて。だからこそ、最近はモノというより「時間」を贈りたくなるのです。二人でちょっとおめかしして出かけ、ホテルで食事を楽しむ姿が想像できる、時間という贈り物を。

そういえば私も、最近はモノをもらうより時間が嬉しいなぁ。
普段とは少しだけ違う、ちょっとだけ特別な時間が。

でも、贈り物上手にも憧れるのです。
あなたの周りにもいませんか? 気の利いたものをさり気なくプレゼントできる贈り物上級者が。

私がここ数年で一番心に残っているのは、同世代の子どもがいるお友達からのプレゼント。ファンデーションを肌につける為に使うブラシでした。「産休中に仲良くなったお友達に、復職して最初のお給料でプレゼントがしたかった」と。自分ではなかなか買わないけれど貰ったら嬉しいモノという最高のチョイスもさることながら、贈るタイミングも彼女らしくて素敵だなぁと思ったのでした。

あなたの心に残っている、もらって嬉しかったプレゼントってなあに?

月末の「キッチンの女王」で取り上げる月間テーマです。
このブログにコメントを入れてもよし、FBページでもよし、メール( kitchen@fmtoyomi832.com)で送って頂いてもよしです。
あなたからのプレゼントエピソード、待ってます。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-22 20:18 | エッセイ | Comments(0)
花に触れること。それが花を楽しむ暮らしの第一歩。フラワーコーディネーター・越前多恵さん
f0370669_14185252.jpg

今週のゲストはフラワーコーディネーターの越前多恵さんでした。

お花をアレンジするときの多恵さんならではのこだわり、聴けてよかった。これまでに幾人かのフラワーコーディネーターの方にインタビューしてきましたが、みなさんそれぞれ異なるポリシーを持っていておもしろいです。

ご自宅でも花を飾るけれど、「グリーンだけを生ける時もある」という一言。おおお、そうか。花の部分がなくとも、葉だけでも楽しめるんだと目からうろこが落ちました。家には常に花を絶やさないようにしている私、そういう発想がなかったなぁ。次はぜひ、葉物を買ってみよう。

f0370669_14185393.jpg

多恵さんから、大きな白い紫陽花をいただいて。普段は常に目につくリビングのテーブルに飾るのですが、深緑の壁の前に置きたくなりました。

枯れたらドライフラワーにして、長く長く楽しみます。





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-18 14:26 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
沖縄いぶり暮らし・冷凍餃子編
f0370669_10370168.jpg

漫画「いぶり暮らし(作・大島千春)」を愛読しておりまして。
冷凍餃子も燻製すると美味しい!という情報を得て、早速燻してみましたよ。

漫画の中で登場人物が「餃子が...アメ色になってる」と驚愕していたその通り、ちゃんとアメ色に仕上がりました。


f0370669_10370237.jpg

市販の冷凍餃子でできちゃうのが、お手軽で嬉しいですな。
皮にも具にも燻香がしっかりついて美味しかったですよ。

我が家では、雨の降る日を燻製日和と位置付けています(近隣住民が洗濯物を外に干していないであろう日=雨天)。というわけで、最近は燻製日和が続いていましたが、今日は久しぶりに気持ちよく晴れましたね。今日はお子さんの卒園日という友人もいたなぁ。雨の日も楽しいけれど、やっぱりお日さまが顔を出すとうきうきしますね。みなさま、良き春の一日を。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-15 09:00 | 沖縄暮らし | Comments(0)
ホワイトデーと成城石井。
f0370669_15531596.jpg

ごーり・ごーり・ごーり。
最近は日に三度は豆を挽いています。挽いている時間も美味しいよね、香りが。子どもたちがいるときは「やらせてー!」と取り合いになります。

f0370669_15522972.jpg

「はい。1日早めのホワイトデー」と、夫が贈ってくれました。「いつもありがとう」だって。嬉しい、優しい。
「ミルク紅茶ガナッシュに紅茶葉」とか「ミルクレモンガナッシュにレモンピール」とか、変わり種もあって美味なこと美味なこと。夫と二人で半分ほど食べちゃったところで「これは!コーヒーと!!」。
慌ててまた、ごーり・ごーり。
f0370669_15535917.jpg


美味しいものといえば。今日サンエーで、成城石井コーナーを発見しました。成城石井! 田舎生まれ田舎育ちの私にとってはなんと心踊る響きでしょう。思わずいくつか買ってしまいましたよ。手前はメープル100%のメープルバター。明朝が楽しみでなりません。

f0370669_15522976.jpg


最近、レトルトのグリーンカレーがどれもこれもイマイチだったので、成城石井ならきっと...と期待を込めて。そして、カップヌードルでも大好きなシンガポール風ラクサを。

f0370669_15522828.jpg


原材料名のシンプルさが素晴らしいですね。レトルトと言えど安心して食べられます。

で、食べました。...が。

ごめんね、これまで食べてイマイチだと思ってきたレトルトタイカレーさんたち。決してあなた達が悪いのじゃないと判ったわ。そもそも私はタイカレーをそれほど好きではないのねきっと。私が愛してやまないのはタイカレーではなく、トムヤムクンなのだわ。

この成城石井のタイカレー、かなり辛めです。お好きな方はたくさんいると思います。ただ、私には合わなかった... 無念...。辛いからというわけでもないんだけど。シンガポール風ラクサに期待。

食べたらまた、感想載せます。

それにしても、どこのサンエーにもあるんだっけ? 成城石井コーナー。私、初めて見たわ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-13 16:07 | 沖縄暮らし | Comments(0)
中嶋亮子さんの着こなし
f0370669_13211864.jpg

放送日の着こなしも素敵でした。ブラック系ワントーンでも華があるコーデ、さすがです。

今週のゲスト、「touch me not」 デザイナー・中嶋亮子さん のいきなりファッションチェック、いってみましょー。

f0370669_13211946.jpg

touch me not のトップス、ボリューミーな袖のフレアが素敵です。

f0370669_13211966.jpg

タイツかわいい!と言うと、パンツの裾をまくって見せてくれるというサービスっぷり。ええひとやぁ〜。
レースアップシューズと合わせると春先取り感が出ますね、ステキ。

f0370669_13211979.jpg

大学でテキスタイルを専門に学んでいた亮子さんはなんと、東京のテキスタイルコンテストでグランプリを受賞した経歴もお持ちなのです。その時の作品がこちら。ちょ... かっこよすぎなんですが!!
FMとよみアナウンサーの平田千春さんが目を丸くしながら「なにこれすごい!パリコレ?パリコレ?!」って言ってたのが可愛かったです(笑)。でもほんと、トップメゾンが採用してもおかしくない、崇高な雰囲気のテキスタイルです。今後はまた、染めもやっていきたいという亮子さん。 touch me not のこれからが一層楽しみになりました。

そうだそうだ、今日・3月11日(土)朝10時から、亮子さん回の再放送がありますよ〜。県外の方もスマホやPCで聴けます。聴き方こちら

さてー。今日は再来週放送分のキッチンの女王を事前収録してきます。きゃっきゃ・きゃっきゃした収録になりそうで今から楽しみ、るんるん!


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-11 09:00 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
個性光る、でも着る人を選ばない。密やかな遊び心を満たす大人服「touch me not」 中嶋亮子さん
f0370669_10084467.jpg

シンプルながら随所に個性の光る大人な着こなし。ウエスト周りの絞りはなんと洋服のデザインではないそうで。

「ワンピースをたくし上げて、パンツのベルトの中に押し込んでいるんです。琉装の『ウシンチー』を真似て」

琉装を着るときは下着の上に細帯を締め、その上から着物を羽織り、襟先を細帯の中にたくし込む。その着方をウシンチー(=「押し抜き」)と呼ぶそう。それをワンピースに応用するなんて!

「touch me not」の作り手である中嶋亮子さん、自身のブランドアイテムの着こなしはさすがの一言です。


f0370669_10092198.jpg

ボタンを開け、羽織りとしてまとっても良い。なるほど、このメンズライクなベルトの中にワンピを押し込んでいたのね。

羽織りコーデにした途端目に飛び込んできた、サルエルラインがキュートなデニムパンツも touch me not のもの。デニムの裏地が表地として一部用いられているデザインは、ありそうで無かった発想。デニムを見るやいなや「わ〜めっちゃ良い。欲しい!」と飛びついた私に、「こういうタイプもあるんですけど...」と亮子さんが出してくれたのが...。

f0370669_10093676.jpg

このデコラティブなデニム。キュートになりがちなフリルが、デニム素材ではハンサムに映える。ああ、甲乙つけがたしとはこのこと、どちらも欲しいぞ...。
デニムってベーシックなアイテムなのに、瞬間的に欲しいと思わせるほどの一本にはなかなか出会えないのは私だけでしょうか。touch me not のデニムが放つ吸引力の源は何かしら。個性的なデザイン以外にも魅力があるはずなんだけれど...とぼんやり考えていると、touch me not を取り扱うセレクトショップ「miyagiya-bluespot」のオーナー・宮城さんがその答えを教えてくれました。

「このデニムはね、履く人を選ばないんですよ。僕のように男性も履けるし、どの年代の方にも合う。サイズ感もゆったりしてるから履けない人がいないというか」

なるほど、腰の張った私でも履けそうだと、無意識に判断していたのかもしれない。性別のみならず世代も問わないという説明にも納得。こんなデニムを履きこなす60代や70代、めちゃくちゃアリです!

f0370669_10092988.jpg

先述のワンピースはなんと、後ろ前に着ることもできるのです。さりげなくつけられたポケットが「後ろ前感」を完全排除するという大きな役割を果たして。


f0370669_10094086.jpg

セレクトショップ miyagiya-bluespot に寄せられる信頼はとても厚い。県外からの注文も多く、また東京や大阪で定期的に行っている展示会も毎度大盛況の人気ぶりなのです。そんな人気セレクトショップのオーナー・宮城さんのお眼鏡にかなった touch me not のアイテムは、沖縄県出身・在住の中嶋亮子さんと妹さんが中心となってデザイン・制作を行っている、生粋の沖縄ブランドです。しかし、作り手は亮子さん姉妹だけではなくて、実は...。

この辺のお話がとても面白いです。これまで色んなブランドさんを取材してきましたが、こういう方法・方針を採っているブランドには初めて出会いました。明日の放送で、その辺もじっくりお話していただこうと思っています。
f0370669_10094551.jpg

トップスもとても素敵です。フレアの加減が甘すぎず、洗練された雰囲気に。

f0370669_10095127.jpg

ああ、いろいろ書いてしまいましたが、一番言いたいことは亮子さんがとても・とてもステキだということ。
宮城さんも舌を巻くほど「デキる」女性なのに、ぽや〜ん・ふわ〜んとしていて(どんなよ?)、くしゃっと笑った顔が本当に少女みたいで、控えめなのにどうしたって目を引いてしまう愛らしい外見と雰囲気、カッコイイ着こなし。
柔らかいのに芯のある生き方。

あー、明日です!スタジオで会える! あなたはラジオで会えますよ。
3月9日(木)放送の「キッチンの女王」10時から11時まで。FMとよみ 83.2MHzで会いましょうね。
ついでに...私とも会えるよ(笑)。

f0370669_10095353.jpg
miyagiya-bluespot
那覇市松尾2-12-22
098-869-1426
HP http://miyagiya.shop-pro.jp
facebook https://www.facebook.com/miyagiya




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-08 12:55 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
旅行と夫婦仲について。
f0370669_17072500.jpg

関西へ、二泊三日の小旅行に行ってきました。

旅行と言えば夫婦仲って、旅行という非日常では少し変化しませんか?
良くなる夫婦とケンカしちゃう夫婦。

f0370669_17072658.jpg

f0370669_17053236.jpg

f0370669_17053213.jpg

ウチは前者なのです。旅行に行くと絶対に、行く前より仲が良くなる。それはもう本当に、ただただひとえに、夫のサポートが素晴らしいからに他なりません。

思い返せば結婚前からそうでした。旅行を最大限楽しむための努力を惜しまず、徹底して下調べをして計画を立ててくれます。旅行中も私の負担を最小限に抑える為に、常に気を遣ってくれます。

f0370669_17053340.jpg

f0370669_17072409.jpg

f0370669_17072602.jpg

それは子連れ旅になってからも同じ。3歳の息子の体重はかなり重いのに、「だっこぉ〜」の要求に嫌な顔一つせず常に応えてくれます。寒風吹きすさぶ神戸の港でも、動物園を見てまわっているときも、空港行きのバスに乗るべく急ぎ走るときも。

f0370669_17072428.jpg

f0370669_17072430.jpg

f0370669_17072418.jpg

f0370669_17053631.jpg

f0370669_17053578.jpg

今回も夫のサポートは素晴らしく、充実した楽しい旅行になりました。この人と結婚してよかったなぁと改めて感じるのが、夫との旅なのです。

私たちは結婚してからほぼ毎年、県外か国外(もちろん近場)へ旅行しています。それは意図的に。幼い子どもを連れての旅行って色々と大変です、もちろん。でも大変だからこそ、うまくいかないからこそ、ヘトヘトになるからこそ、記憶に残る旅にもなると思うのです。

f0370669_17053220.jpg

神戸に向かう機内で夫と思い出したのですが、前回神戸を訪れたのは五年前、第一子である娘が三歳の頃でした。つまり、今の息子と同じ歳の頃。娘に当時のことを覚えているか訊くと、ほとんど何も覚えていない様子。三宮のドコモショップ内で盛大におもらししたことも、生田神社を参拝したことも、USJに行ったことさえも。ということはつまり、今回の旅の記憶は三歳の息子には恐らく残らないということ。

でもいいの。なぜって、私たち夫婦の記憶には鮮明に残るから。
...とブログを書いていると、娘が急に「少しは覚えているよ」と。

「抱っこしてもらって雪を触って、USJのシュレックのクッキーが動いて、赤いおじさんが出てきて怖くて泣いた」

上等上等、それだけ覚えていてくれたら。
私たちはもっといろんな場面を、細部を、覚えてるよ、これからもずっと。今回の旅も。





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-03-05 19:59 | エッセイ | Comments(0)
旅のお守りや、鯖や。
f0370669_09572684.jpg

今回は、放送前にブログ更新しちゃう。
3月2日のゲストはこの方です。お名前は、職業は... 放送を聴いてね。
相変わらずサイコーに可愛いっす。「80年代のラジオDJをイメージした〜」というコーデ、ほのぼのとした刺繍のトップスがたまりません。

f0370669_09572756.jpg

収録終わり、別れ際にバッグの中からにょきにょきっと取り出したキーホルダーがこれ! ゲストさんの作品です。鍵、絶対迷子にならないですねー。「うん、絶対ならない(笑)」

f0370669_09572666.jpg

バッグには素敵なチャームも付いていました。2015年の「旅」のお守りに作ったもの、今も持ち歩いているそうです。

私は以前からゲストさんの作品の大ファンであり、その愛だけはよく伝わる放送になっていると思います。。ごめんね、なんか一人で突っ走っちゃって。

画像を見て「何これ、素敵すぎるんですけど!」と思ったあなた、ぜひ木曜10時からの放送を聴いてね。どのように作っているのか、2015年の旅とは? そもそもゲストさんは何者なのか...。あ、何者かご存知の方ももちろん聴いてね。ゲストさんリクエストの曲を2曲流しますが、そちらもさすが!のセレクトですよ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-28 10:24 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
ダイエット、高栄養、そして心。
f0370669_14410201.jpg

最近ねぇ、栄養のことを考えています。高栄養の食事について。

35歳で息子を出産したあと、痩せたのですよ。息子が1歳半くらいのころがマックスだったかなぁ。164cm で46kg くらいになっていました(体重って初めて公言した気がする)。改めて振り返ると、痩せた理由は「授乳」と「糖質制限」だったのだろうと思います。糖質を制限していた理由はダイエットではなく偏頭痛を改善したかったから。当時は確かに偏頭痛の症状も改善していたし、カラダも軽くて調子が良かったように思います。
でも、はい。リバウンドしました。

当時を知る友人は「実は拒食症になったかと思っていた」と話していました。上半身からげっそりしてくるタイプのようで、顔もこけていたのかもしれません。でも、食事はしっかり摂っていたのですよ。糖質制限では高タンパク・高脂質の食事が求められるので、その通りにしていましたから。

でも結局リバウンドしました。その理由はもちろん、「授乳が終わったから」「糖質の制限を緩めたから」に他なりません。

糖質の摂取を減らせば痩せる、それは当たり前のこと。でもリバウンドするのなら意味がない。ダイエットに限らずどんなことであっても、肝は「継続」なのですよね。

継続できるからだ作りとはなんだろう。
継続のためのメンタルの保ち方はあるのだろうか。

そんなことを考えている時に、ある機会を得ました。

カラダ作りを仕事にしている某トレーナーさんのセミナーが沖縄で行われたのです。
名だたる有名モデルさんなどを顧客に持つ方で、東京や大阪など主要都市でセミナーを開催すると即刻満席、キャンセル待ちが多数出る人気のトレーナーさんです。(が、沖縄では初めてのセミナーということもあり、結局定員の30名に達したのかなぁ? ギリギリだったかもしれません)

ダイエットセミナーと銘打ってはいるものの、内容の大部分は栄養について。
摂取カロリー減らして有酸素運動を行うようなダイエット方法の不毛さ。
高栄養の食事の大切さ。

とても深く考えさせられたし、自分が目指す道が見えた感じがしました。

それ以来、食べ物を選ぶときの指標が変わりました。
カロリーについてはだいぶ前から完全無視するようになっていましたが、糖質云々の前にまずは「高栄養であるかどうか」を念頭に置くようになったのです。
そして、「食べるときは思い切り味わう」。

なので、しっかり食べています。
今日のお昼ご飯には鯖を焼き、白胡麻をたっぷりふりかけた白ご飯とキムチ、納豆とともに食べました。

3時ちゃーだって楽しんでいます。お気に入りのカップにコーヒーを淹れ、スーパーのスナック菓子二袋分くらいの値段のマカロン1つ、おいしく味わって食べました。

不思議なことに、糖質に捉われながら体重計とにらめっこしていたここ数ヶ月が嘘のように体重は減少傾向です。でも体重ではなく、体脂肪率の方が気になる今日この頃です。

だけど、やり方を定めたところで結局は、続かなければやはり意味がないのです。巷にはダイエットに限らずあらゆるジャンルにおけるハウツー本が溢れています。健康、貯蓄、家事、育児、仕事、人間関係、美容...。どれだけ「HOW TO」を知ったところで、3日坊主で終わってしまえば知る前と何ら変わらないわけです。

その「継続させるためのメンタル維持法」を今、吸収しているところ。吸収し終わったら自分を使って人体実験します。何でもさっさとやってみたい!という性格なので、楽しみです。

珍しく、カラダについてのお話でした。








[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-24 15:21 | エッセイ | Comments(0)
みじゅんってさー& みんなの「朝の過ごし方」
f0370669_12414127.jpg

みじゅんってさぁ、みんなどんなして食べているのー?
頼みの綱であるウェブを検索してもあんまりレシピ出てこないし。
困り切っていたところで「みじゅんってイワシじゃん!」と書いてあるサイトを発見し、それじゃあイワシ風に...と梅煮にしてみたよ。仕上がりはほんと、イワシの梅煮と変わらない見た目だったけど... 食べてみるとイワシ以上に小骨が多くて食べづらかった〜。そしてあんまり柔らかく煮ることができなかったの。圧力鍋なら良いのかしら。

調理できないくせになんで買ったのかって?

f0370669_12414023.jpg

見てよ〜、この大きさで3尾入って205円って、安っ!
もっと美味しい食べ方があるはずだよねー。誰か教えて〜!


今日のラジオは月間テーマ「私の朝の過ごし方」についてでした。
やーたのしかったぁ〜すごく楽しかった〜!

ゲストさんがいない放送、数ヶ月ぶりじゃないかな? 父の件があってしばらく番組をお休みしていたこともあり、ここ最近はずっとゲストさんと一緒に放送していた気がする。それはそれでもちろん楽しいんだけどね、一人での放送も大好きなの〜! FMとよみスタッフのゆりかさんに「今日ゲストさんなし? SAYOさん、なんかめっちゃ笑顔ですね」と突っ込まれるくらいニヤニヤしてたよー。
やっぱりゲストさんがいるときはかなり気が張っています。ゲストさんの魅力を目一杯引き出して全部放送に乗せたい!と思っているから。そのぶんやり甲斐ももちろん感じるけどね。

一人のときはリスナーさんからのメールをひたすら紹介しているから、リスナーさんと私だけの世界〜るんるん!っていう、なんていうのかねぇ、デートしてるみたいな気分です。

リスナーさんたちそれぞれの「朝の過ごし方」、聞けてよかった〜。真似したい、しよう!って思うものあり、「わーなんて幸せな!」って羨ましくなるものあり、「朝からな?! マジ?!」って突っ込みたくなるものあり(笑)。

聴けなかった方、今週土曜の朝10時から再放送ありますので是非聴いてね⭐︎
曲は、「グラミー賞5冠達成おめでとう!大好きだよ!キャンペーン」で Adele の楽曲を二曲流しましたよ〜。あー、ほんと好き。



今日の放送では Adele の歌声の魅力について個人的見解を勝手に述べてみました。熱いなぁ〜。







[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-23 16:11 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(0)



FMとよみ83.2MHzで毎週木曜朝10時から放送中「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。
by SAYO
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
わたしのプロフィール
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
そとごはん
こどもとごはん
話す仕事
メールスペシャル
未分類
最新の記事
忙しい女性の肌を整え、心を癒..
at 2017-06-22 22:16
明日、生放送〜。また美女が来..
at 2017-06-21 16:18
高い「素直力」がホテルの居心..
at 2017-06-19 11:22
TYM48、結成です。
at 2017-06-15 17:24
美しい夏の夕べ、プールサイド..
at 2017-06-14 16:04
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
最新のコメント
> ぴろさん コメント..
by okinawa-sayo at 08:25
わー燻製!私も大好きで、..
by ぴろ at 12:45
> momoさん きゃ..
by okinawa-sayo at 01:22
初めましてこんにちは〜♪..
by momo at 12:58
>きもさん⭐︎ わーお、..
by フリーパーソナリティー・司会 SAYO at 08:08
その15分くらい放置する..
by きも at 00:52
ぴろさんすごい!勉強にな..
by SAYO at 12:31
higahigaさま⭐︎..
by SAYO at 12:28
私もこれ、赤木先生のとこ..
by higahiga at 14:19
気になったものはとりあえ..
by ぴろ at 15:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル