「ほっ」と。キャンペーン
みそ味、おくら味の...シフォンケーキ?「菊みそ加工所 夢工房」
f0370669_11403704.jpg

朝の早い時間に行ったんだけど、シフォンケーキはだいぶ売れちゃってました。商品名が見える?「抹茶おくら」味だよ。おくら、だよ?! おくら味のシフォンケーキなんてここにしかないんじゃないかと思いますが、これがとても美味しいのよ。ふわっふわのしっとり生地の食感も素晴らしいんだけど、味がいいの。ショコラ、紅茶、バナナと王道のシフォンケーキもおいしいんだけど、わたしはこの抹茶おくらと「みそ」が好き。...みそ? みそだよ、みそ味のシフォンケーキ!
「菊みそ加工所 夢工房」はそもそも、店名の通りみそ加工所なのです。今は各種ケーキやクッキーなどスイーツメニューも豊富で、朝から賑わう繁盛ぶりです。


f0370669_11403720.jpg


f0370669_11403735.jpg

ここのシュークリームはね、「重い」! 重量ずっしり。そしてクリームチーズ風味が濃くてまったりしてるの、美味しいよ〜〜。他のシュークリームとは明確に違います。はっきりとした特徴がある。わたしは大好きな味よ。


f0370669_11403615.jpg
f0370669_11403810.jpg
f0370669_11403610.jpg

左上がみそスペースなんだけど、ガラガラ。なぜかって? 私が買い占めたからよ〜。
お友達への御礼やちょっとしたプレゼントにもオススメです。

f0370669_11403885.jpg

焼き菓子も色んな種類があるよ。色合いの綺麗なこと!

f0370669_11403888.jpg
f0370669_11403855.jpg

ぐるりと周りを畑に囲まれた、本当にのどかな場所にあるお店です。



最近私がハマっているのがロールケーキ。これまた目ん玉飛び出るくらい美味しくてね、生地はやっぱりシフォンケーキ同様ふわっふわで、クリームの甘さが絶妙なの。あまりに美味しいので、2月初めの義兄の誕生日会にロールケーキにデコレーションをしてもらって持参したんだけど、とても好評でした。

イタリア料理教室「Angiari」葉子先生宅に持参したロールケーキ「オレンジチョコレートケーキ」もこちらで調達したもの。あれ以来、店頭で一度も見たことないけれどまた食べたいなぁ。

お世話になったあの人にちょっとしたお菓子を...という時も、家族でお祝い!という時も、ここでぴったりの品が見つかりますよ〜。



f0370669_11403558.jpg
菊みそ加工所 夢工房
八重瀬町当銘254
098-998-0219
open 10:00〜19:00
close 毎月2日・第3日曜日


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-20 12:07 | 沖縄暮らし | Comments(0)
絶景カフェのさきがけ。浜辺の茶屋
f0370669_09413789.jpg

気持ち良かったなぁ〜この日。気温は低かったけど日が射して、キラキラしてて、私たちのテンションが超高くて。

今では県内でもいくつか見かけるようになった「絶景カフェ」ですが、こちらがさきがけだと思います、「浜辺の茶屋」。以前オーナーの稲福さんにお話を伺ったことがあり、ご本人もそうおっしゃっていました。「当時は景色を楽しむためのカフェなんてなかったんだよ。だから、やろうとした時は周りに相当反対されたね。そんなカフェ聞いたことないって」

f0370669_09415370.jpg

先見の明ありだよねぇ。今や長蛇の列だよ。この日も平日だったけど、外国人含めたくさんのお客さんがいらしていました。

f0370669_09414386.jpg

寒い日だったので、温かいカフェオレが沁みた〜。

我らアラフォー女性3名、この日異様にテンションが高く、中学生が盛り上がるような話でいちいちお腹抱えて笑った。お店の雰囲気を壊さないように笑うの大変、声を殺して。
かと思うと急に沈黙が降りる。海をぼーっと眺めて、
「...綺麗だね〜」
「だからよ〜...」
「気持ち良いね〜」
「ねー」

f0370669_09420020.jpg

お会計時にはまたテンションアップ(笑)

f0370669_09421294.jpg

入り口からすぐ、海。
順番が来るのを待っている間、浜に降りてお散歩を楽しんでいる人も多かったよ。

f0370669_09421390.jpg

わたし以外の二人の写真がすごくキュートで楽しいんだけど、事務所の許可取ってないから(?)わたしの写真でごめんあそばせ

年明けから良い時間だったわ〜と思った一日でしたが、この後まんまと色々あったよ。1月は割と激動でした。まあそれも次会うときのネタになるからね、いいんだよね。



浜辺の茶屋
南城市玉城字玉城2-1
open 10:00〜20:00
(ドリンクLO/19:30) (フードLO/19:00)
※月曜日は14:00
close 年中無休
blog http://hamabenochaya.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-18 10:07 | そとごはん | Comments(0)
捨てるなかれ〜〜ターンムの皮。
f0370669_16043453.jpg

ほんっとーに美味しいんだってば!
昨日の放送で紹介した、ターンム(田芋)の皮のチップス。

写真で説明するまでもないんだけど、作ったから載せようかな。
これだけ入って280円だったよ。高級(私にとっては)食材であるターンムにしては安いよね〜。

f0370669_16044098.jpg

普通に、皮をむくでしょう?
素揚げするでしょう?
完成です。


f0370669_16042769.jpg

この地味な見た目に反して、非常に味わい深くおいしいのですよ。これを食べたいがためにターンムを買うようなものです私は。塩を振ってもOK。
以前、浮島ガーデンの方から教えていただいたこのレシピ、自宅で何度もリピしています。


f0370669_09170566.jpg

ちゃんとターンムの唐揚げも作りましたよ。こちらも素揚げにして砂糖醤油に絡めるだけの簡単レシピ。沖縄の重箱料理のスタメンですね。

ターンム唐揚げを作る際にきっとみなさん捨ててしまっているであろう皮、もったいないからぜひついでに揚げてみてね。美味しくてびっくりするよー。(無農薬ターンム推奨)







[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-17 09:24 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(0)
肌トラブルの原因までとことん追求。一人一人の肌に寄り添う「モイスティーヌ西原サロン」仲田 桂 さん
f0370669_13415672.jpg

「一緒に歩いていて自慢の妻」と、ご主人をして言わしめる美人妻はこちらです。
あーん、逆光になる場所を指定して撮った私のバカバカ!美肌っぷりが分かりづらいのでスマホ写真も載せちゃおう。

f0370669_14051687.jpg

ほら〜ピカピカ!!私(右)の5歳上...。待って、どう見ても私が歳上なんですが...。
桂さんは普段からノーファンデで過ごされているとのこと。ご覧の通りのプリプリ美肌さんなので、サロンや化粧品の効果に対する期待値が高まります。

f0370669_13420450.jpg

放送後、モイスティーヌのアルバムを見せてくださいました。
ねえ見て。シミって「できたら終わり」じゃないんだね。7ヶ月でこの変化、すごくないですか? しかも美肌に導いた一番の特効薬は美容液ではなくてなんと「洗顔」!

「『シミはできたら終わりでしょ』ってみなさんおっしゃいます。できてしまったら美白美容液で対処するしかないと思ってたって。違うんですよー。洗顔なんです、大事なのは。洗顔で本当に変わるんですよ、信じられないくらい」

f0370669_13420478.jpg

こちらも8ヶ月でこの変化。肌全体のトーンが違う!

f0370669_13420500.jpg

この方なんて、シミだけじゃなくてリフトアップもしてるしシワも減ってる。というか、別人レベル! ノーファンデですよ? おいくつなのかわからないけれど、before のような肌の方はよく見かけるよね〜という話になりました。

「年をとれば肌も老化する、だからこれが普通だって思いますよね。その辺にいらっしゃっても何も違和感を感じない。でも、自分の肌が本来持っている力を引き出せば、こんなに綺麗になれるんですよ」

シミもシワも決して「悪」ではないと私は思うの。チャーミングなシワってあるし、シミだって別に恥ずかしいものではないって。
でも、一番大切なのは第三者からの印象じゃなくて本人の気持ちだとも思うのです。シミ・シワを自分の一部・持ち味として受け入れているならそれも素敵だけど(そういう素敵な女性もいっぱいいる)、鏡の中の自分を見て心が沈んだりため息をついたりしてしまうようなら、改善のための努力を始めるのもいいんじゃないかなって。

エステといえば、サロンに出向いて施術してもらい、時にサロンが勧める化粧品を購入して終わり、という印象でした。桂さんのサロンは全然違うんだよね。想像を超えて懇切丁寧、まさに「一人一人の肌に寄り添う」サロンだとわかりました。肌トラブルの原因をとことん追求してくれる上に、リアルタイムで相談に乗ってもらえるってすごく心強い。そして、効果がちゃんと出るから続くんだよね〜。

そしてそして、「キッチンの女王」を聴いた方限定の特典にもぶっ飛んだ...。桂さん太っ腹!
特典の内容はここでは言えないんじゃよ...(涙) だから土曜の再放送聴いてね〜。再放送聴いた方にも適用だよ!
豊見城市外からでもPCやスマホで聴けます。聴き方はコチラ

ラジオ聴いたらわかるんだけど、桂さんってキャラも最高よ。私、自分より明るい人って久しぶりに会ったかもしれない...(笑)。
「きゃー!」「え〜!?」「うふふ...❤️」「もぉっ、いや〜〜ん!」
って感じの方です(どんなよ?)。あ、私みたいな非常識感はないから安心してね。常識的に明るい女性です。

桂ファン、ものすごく沢山いるだろうなー。桂さんに元気もらいにサロン行く人も少なくないはず。悩んでいる時間もったいないよ。肌のことで少しでも悩んでいる方、電話してみてね。


モイスティーヌ西原サロン 仲田桂(なかだ かつら)
西原町上原63-1
098-882-0177

モイスティーヌHP https://www.moisteane.com


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-16 14:43 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
娘のバレンタイン2017&私のバレンタイン1993(class...懐かしいな)
f0370669_12531813.jpg

小学校二年生の娘、昨夜友チョコ作りがんばっていました。かわいいねぇ。
「チョコ食べたい〜!」と主張してベッドに入りたがらなかった息子は、朝起きてすぐにキッチンへ。がちまいめ。

f0370669_12531971.jpg

青色のアラザンでにこにこマークを可愛く作ってあったのに、ソッコーぱくついたものだから写真に収められなかった、残念。

全部で5個、朝のうちに完食しちゃった息子です。

「娘もいつか好きな人にチョコレートを手作りするのかね〜」からの
「私も若かりし頃は〜」という母親あるある連想で、少しばかり昔を懐かしみました。若かったわ〜。

そういえば!!
私も初めて彼氏にあげた手作りのバレンタインチョコはトリュフだったわよ。粉糖が家になくて、お友達に相談したら学校に持ってきてくれたのよね。放課後、一度箱を開けて茶こしで粉糖をふり、ラッピングしなおして彼氏にあげたっていう思い出。

で・さ、あげたときの彼氏の表情とか私のドキドキ感とかぜんっぜん、一切、まったく覚えてなくて、友達の力を借りて仕上げた時の喜びだけすごく覚えてる(笑)。その友人とは今でも良きお友達です。私の、鹿児島時代から続く数少ない友人の一人。
お互い結婚し、子どもに恵まれ、色々ありながらもそこそこ幸せかつ元気にやっていますよ、私たちは。って、彼氏にあげるチョコレートのことで授業中も頭がいっぱいだった中学三年生の私たちにちょっと教えてあげたい気もします。ま、華麗にスルーされるのが関の山だろうけれど。

十代だった私たちよ、アラフォーもめちゃめちゃ楽しいぞ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-14 12:53 | 沖縄暮らし | Comments(0)
燻製日和
f0370669_10031195.jpg

燻製についての記事を読んだお友達が「うちでもやったよ〜!簡単で超美味しかった〜」と報告してくれました。嬉しい。
そうなのよ、超簡単。ほっときゃできるレシピの最たるものではないでしょうか。

とはいえうちの夫はマメ夫くんなので、燻製中に2~3回は「ドリップ」をティッシュで拭いて除去しております。曰く、ドリップをそのままにしておくとエグミがでてくるとかなんとか...(よく知りません。夫任せ)

近隣の住民の方に迷惑をかけぬよう、雨の日に燻製をしようと夫が言い出しました。なるほど、雨の日は外に洗濯物を干す人もいないからね。良い考え。

f0370669_10031143.jpg

小一時間ほどで完成します。卵はちゃんと味付け卵にしないまま燻しちゃったのでいまいち。このあとチーズとかまぼこも燻製にしましたがどちらもかなり美味しかった。念願だったブロックベーコンも最高。この日我が家に来ていたお客様も美味しさに驚いていたので、我が家にあった燻製セット(100均のボウル2つと網、メイクマンで買ったチップ)をお土産に差し上げました。

いつもの食材をかんたんに、より美味しく変身させられる「燻製」、おすすめだよー。私は「いぶり暮らし」という漫画も愛読してます。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-13 10:10 | 「我が家の定番100文字レシピ」 | Comments(2)
女の子のみだしなみ
f0370669_15130287.jpg

子どもたちが毎月お世話になっている美容室です。
娘はここで切ってもらうのが大好きなの。なぜかって? カットだけじゃなくて丁寧にシャンプーもしてくれるし、さらにものすごくものすごく丁寧に時間をかけてブローまでしてくれるから!これがとっても気持ち良いそうです。
なのに、それなのに... なんと500円なんだよ?!(子ども料金)
ちなみにカットもとても上手です。店主も美人さんな上に優しいし姿勢も美しいです(大事)。

撮影の許可はいただきましたが、お店の詳細の掲載許可は得ていないので、ご紹介できずごめんなさい。。
「ブログでお店のこと紹介も良いですか?」って聞いてみたら「良いですよ〜」と言ってくれそうだけれど、なんとなく訊けなかったの。なんでだろう。隠れ家みたいな雰囲気だからかなぁ。

娘が美容室行くの喜ぶ姿、かわいい。おしゃれというか身だしなみに興味を持つところが微笑ましい。

f0370669_15130278.jpg

ほら、可愛いよ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-10 10:50 | 沖縄暮らし | Comments(0)
こだわり抜いた小麦粉・天然酵母・塩・水だけで作る、大地の香り漂う食パン。ippe coppe(イッペコッペ)西村美奈子さん
f0370669_13550419.jpg


「ねー、美奈子さんとこって夫婦ゲンカするのー?」
「それがねぇ、私たちって全くケンカしない夫婦なんだよねぇ〜」

収録終わってこの写真撮りながら聞いちゃったもんで、えー!20年近く一緒にいるのに? なんでなんでー!って、あと1時間くらい追加収録したくなりましたよ。

美奈子さんでも確かに、いつも穏やかで菩薩みたいに見えるからなぁ〜と私が言うと、

「いや〜、私じゃなくて剛(つよし)くん(=美奈子さんのご主人)のおかげなんだと思うよ〜」

とな。
あー別枠(夫婦の問題について番組やる日!)でまた、ゲストに来てくださらないかなぁ〜。1時間じゃ全然足りないなぁ〜〜(涙)

今週のゲストは浦添市港川にある天然酵母食パン専門店 ippe coppe(イッペコッペ)の西村美奈子さんでした。

f0370669_13550558.jpg
ここまで緊張を感じさせないゲストさんは稀でございます。美奈子さん、番組やったらどうかしら?!

天然酵母「パン」の専門店ではなく、天然酵母「食パン」の専門店って面白いよね。そして今や県外・国外からもippe coppe の食パンを求める人々がやって来て列をなす人気店です。
素材に対する生半可でないこだわり、すごいです。素敵です。お話も楽しいです。聞き逃しちゃった方、今週土曜の朝10時から再放送があるよー⭐︎

f0370669_13550423.jpg

なーんとなんと、美奈子さんからお土産をいただいてしまいました。

f0370669_13550586.jpg

家に帰って袋を開けて、「あ!ippe coppeのラスク〜〜〜!」
美味しいことを知っているから、めちゃめちゃ嬉しかったです。

息子も娘も大好きなので、一袋ずつあげました。ものすごいスピードで完食しました。私は夫と半分こ。こちらのラスクはね、薄さがいいんです。ガリっとかザクっとかじゃなくて、「サクッ...」という軽い歯ざわり。まぶしてあるお砂糖の質と配分も素晴らしく、おやつタイムがとても贅沢な時間になります。

私ね、知ってたんだよちゃんと、美味しいって。でも、今回改めて食べてみたら「あ...、わっ....、待って待って、こんなに美味しかったんだっけ」って、私の記憶を超える美味しさでした。なぜかちょっと焦ったもん(笑)。
このラスクはねぇ、ippe coppe に行ったらいくつか買っておいて、「あ〜今日ちょっとテンションあがんない〜」って日に、夫も子供たちもいない時間を狙って(ひどい?)一袋開け、美味しいコーヒーと味わったら一気に元気になれますよ。保証します。

f0370669_13550598.jpg
そして....
このコーヒーにも焦った!!!

ippe coppe のご近所さん「OKINAWA CERRADO COFFEE」による ippe coppe オリジナルブレンドのドリップバッグです。こちらのコーヒーも以前から飲んでいるけれど... ちょっと待ってこれ本当に美味しいんだけど? ippe coppe のラスクとかなりベストマッチなんですけど? 業人さん(なりひとさん・店主)、どゆことー!!!

今日の私、テンション高すぎじゃないの?と思われるかもしれませんが、大げさに誉め殺してるわけじゃないんです。本当にびっくりしたんです。
かなり深めにローストしたのかなぁと勝手に推測しているのですが(違う可能性大)、苦味があってコクもある、だから甘いラスクに合わせると丁度いい。でも、喉越しは非常にすっきりとしていて、苦味があとを引かないの。後味がとても爽やか。OKINAWA CERRADO COFFEE さんで私はいつもマイルド系の豆をリクエストしているので、味わいの違いに驚きました。どちらが良い・好きという話ではなくて、ippe coppe オリジナルとしてこの味を生み出した業人さん、さすがだなぁ...(いつも気軽に話しかけちゃってたけど天才...)と思ったのでした。

ラスクはあっという間になくなったけど、コーヒーはあと一人分あるもん!るんるん...と思っていたらその日、大切なお客様が我が家にいらっしゃいました。一杯目は私が豆を挽いてコーヒーをお出ししたんだけどあんまり上手に淹れられず、二杯目淹れる時に迷った...。大事な方だから美味しいコーヒーを淹れてあげたい、セラードコーヒーのドリップバッグなら確実に美味しく淹れられる...でも、あと一人分しかないんだよ? 私の分なくなっちゃうんだよ...(涙目)?

でもね、淹れた...。淹れたよ...。
ここで出しかんてぃーするのは間違っている。美味しいものは分け合わなきゃいけない!って思ったの(涙目だけど)。お客様も喜んでくださったし、私はまた買いに行けば良いもんね!

いつ頃だったか、コーヒーから少し遠ざかっていた時期がありました。二年くらい前かな。理由は特になくて、でもその時期はコーヒーより紅茶が美味しいように感じていたんです。でも去年辺りからまた、コーヒーを求める気持ちが強くなってきました。毎日のように飲んでおります。というわけで、コーヒー豆を販売する店主からも色々お話、訊いてみたいよなぁ〜〜〜と伏線を張ってみたところで、今日のブログはおしまいです⭐︎



ippe coppe
浦添市港川2丁目16-1 No.26           
098-877-6189 
open12:30 ~18:30 (売切れ次第終了) 
close 火・水     









[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-09 14:19 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
地元の有名クレープ店と、わたしの海。
f0370669_15013500.jpg

思いがけず、1時間ほどぽっかり時間が空いたので、次の目的地とは逆方向に車を走らせてクレープを食べてきました。先日の帰省の話の続きです。

f0370669_15014011.jpg



f0370669_15014270.jpg

初めて選んだ「バターシュガー」。値段、一番お安かった(笑)シンプルなので写真映えがしなくて残念...。

でもね、わたしこれ絶対次もオーダーする。ものすごく美味しかったよ! バターが贅沢に使われていて、生地からじゅわ〜っと溢れてくるの。わたし、食べながらポタポタこぼしてしまったよ...笑 それくらいたっぷり入っていて、そこに砂糖の素朴な甘み。砂糖よりはバターの香りが印象深い、なかなか大人なクレープです。ちょっと食欲を失っていたんだけど、とても美味しく食べられたよ。

先日の帰省はかなりハードでした。
限られた滞在期間、しかも息子を保育園に預けている平日昼間に、父に関する様々な手続きを全て終わらせなければいけない。頼れる人は誰もおらず、わたし一人で全部やらなきゃ... そんな風に気を張り詰めて、todo リストとボールペンをポケットに忍ばせ、片っぱしからタスクを片付けていく日々でしたが、4日目だったかなぁ、気がつくと1時間ほどぽっかりと時間が空いたのです。次の予定は市役所の福祉課に行くことだったけれど、担当者との約束までに1時間ある。父はケアハウスでお昼ご飯を食べている時間だし、わたしも小腹が空いたし、ちょっと美味しいもの食べたい...。

そこで思い出したのが、車で5分ほどの場所にあるこのクレープ屋さんでした。数年前は違う場所で営業していたとある有名店ですが、わがふるさとに(なぜか)移転してきてくれたのです。

土日ともなるとお客さんが列をなしていることもあるので、やはり今でも有名な人気店なんだろうなぁ。

f0370669_15021465.jpg
店の裏に広がる海。わたしの家も同じ海岸からそう離れていない場所にあるので、慣れ親しんだ風景です。

f0370669_15021808.jpg

沖縄の海とは全くちがうのよね。特に匂いが違う。浜辺に降りた瞬間に鼻をくすぐる潮の香りは、わたしにとってはまさにふるさとの匂いなのです。野生的な香り。

f0370669_15022946.jpg
日本最大の石油備蓄基地と桜島が並ぶこの風景、好きです。この写真じゃよく見えないけれど、備蓄基地の前にヤシの木が等間隔で並んでいる様子がものすごく可愛いのです。

気温が低く海風も冷たくて、20分ほどで食べ終えて車に乗り込んだけれど、すごくいい時間でした。美味しいものと美しい自然って、かなり効率よく元気をチャージしてくれるよね。疲れたときはお外ご飯に限ります。もしくは、気の合うお友達とのご飯 or ゆんたく(おしゃべり)、ね!



f0370669_15022223.jpg
Plage(プラージュ)
鹿児島市喜入生見町2357-8
open 11:00~20:00
close 水曜(祝日の場合は翌日)

第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-07 10:45 | そとごはん | Comments(0)
新入りグリーン  (くらし部門)
f0370669_13491453.jpg

壁掛けの、オオタニワタリを買いました。


f0370669_13492795.jpg

壁に穴をあけるのが億劫かつ怖かったので、百均で買ったフック2つを使って一時的にかけてみた。

キッチンの後ろの壁、真っ白だし余白が多くて寂しかったので、とても嬉しい。ここに decco さんの壁掛け花器もかけて花を生けたいなぁ。そしてそして、お部屋もベランダももっと緑いっぱいにしたいのです。でもね、我が家は高台にあって毎日強風が吹いているので、ベランダで植物たちが心地よく過ごせるのか心配なのよ。更に、私たち夫婦は植物が大好きだけど育てるのは非常に苦手であり、そこも不安なのです。

とりあえず、新入りのオオタニワタリくんが元気に育つよう、まめに土の湿り気チェックしてあげなきゃ。

f0370669_13551269.jpg
植物を育てるのが下手な私はもっぱら、切り花とドライフラワーに癒されています。このガーベラ、近くの市場で180円でした。安いなぁ。いつもの細めの花瓶ではなく、大きめのガラス製の花瓶に伸び伸びと活けてあげたくなり、このように。
「活ける」というかまあ、入れてあげただけですが。

リビング・ダイニング・キッチンのどこにいても目に入るので、嬉しくなる。

切り花は毎日水を取り替えてあげると長持ちすると知ってから、必ずそうしています。この一手間で本当に全然違う。たまに茎を水切りし、茎の長さの変化に合わせて花瓶の大きさも変えつつ、長く一緒にいたいなぁと思っています。





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-03 14:38 | 沖縄暮らし | Comments(0)
詩をかくことは、解放(開放?)。 瑤いろはさん    (くらし部門)
f0370669_16231229.jpg



あー、今日泣くことになるとは思わなかったなぁ〜。9:40くらいからは鼻水ぴーぴーだったし(私ね)。

本日のゲスト、詩人の瑤(よう)いろはさんと私は1歳違い、二人の子を持つ母親という共通点もあります。同年代の詩人が書く詩に触れたのは、考えてみれば初めて。これまで歩んできた人生や今身を置いている環境はもちろん全く違うけれど、いろはさんが詩という形で伝えている思い、感覚、風景にはハッとするほど共感するところがありました。共感して、辛い、痛い、怖い、怯える...そして最後には...。

いろはさんが2016年に出した2集目の詩集「うたう星うたう」は、最後には私に「救い」を与えてくれたように感じました。


で、さ。
いろはさんってめっちゃ可愛くない? どう見たって歳下なんですけど...。

f0370669_16231169.jpg

「上半身だけ...引きで...」って言われていたので一枚目の写真を選びましたが、本当はこの写真が一番好き...可愛い...。いろはさんごめんね、だって可愛いもん〜〜載せさせて〜!(サイズは小さくしたから〜!)

詩がどうやって生まれるのか、詩を書くこととはいろはさんにとってどういう位置づけなのか。作品を読んだだけではわからないことを直接ご本人にうかがうことができて、私大満足! そしてお話がやっぱりすごく面白かった。ちょっとね、私の言葉でブログに書いてもきっと伝わらないから、明後日(土曜日)朝10時からの再放送聴いてほしいなぁ。


そして、2月の月間テーマは「私の朝の過ごし方」ですよ。起床して出かけるまでとか、お昼ご飯を食べるまでとか、何時まででも良いよ。「朝はこれをするのが日課になってます」「こうやって過ごすようになってから、なんだか調子がいいんです」などなど、なんでもお寄せください。

mail→ kitchen@fmtoyomi832.com


f0370669_16231517.jpg

「うたう星うたう」瑤いろは
通販はコチラ→⭐︎









[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-02 16:41 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
スパイスで芯から温まる。クンチのつくタイ料理の名店「シャム」    (くらし部門)


f0370669_14022750.jpg

外食投稿が続いてますが、撮りためたものでございます(連日外食できる身分ではございませんで...)。

タイ料理でクンチをつけたくてたまらず、玉城の名店「シャム」に行きました。ここには夫の両親や姉夫婦、うちの子ども達と大人数で行き、品数をたくさん注文してシェアするのが常なのですが、今回初めて!私と夫の二人だけでランチを食べてきましたよ。二人ともそんなにお腹が減っていたわけではなかったので一品ずつ注文。カシューナッツの炒め物は夫の好物です。中華料理でもあるよね。そういえば夫、中華料理店でも必ず注文しているなぁ。ちなみに中国語では「腰果丁(ヤオ・グゥオ・ジー・ディン)」。...って、写真はタイ料理ですけどね。(調べたところ「チャイニーズ・タイ料理」の一種で、タイにいる中華系の人々が広めてタイ風に発展を遂げた料理であるとのこと。納得)

f0370669_14022730.jpg

こちらは私が大好きなトムカーガイ。ハーブたっぷり、肉のココナッツミルクスープですな。どちらも肉になってしまいましたが、スパイスが効いていて奥深く、元気のでる味。「辛いー、でも超美味しい〜!」「ねー本当に美味しいんだけど?」って、何度も来たことあるくせに美味しい美味しい連発しながら箸を進めました。

私ね、本格的かつ美味しいタイ料理を初めて食べたのがここ、シャムだったの。初めて来た時ももちろん、夫の家族みーんな一緒だったなぁ。その時も美味しかったけど、それよりみんなで来られて楽しかった・嬉しかった記憶の方が色濃く残っています。
沖縄は結構タイ料理屋さん多いよね。今はあちらもあるし、あちらにも...といくつか美味しいお店を思いつくけれど、私にとってはここがタイ料理のふるさとみたいなもの。末長くお世話になりたいお店です。自宅からもほんの15分ほどで着いちゃうしねぇ。玉城って近いのよね、距離的にも心理的にも。

そして、食べる前にはちょっと風邪気味で元気がなかった私も、食べ終わる頃にはチャージ完了! やっぱりスパイスたっぷりのタイ料理は、良い。沁みる。

f0370669_14022761.jpg

シャムといえば大人数で〜のイメージが強かったらしい夫、少ない品数でも満足したようで「また二人で来ようね!」とホクホクでした。うん。でも、次はやっぱりみんなで来たいかなー。トムヤムクンもパッタイも食べたいんだもん。


シャム
南城市玉城字富里136-1
098-948-2057
11:30〜14:30 17:00〜22:00
close 月曜・第4日曜






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-02-01 14:04 | そとごはん | Comments(0)
真っ白なウミカジテラスでハンバーガー 「チムフガス」(くらし部門)
f0370669_14384720.jpg


BBQバーガー ¥750也。分厚いベーコンが圧巻でしょう? 「BBQ」の名から私、勝手に薄切り牛肉をイメージしていたのだけど、まさかのベーコン!!最高じゃない?


f0370669_14385160.jpg


同じ価格のチーズバーガー。とろけるチーズだけじゃなく、カリカリのせんべい風チーズも挟んであるところがミソね。パテもジューシーで肉感が強くて美味しかったけど、上に乗ったピクルスが思いの外良いアクセントになっていました。これまで食べてきた同じ形のピクルスとは違ったのよね。ちょっと複雑な味わいというか。あー、料理上手な人はきっと、「漬け込む液にアレとかアレを入れてるのかも」って見当がつくんだろうけど...私にはさっぱりわかりません。ただ、好みの味だなぁと思ったのでした。

f0370669_14385527.jpg


ウミカジテラスのシンボルマークが好きなんだー。送迎バスにもプリントされてるよね。道ですれ違うたびに「かわいい〜!」と目で追ってしまう。店舗の壁に掲げられているプレートは、青バージョンで大人っぽいですね。

誰がデザインしたんだろうってずっと気になっています。ウミカジテラス関係者に訊いてもわからなかったんだ。

建物が白一色に塗られたウミカジテラスは、真夏の昼間に行くと目も開けられないほど眩しい(&溶けるほどに暑い...)ので、夏は昼間を避けていくのがおすすめ。今時期ならどの時間帯に行っても楽しめますね。

個人的にはウミカジテラス、好きなんです。まだまだ発展途上でこれから色々な方向に展開していけそうだからそれも楽しみだなぁ。


f0370669_14385934.jpg

氾濫バーガー チムフガス
豊見城市字瀬長174−6 瀬長島ウミカジテラス
098-851-8782
open 11:00〜20:00
facebook ⭐︎





[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-31 08:13 | 沖縄暮らし | Comments(0)
1時間でできちゃうお手軽燻製@自宅 (くらし部門)
f0370669_14402538.jpg

夫が、おうちで簡単にできる「燻製」のやり方を同僚から習って帰ってきた。帰宅してすぐ再現。
同僚作の燻製がものすごく美味しかったから、家族にも食べさせたいと道具(100均!)をもらい、帰路で食材も調達してくれたのです。この、「思い立ったらすぐ!」というフットワークの軽さと「家族にも食べさせたい」という思いやりの深さが夫の長所なのでございます。

チーズ、ウインナー、ブロックベーコンの燻製を食べたらしいんだけど、ブロックベーコンは店頭になかったので薄切りベーコンを重ねて代用しました。


f0370669_14402797.jpg

ボウルの中で桜の木のチップに火をつける。その上に網と食材を置き、同じ型のボウルで蓋をしたら完成〜。だいたい1時間ほどで燻し終わりました。

f0370669_14403148.jpg

ものの1時間でできたとは思えないほど、本格的なお味で美味しかった〜。ウインナーはもっとちゃんとしたウインナーが良かったかなぁ。チーズ激ウマ。ベーコンもジューシーに仕上がり、これがブロックだったらさらに美味しかったのかしら...と妄想膨らむ。これ、キャンプで作っても良いね。煙を気にせず燻せるし、ほっときゃ良いから簡単だしお酒にも合うし。

桜の木のチップさえ手に入れば、あとは100均グッズでできちゃうお手軽燻製、おすすめです。夫、第二弾早くやってくれないかなぁ〜。



第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-29 20:15 | 沖縄暮らし | Comments(0)
さちばるまやー sale! (くらし部門)
f0370669_20265457.jpg

こちらのセールに伺うのは、通算4度目くらいかなぁ。同じ時期のセールに日を変えて二度行ったこともあるからね。とにかくお得、そしてアイテム数が多い! たくさんのセール品の中からまさに「掘り出し物」を見つける楽しさがあるよ。

f0370669_20265390.jpg

革製品もあります。革の財布をいつかゲットしたいなぁと思っていた方、ぜひ見てみてほしいなぁ。

世界各国の自然素材を用いたアパレルブランド「BigHug」のお洋服は、着心地が良いだけじゃなくて丈夫! 娘に買ったキッズ服も、3年くらい着られちゃいました。普通子供服ってワンシーズンでサイズアウトするものだけど、スカートのウエスト部分がゴム+紐でサイズ調整できたりと、工夫されているのが嬉しい。ナチュラル過ぎず個性もある素敵なデザインで、着ているとよく褒められます。

f0370669_20265420.jpg

広いお庭で遊びながらお母さんを待つ子どもたち、かわいいー。

セール会場は、さちばるまやーオーナーの画家・梅原龍さんのご自宅です。こちらがまた「これって...家? こんなおうち見たことない!」っていう素敵な空間でございまして。セール品だけじゃなくおうちにも「ほえ〜」っと見惚れること必至です。

f0370669_20313922.jpg

今回は閉店セールということで、次回は(おそらく)ありませんので、この機会を逃す手はありません。

f0370669_20313981.jpg
明日までだよー!

f0370669_20265414.jpg

さちばるまやー
南城市玉城玉城31-1
facebook ⭐︎










第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-28 22:02 | 沖縄暮らし | Comments(0)
穏やかに白くエッジーな、磁器「decco」 仲村聡子さん  (くらし部門)
f0370669_06165755.jpg

かれこれ6年ほど前から何度も撮らせていただいているけれど、この方はいつも本当にステキ。すらっとしてボーイッシュな装いが似合うので、写真からはかっこいい雰囲気が伝わってくるかもしれないけれど、お人柄がどうしたってキュートなのでもう、わたしには「かわいい!」しか言えない。

f0370669_06165861.jpg

放送後、車に乗り込む寸前にこんなワンポイントを発見。decco の磁器のブローチがネイビーのハンチングに映えて。

f0370669_06165691.jpg

番組内での説明で、ちゃんとこの形が伝わっていたかなぁ? 「朝ごはん」がテーマのイベントで、こんな器やカトラリーを思いついちゃう、そして形にしちゃってしかも使い勝手が良いだなんて。
f0370669_06165678.jpg

ろうそくの形そのまんまの、「ろうそく消し」。ユーモアの効かせ方が、上品で好きなの。

f0370669_06165766.jpg

ピッチャーは、miyagiya-bluespot さん特注の形。

f0370669_06165777.jpg

毎日使うマグカップだから、特別なものを選びたい。

f0370669_06165648.jpg

「わっ!」と思わず声の出た、わたしにとっては懐かしくもある器。ボタンのワンポイントは取っ手の役割も果たしていて、滑り止め効果が。6年前に初めてdecco さんを取材した時にも店頭に並んでいたシリーズです。

decco からずっと目が離せないでいるのは、どれだけ人気の定番商品ができても絶えずその先を提案してくれる上に、「え〜、そう来る?」っていう嬉しいサプライズもあるから。これからもずっと、ファンです。




decco
首里鳥堀町4-89-5 久場アパート1F
098-884-8587
HP http://decco.jp ※オンラインショップ有り





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-27 08:25 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
こんなところに...! ホンモノのアンティークショップ 「Annie」(くらし部門)
f0370669_11510932.jpg

私の地元はね、鹿児島の中でもそりゃーもう、の〜〜んびりした町なのです。でもそこに、県内各地からお客さんが集まる、素敵なアンティークショップがあるのですよ。

f0370669_11511017.jpg

帰省すると必ず一度は立ち寄ることにしています。

フランスのアンティーク食器や家具、レース、ガラス瓶、刺し子のベッドカバーにアクセサリーなどなど、ジャンルを問わず色々なアンティークものが揃っています。

お店の中の撮影はさすがに憚られたので、商品購入後に外観の撮影だけ了承を得ました。お店の方、ものすごく嬉しそうに「もちろん良いですよ!」とお答えくださったので、ちゃんとブログのことを話したら店内撮影もOKしてくれそうだったなぁ。また機会があれば。

店内はアンティーク雑貨も豊富だけれどそれ以上に、手芸品がたくさん並んでいます。今もやっているかもしれないけれど、以前はパッチワーク教室も開いていたのを私は知っている...。
こちらの元々のオーナーご夫婦は(今はもしかしたらお子さんが継いでいらっしゃるかも?)、亡き母の知り合いでした。パッチワークが好きだった母は、ここで友人たちとともに縫い物をして楽しんでいたことがあったのです。ご夫婦は今もお元気かなぁ、いつかお会いできたらご挨拶したいと思っています。


さて。
私が買った物。

f0370669_12023474.jpg

額縁入りの絵を二つ選びました。一枚目は、前回うかがった時にかなり惹かれたものの、結局買わずに帰って後悔したこちら。残っていて良かった!


f0370669_11511404.jpg

廊下に飾りました。


f0370669_11511962.jpg

もう一枚はこれ。わたし、キリスト教徒じゃないんだけれどねぇ。夫に「どうして二枚ともキリスト教関係?」と言われてしまった。確かに。しかもこの絵の暗〜〜い雰囲気、ね。夫の好みではないことはわかっていたので、わたしの居場所であるキッチンの、普段からわたしの目に付きやすい一角に飾りました。

この絵はさ、見た瞬間「あーあ、あーあ、見ちゃったよ、見てしまったよ...(これ絶対買ってしまうわ)」と思って実際、「あーあ」って言葉が口から出てしまった、そんな絵。この絵とはこれから長い付き合いになるなぁという確固とした予感と、この場所はわたし知ってるんだよねっていう不思議で圧倒的な感覚(既視感とかじゃなくて、心象風景のような意味合い)に包まれました。

絵を飾りたいと思うようになったのはここ数年だけれど、絵って良いよね。この後、沖縄に帰ってもある絵との出会いがあって...。こちらは購入には至らなかったけれど、今年はあと1~2枚くらい買ってしまうんじゃなかろうか。そんな気がしています。


Brocente&Mercerie Annie
喜入店:鹿児島市喜入中名町714
城山店:鹿児島市城山町19-2
facebook ⭐︎





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-25 12:10 | Comments(0)
思った以上に...楽しかった...@とみぐすく産業フェスタ(くらし部門)
f0370669_16233117.jpg

お〜〜、これテレビで観たことあるやつぅ〜! シャーベットカラーがなんて可愛いのかしら。

去年末からずっと楽しみにしていたイベント、「とみぐすく産業フェスタ」に行ってきたよ。

f0370669_16233175.jpg

今回はFMとよみ特別企画として、私の番組「キッチンの女王」と、こなつさん・なつみさんがパーソナリティーを務める「ママ色子色」とのコラボ番組を、産業フェスタの会場で生放送しました。会場は大賑わい、活気があったから生放送も楽しかったなぁ。

私、番組内でリポーターもさせてもらったの。お客さんや出店者さんにインタビューをしたんだけど、これが思いの外楽しくてテンション上がりました。これまでも取材の仕事は何百(数だけは多いよ)とこなしてきたけど、生放送で電波に乗せるのは初めてだったから、始まるまでは不安もあり、下準備に結構時間を割きました。でも、始まってみると皆さん快くインタビューに答えてくださって....あ、なに、これめっちゃ楽しい...って、「じわ〜〜」っと幸せ感じながらリポートしておりました。

っていうかさ、自分が楽しみすぎて至らなかった点も多々あったと思うんだけど。。それは次に活かすぞー、おー!

f0370669_16233041.jpg

リポートでも紹介した、フラワーわたあめ!台湾発のスイーツです。豊崎に大型ホテルなどを建設予定の嘉新琉球開発合同会社さんのブースで販売していました。

f0370669_16233071.jpg

台湾の大手セメントメーカーのグループ会社ということもあり、台湾で人気のわたあめとともに会社のことも知ってもらえたら、という思いから出店されたとのこと。

形も色合いもキュートな上に値段も良心的で、朝から長蛇の列がなかなか途切れなかったよ、大人気!

f0370669_16233123.jpg

我が家の子供たちふたりとも、一つずつゲットしました。

f0370669_16233284.jpg

嬉しすぎてこの有り様。落ち着きなさいよ。

f0370669_16233207.jpg

この消防車は、私が番組に出演していた間に義両親たちとともに屋台でゲットしたそうです。よかったねぇ。

写真はぜんぜん撮れなかったけれど(子供達が大騒ぎしすぎて...)、ハッシュドビーフに沖縄そば、カレーもあるし豚丼、マンゴープリン、チョコレートケーキ...と、とみぐすくの美味しいものが勢ぞろいしていて、盛りだくさんのフェスタだったよ〜。

子供達は大型遊具とクラウンコトラさんのパフォーマンスに大興奮。大人も子供も楽しめる、素敵なイベントでした。来年も楽しみだわ〜。








第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-24 17:10 | 話す仕事 | Comments(0)
食卓に安心して出せるソーセージ。プカプカプーカ 照井麻衣子さん(くらし部門)
f0370669_10474700.jpg

ゲストコーナーの合間、宇多田ヒカルを流している間にスタジオではこんなことが行われてました。きゃー!

f0370669_10474607.jpg

保冷バッグから次々と出てくるプカプカプーカのおいしい面々。ゲストの照井麻衣子さんが自らカットしてくれました。

f0370669_10474650.jpg

こちらが、ラジオでもたっぷりご紹介した「クレピネットケーゼ」です。沖縄県の事業の一環として開発した、プカプカプーカオリジナルのいわゆる「ポーク」ですが...まあ、フツーのポークとは全然、全っ然!違うよね〜。プカプカプーカの看板メニューである「口笛ソーセージ」同様、THE・肉!っていう「肉肉しさ」がたまらないです。食感も味も風味も、フレッシュな肉をしっかり感じさせてくれます。本当にこれ一枚パンに挟むだけで、ちゃんと満足できるサンドイッチになるよ。

そして、プカプカプーカで燻製にしているチーズがまたすごかった。香りがいいだけじゃなくて、味わいがとってもフルーティーなのよ。わたしこれまで、チーズを食べてフルーティーだなんて感じたことなかったんだけど。燻しパワーってすごいねぇ、素材の美味しさをこんなに引き出してくれちゃうんだね。

f0370669_10474790.jpg

口笛ソーセージを初めて食べた時もやっぱり衝撃的でした。これまで食べていたソーセージって一体何だったのかなぁってぼんやり考えてしまったほど。

一度食べてみて。たぶんね、人に贈りたくなるよ。大切な誰かに。
そのあとに、毎朝我が家の食卓に出したいなーって考え始めるの。

店舗は浦添にありますが、来週は豊見城市内で食べられますよ⭐︎ 詳細はコチラ


食品加工店プカプカプーカ
浦添市仲間1-2-2コーポ西原105
098-917-4587
open 11:30〜19:00(L.O.18:30)
close 日
HP http://www.pukapukapu-ka.com
blog http://puka.ti-da.net






[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-20 15:17 | 「Ask her(ゲストのコーナー)」 | Comments(0)
怒涛(くらし部門)
f0370669_07474901.jpg


合間時間に更新?
とんでもない考えだったわ…。合間なんて無いし、心の余裕もなかったし、しかも極寒だし!

f0370669_07475071.jpg


毎日霜が降りる寒さ、明日は雪も?なんて予報されている鹿児島。そうかー、こんなに寒かったんだっけ、なんだかすっかり忘れていたなぁ。

f0370669_07475076.jpg


トミカ・プラレール命の3歳児連れで帰って来ているので、保育園休みの土日には、息子の喜ぶ所にも行かなきゃいけない。JRが縦断しているわが故郷、見慣れた線路の風景も、沖縄育ちには珍しいのでテンションが上がるよう。こんな場所をとても喜ぶ。

この奥の方が薄暗くて見えない感じ、去年末の私の心象風景みたいだなぁ。

f0370669_07475195.jpg


今は、だいぶいい。もちろん不安がないわけでは無いけれど、未来を強く信じられる。

f0370669_07475278.jpg


ちょっと切なくなるくらい綺麗で懐かしい風景とも、またしばしお別れです。スッキリ帰れるようにあと2日、父のために自分のために動いて来ます。


[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-17 07:36 | Comments(0)
不幸から目をそらす努力、か。(くらし部門)
f0370669_00531431.jpg

更新が途絶えている間にもブログを見に来てくださる方がいることが、嬉しい。実は本当にかなり、嬉しい。

ブログを更新すると必ず、私は個人の facebook アカウントで通知を出します。だから、更新がない間にアクセスしてくれている方のほとんどは、私と面識がない方なのではないかと想像しています。

あなたはどこに住んでいて、どんな日々を送っているのでしょう?
幸せですか? 最近涙したことはありましたか? 美味しいご飯を食べていますか?

面識がないのにこのブログに訪れてくださるということは、何らかの心通ずるところがあるのかしら。(そうだといいなぁ)
こうして面識のない、不特定多数の「心通ずる」方々と繋がりを持てるというのは、ネット社会の大きな恩恵の一つだと感じています。

沖縄でリハビリを頑張っていた父の退院が急に決まり、バタバタしています。頻度は下がってしまうと思いますが、合間時間に短い文章であっても更新できたらと思っています。

ブログをお休みしていた間に、「ちょっと聞いてよぉ〜!」「これってどうなの?!」って一人悶々と考えたり、
「あーなんて幸せ...」と(まあ、いつもの調子で)人生の素晴らしさを噛み締めたり、
「こんなことって...」とショックで泣き崩れたり、
けっこう、心が忙しかったです。ちょっと疲れました...(笑)

そんな時、人気の芸人さんで私も大好きなカズレーザー氏の言葉をネット上に見つけました。

「不幸から目をそらす努力が必要。だって結局はハッピーエンドになるんだから。どうしてみんないちいち不幸を探してバッドエンドにしたがるの? そこに目を向けなければ幸せなのに」

そんな風に考えたことがなかったなぁ。

こうして、いわゆる偉人と呼ばれる人たちではない人の至言と出会えるのも、ネット社会の恩恵の一つかもしれません。

不幸に目を向けて悶々とする時に消耗するエネルギーを、不幸から目をそらす努力に注いだら、いきなり幸せになれる。
結局はハッピーエンドになるのに、自らバッドエンドに変えようとする必要はない。

本当だわ〜。






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-10 09:30 | 沖縄暮らし | Comments(2)
女二人、沖縄の温泉へふらり。(くらし部門)
f0370669_01190224.jpg


娘の冬休みは残り二日!
どーする〜? パパは仕事でいないし、二人でドライブ行く? 久々に北部とかー? などとあーでもないこーでもないしていたら、娘がボソッと「あー温泉行きたいな〜」。

え、なにそれ、めっちゃ良くない? (心の声:ちょうど私まだノーメイクだし)

というわけで、今日の仕事は猛ダッシュで終わらせて(残った分は夜に回して、が正しい...)女二人で行ってきました、大好きな「龍神の湯」へ。

ウミカジテラスのオープン以来、一気に人気の観光スポットとなった感のある瀬長島へGO。なんてったって同一市内、自宅からすぐなのが嬉しいですな。

f0370669_01190216.jpg

このナイロンリュック、幼稚園の卒園式でもらったんだっけ。これをチョイスするところが可愛すぎる。2年生っていってもまだ幼いよねぇ〜たまらない〜大好き〜。

f0370669_01190270.jpg

龍神の湯に入るのは確か...3回目かな? 「ここの廊下大好き、気持ちがいい!」と走る娘。カメラ撮影はここまでー。中では携帯の操作も禁じられています。隠し撮りとかね、危ないもんね。

平日大人1,330円・小学生720円と、決して安いとは言えない価格設定... え?そーでもない?これ普通?私は湯どころ・指宿で生まれ育ったもんで、温泉や銭湯に大人一人1000円以上も払うことにびっくりです。指宿の行きつけ銭湯は400円台。

でもね、それでもリピートしてるのはもちろんココが気に入ってるから! まず海に面しているので露天風呂からの眺めが最高。そして、温泉の種類が多いのも特徴の一つ。湯に寝っ転がった状態で浸かる「寝湯」、立った状態で入る「立ち湯」、壺状の一人風呂「壺湯」などなど、バラエティ豊富な上にそれぞれのよさがあって、順繰りに入るとほぼエンドレスで楽しめるのです。ほんっとキリがない、延々と浸かれちゃう。

娘は1歳のころから私が実家に帰省する度に一緒に温泉に入っているので、浴槽に浸かる習慣のない沖縄県民においては超・例外的に、温泉大好きっ子に育っています。私はこれまでちゃんと浸かれた試しがない水風呂にも、娘はちゃんと肩まで浸かれます。相当な高温のお湯でも問題ない上に長風呂。かなりの温泉上級者です。

f0370669_01190322.jpg

今回は一時間ほどで「あがろっかーお腹空いた〜」というので、次の目的地へ向かいました。

f0370669_01190332.jpg

えへへ〜。とみとん内の「くら寿司」だよー。平日とはいえまだ世間は冬休みだもんね、結構混んでて30分ほど待ちました。その間は DAISO で買い物していたので待ちくたびれることもなく、わりとスムーズに入店。写真は初めて挑戦したマグロユッケと味玉の軍艦巻き。これ美味しかった!

f0370669_01190361.jpg

さんま又はいわしは必ず注文するんだけど、今回はミスった〜。いわし、ちょっと水っぽかった。だからといってさんまを注文しなおす元気はない。四十路手前の胃のキャパはそう大きくないため、大好きな回転寿司でも若かりし頃のように「行ったれ行ったれ、片っ端から取ったれ〜!」とはいかない。一度の失敗が命取りとなるので、メニューを慎重に検討し、厳選して注文しなければ満足は得られないのである。

結局、「こりゃ旨い!」とこの日私が感じたのは、鯛とはまちとマグロユッケ。そしてこれ!

f0370669_01413548.jpg

あさりのお味噌汁〜ごめん飲みかけ〜。もっとあさり入ってたしネギも乗ってた〜。

あさりがふくふくしていて、かつお出汁も効いてて、とても美味しかったです。娘と半分こしたけど、一人一碗でもよかったなぁ。

温泉も回転寿司も、3歳になったばかりのうーまく長男と一緒だとどうしてもゆっくりは楽しめないので、私も娘もいつもよりかなりリラックスできました。あーん最高。
人生のしあわせってこういうことだといつも思う。高額な費用をかけなくても、長い距離を移動しなくてもいいの。非日常性はそんなにドバドバふりかけなくていい、小さじ1も要らないくらい。


娘が一眼レフで写真を撮りたいというので簡単にレクチャーしたら、すんごい上手に撮ってた。


f0370669_01190440.jpg

見てほら、天才じゃない?(褒めすぎ知ってる)トリミングもしてないよ。ピントの合わせ方と構図のバランスの取り方をちょっと教えただけ、30秒くらいで撮ったもの。私より全然才能ある〜。


この日は午後もとても充実した時間を過ごしました。それはまた別の記事で〜。

あ、そうそう。1月5日(木)は新年最初の「キッチンの女王」放送日だよーん。
10時から。聴いてね、待ってる!





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-05 02:00 | 沖縄暮らし | Comments(0)
ホテルランチからの初詣(くらし部門)
f0370669_09561694.jpg

正装の息子かわいい。
毎年1月3日は、ロワジールでバイキングランチをしたあとに波上宮に初詣でに行くというのがここ5年くらいの我が家の定番になっています。義両親、義弟、義姉夫婦もいつも一緒ですが、今年はそこに私の父も加わりました。


f0370669_09561878.jpg

私はもちろん父の病気回復をお祈りしたんだけど、隣りで父はささっと済ませていた。お祈りちゃんとしたかしらね〜。

f0370669_09562127.jpg

載せる意味もないような写真...。家族の顔を隠すとこんなことに。総勢11名の賑やかな昼食の席でした。父は一生懸命「ロワジール」となんども発音して覚えようとしていたけれどついぞ覚えられず(脳梗塞の後遺症で失語症を患っています)、病院にもどって看護師さんに報告するために私に紙に書くようペンと紙を持ってきた。

私は毎年ちょっとフォーマルなワンピースでこの席に臨むけれど、今年は父が青のセーターをきてくると知っていたので、同じVネックの黄色のセーターで隠れお揃いの装いに(ちなみにどちらもユニクロ〜)。父が脳梗塞にならなければ、こうして沖縄で一緒にお正月を過ごすこともなかっただろうなぁと思うと、やはりどんなアクシデントも暗い側面ばかりではないと思うのでした。

「このセーターを着ていると、『良いセーターだ、どこで買ったの?』とよく訊かれる」と父(もちろんこんなに流暢には話せないけれど、こんな話だった)。
「着る人がいいからね」と私が言うと
「そうそうそう、誰でも彼でもこうは着こなせない」とニヤニヤしながらいつもの調子。

父の病気は、父の人柄までは持っていかなかった。きっと母が護ってくれたんだなぁ。非常にクールだった母も、父のくだらない冗談には爆笑していたから。

お母さん、今年もお父さんを護ってあげてくださいませ。私は自分でどうにかやっていきますのでご心配なさらず。あとは天国で変わらず楽しく過ごしてね。娘からの望みはそれだけです。



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-04 10:13 | 沖縄暮らし | Comments(0)
料理下手である所以、発覚。(くらし部門)
f0370669_01114321.jpg


お分かりいただけるだろうか。このお重の違和感。
...っていやいや、バレバレだわ。

常々ラジオでも料理下手であることを自称している私ですが、料理下手である所以にやっと気付きました。それは「(盛り付け含め)調理全般において丁寧さに欠けている」から、なのですなぁ。

毎年1月2日は夫の父方の親族が一堂に会し、一品持ち寄りの新年会を行うんだけど、おせちに作った大量の栗金とんが余っていたのでそれもおまけに持っていくことにしたわけです。あらかじめアルミ箔のカップを重箱に配してみると、一段に9個がバランスが良いことがわかったというのに、その後栗金とんを2等分やら9等分やら、大まかにわけることなく適当に包み始めてしまう、これがそう、私なのです。
結果、当たり前だけど中途半端な数になってしまい、移動時に寄ってしまわないよう空っぽのシリコンケースを詰めるという間抜けな状態に。

料理下手の恐ろしいところは、調理が済んでも汚点を生み出してしまうところです。
ちなみに味は美味しいと好評でした。ほっ。

f0370669_01021200.jpg

黒豆も大量に作ったので持っていくことに。メインの「ししゃもの南蛮漬け」(ししゃも隠れてて見えないっていう...)でもやらかしました。15尾ものししゃもをフライパンで一気に揚げ焼きしようとしたがために、約3分の1のししゃもが千切れてもーた...。フライパンの中で窮屈そうにひしめきあい、ひっくり返すたびに千切れるししゃもを見てからハッとする。なぜ二回に分けて揚げなかったのかと...。

料理教室を取材したこと、これまで数知れず。料理のプロやまわりの料理上手な人たちに共通しているのは、とにかく丁寧であること。「めんどいから一気に揚げちゃえ〜」とか「とりあえず時間ないから、とにかく詰めちゃえ〜」なんて、まずないよね〜。そりゃそうだ〜。

料理ね、嫌いではないのよ決して! ただ、なんでもちゃっちゃ・ちゃっちゃとやりたい上に要領も悪いため、残念な結果に終わることが少なくない(要領が良ければ料理下手にはならないもんね)。今年はちょこ〜〜っと「丁寧に」を心がけて料理してみようかな。...どうかな。長続きしなさそうな目標だな...。





第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-03 01:30 | 沖縄暮らし | Comments(0)
簡単おせちと覚書き(くらし部門)



f0370669_09121333.jpg

明けましておめでとうございます。
夫が出勤するため、暗い時間の朝ごはんとなりました。自然光で撮りたかった〜。

今年のおせち覚書き

・えびの旨煮は昨年同様好評。みんなたくさん食べるので、17尾だと親族の集まりに持参するには足りない。
・お吸い物(白菜とえのき+ゆずの皮を添えて)はあるもので作ったが香りよくホッとする味で好評。来年も作ろう。
・黒豆は砂糖200gで丁度良し。
・栗金とんは、作ったら冷蔵庫に入れずに出したほうが良い。固くなり娘に不評。
・紅白なます、味が薄かった。醤油を少し足したほうが良いかも。ゆずの絞り汁を入れる時も酢は減らさないほうが良い。


大晦日覚書は、最近すっかりご無沙汰していた10年日記の方に書こうかな。

f0370669_09121765.jpg


沖縄は少し雲のある空からの初日の出でしたね。

さて。8歳・3歳・77歳とともに、元旦は何処へ行こうかしら。公園で遊びつつグラウンドゴルフ初打ちかなぁ〜。夜は父の好物、すき焼きです。

2日・3日は忙しいので、ゆっくりしよう。



00000010_12221915.png
[PR]
# by okinawa-sayo | 2017-01-01 09:26 | 沖縄暮らし | Comments(0)
今年の秋と冬は。
f0370669_09063647.jpg



11月からは、この風景をほぼ毎日目にしている。

父が入院する病院の駐車場。

枯れ葉の量がおびただしく、掃除をする方は毎日大変そうだけれど、わたしはその大量の枯れ葉が好き。大好き。沖縄では珍しく、秋の気配を感じられる場所な気がする。沖縄には、夏と(あっという間にすぎる)冬しかないから。

そりゃ父には会いたいけれど、病院って毎日通っていて心踊るような場所ではないので、はぁ...とため息をつきたくなるときもある。そんなとき、この景色にも救われる。そして何より、待っている父の笑顔に救われる。

今年の秋と冬はそんな毎日でした。

来年はどんな秋と冬を迎えるのだろう。父が今よりもっと、笑っているといいなぁ。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2016-12-31 23:47 | Comments(0)
玉家・豊崎店 で沖縄そば
f0370669_14363933.jpg

30日。海で遊んだあとに豊崎の玉家(たまや)でお昼ご飯を食べました。大晦日の夜も食べるというのに...。どうしても食べたかったの、おそばの気分だったのよ〜。


f0370669_14363976.jpg

新鮮なフーチバーがいつもたっぷり準備されているのが嬉しい(時期によっては準備できないこともあるそう)。とはいえ、最初は何も入れずにスープの味を堪能します。すっきりとしてクセのない、上品なスープがたまらんのです。麺は細め。女性的な沖縄そばだなぁといつも思います。
8歳の娘は紅しょうが命。こちらの紅しょうがはまろやかだったのか、何度も追加で入れていました。食べ終わる頃にはスープが真っ赤に。「あ〜、しょうがが効いて美味しかった!」とのこと。

この後「にじ公園」に寄ってしばし遊んでから帰宅しました。暖かな年末を満喫しています。




[PR]
# by okinawa-sayo | 2016-12-31 09:06 | こどもとごはん | Comments(0)
海を補給しに。(くらし部門)



f0370669_14363716.jpg

「海が足りてないわ〜」と感じる時があるんです。12月に入ってからずっとそう感じていて、海に行きたくてうずうずしてたんだけど、機会を逸してここまで来てしまった。

午前のうちに家の中をある程度片付けて、子どもたち連れてレッツゴー。最寄りの海、美らSUNビーチへ。

f0370669_14363108.jpg


娘はブレイブボード、息子はストライダー持参。美らSUNビーチへ行く時は欠かせません。それにしても天気がいい、まぶしい! サングラスが車内に見当たらなくて非常に不便でした。それくらい日差しが強かったです。

f0370669_14363748.jpg

見た目癒し系の息子ですが(目も眉も垂れてる)、ハンドル握ると性格変わります。走り屋です。パラリラパラリラ。一人でどこまでも行くけれど、いつも走っている場所だしハンドルさばきも見事だし、安心して見ていられます。わたしは後ろからゆっくりゆっくりお散歩。ああ、気持ちがいい。

f0370669_14363742.jpg

そう多くはないものの、私たち以外にも子連れの人々を見かけました。ほとんどがお父さん&子どもの組み合わせ。お母さんたちはお家で年末年始の支度に追われているんだろう。

海にいる人たちを眺めるのは大好き。みんな幸せそうに見えるから。

f0370669_14363857.jpg

美らSUNビーチは那覇空港にほど近いため、頻繁に飛行機が飛来します。2~3分おきくらいかなぁ、とにかくしょっちゅう。あまりに近い距離を飛ぶので轟音にびっくりしますが、そのうち慣れます。

f0370669_14363854.jpg

ああ、やっぱり海はいい。本当は浜辺に座ってもう少しボケ〜〜〜っとしたかったけれど贅沢は言うまい。子ども達ものびのびと遊べて喜んでいたし良かった。

海よ、今年もありがとう。来年もまた、来るからね。時に一人で、たまには友人と、気分が乗ったら家族みんなで。これからもよろしく。あなたは私にとって、大切な心のよりどころです。



[PR]
# by okinawa-sayo | 2016-12-30 14:56 | 沖縄暮らし | Comments(0)
一番テンションが上がる場所(くらし部門)
f0370669_20053665.jpg

毎週毎週、ここに座るのが楽しくてたまりません。FMとよみのスタジオです。
今年は父の看病で2ヶ月ほどこの場所とお別れしていましたがその間....さ、寂しかった...涙

ゲストさんがいる日はもちろん、一人での収録のときも毎回ケタケタ笑い転げています(怖っ)。ラジオが好き好き、ほんと好き! 昨日の放送でも話した通り、2017年は「いったるで〜やったるで〜!」がテーマです。 2017年が終わるときに、「...あ、あれ? 特に2016年と変わらなかったなぁ...」なんてことにならないように(これが何気にマジ恐怖)、突っ走っていこうと思います。

今年ラジオを聴いてくださった方、本当にありがとうございました。普段は「誰も聞いてないはずね〜ふふふーん🎶」と思いながらキラクにやっているぶん、「わたしの周りはみんな聴いてるよ〜」なんて言われると(言われたんです、ホントに)「ぎゃー!まじ!」と驚きつつも、内心跳び上がるほど嬉しいです。

まだ聴いたことないさー、ブログはたまに覗いてるけど〜という方もありがとうございました。去年は更新が滞りがちでしたが、2017年はブログにも力を入れていこうと思っています。

...あ、年末の締めブログみたいになっちゃった。年内にまた更新します!...その予定です!


第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2016-12-30 09:03 | 話す仕事 | Comments(0)
12月にベランダプール...?(くらし部門)
f0370669_11515466.jpg

夏の思い出じゃありません。
正真正銘、12月29日午前10時の写真です。
「ま〜沖縄は暖かいのね〜」と思われるかもしれませんが、この日は気温17度。そりゃ本土と比べりゃ暖かいけれど、冷たい風も吹いているし、ベランダで水遊びができるような気候ではありません。沖縄では冬本番と言っても良いような気温の中、にこにこしながら水着に着替えて浮き輪片手にやってきた息子。何度言っても「ベランダプールする!」と言ってきかないので、まあやらせてみたら寒いと理解できるだろうとやらせてみました。

声をあげて楽しんでいたのは10分ほど。しばらくすると半泣きで「寒い〜寒い〜!」と言い出したので、あらかじめ温かいお湯をためていたお風呂へ直行。肩まで浸かって温まっていました。

そんな我が家の年の瀬。

おせちの買い出しも大体済んだし、あとは育児と父のお見舞いの合間を縫ってキッチンに立つだけ〜。


第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
# by okinawa-sayo | 2016-12-29 17:57 | 「キッズルーム」 | Comments(0)



「悠々と、主婦しよう」をテーマに、忙しい女性たちの暮らしを応援する主婦向け情報番組。FM83.2MHzで毎週木曜朝10時から。
by SAYO
カテゴリ
全体
沖縄暮らし
※「キッチンの女王」について(スマホやpcでの聴き方)
「Ask her(ゲストのコーナー)」
「我が家の定番100文字レシピ」
「ふうふのくふう」
「キッズルーム」
「キレイのレシピ」
「my room rules」
「家族でリッカ」
エッセイ
そとごはん
こどもとごはん
話す仕事
未分類
最新の記事
みそ味、おくら味の...シフ..
at 2017-02-20 12:07
絶景カフェのさきがけ。浜辺の茶屋
at 2017-02-18 10:07
捨てるなかれ〜〜ターンムの皮。
at 2017-02-17 09:24
肌トラブルの原因までとことん..
at 2017-02-16 14:43
娘のバレンタイン2017&私..
at 2017-02-14 12:53
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
画像一覧
検索
記事ランキング
最新のコメント
> ぴろさん コメント..
by okinawa-sayo at 08:25
わー燻製!私も大好きで、..
by ぴろ at 12:45
> momoさん きゃ..
by okinawa-sayo at 01:22
初めましてこんにちは〜♪..
by momo at 12:58
Nature115さん☆..
by SAYO at 14:30
はじめまして。 「お母さ..
by Nature115 at 13:42
Nature's  ta..
by SAYO at 13:22
ちなっつさん⭐︎ コメン..
by SAYO at 13:20
てぃーだニュース編集部で..
by てぃーだニュース編集部 at 11:21
SAYOさん、娘さんの満..
by Nature's  table at 23:22
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル